「ドライバー(ウッド)のゴルフスイング」の記事一覧(2 / 6ページ)

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

広いスタンスとインパクト

スイングをぶちこわしてしまう一つの例として左足がインパクトでつっぱるということがあります。これは、アマチュアに限らずプロゴルファーにもあります。 プロの場合は、左足がつっぱるというよりは身体が跳ね上がっていく状態です。 ・・・

フェアウェーウッドの打ち方2

ゴルフクラブいろいろ
ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセットすることが基本であることは多くのレッスン書で指摘されていることです。

ドロー、フェードのゴルフスイング2

007
ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の高い安定したドローやフェードボールをどう打つかというテーマについて説明していきます。

低弾道を狙うゴルフスイング

007
ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、ゴルフスイングの最中はずっと頭を動かさないと意識が働き過ぎるのも良くありません。

ドライバーの飛距離アップ

ゴルフは楽しい
ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りしてしまうとゴルフスイングは乱れ、ボールをジャストミートすることは不可能になります。

ドライバーの体重移動の練習方法

003
ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッションの上に片足ずつ乗せて立ってください。この方法は、ゴルフスイングの上達に役立つドリルだと思います。

プロのフィニッシュ

ゴルフは楽しい
ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです。アドレスやトップ・オブ・スイングのフォーム、インパクトエリア付近での体の使い方を参考にする人も多いでしょう。

飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触れる程度で十分な大きさです。バックスイングをいくら大きくしても飛距離は伸びません。

練習場では1球ずつボールを曲げる

007
ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手が良いのです。フェアウエーの幅が40ヤードのセンターを狙ってストレートボールを打つ仮定し・・・

ティーアップしたボールのゴルフスイング

002
ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通過した後の、ヘッドが上昇軌道に移ったタイミングでインパクトを迎えるものになります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ