「ドライバー(ウッド)のゴルフスイング」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

右膝を絞り込んで飛距離アップ

ドライバーショット
冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は、インパクトのタイミングでクラブフェースがオープンにならないように注意することです。

フィニッシュまで振り切る

ゴルフクラブいろいろ
飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使ってスイングの練習をするのです。ヘッドでゴムティーぎりぎりの位置をかすめるようにする素振りの練習をするのです。

ダウンブロー気味に振り抜くイメージ

ドライバーショットもダウンブローにするのが正解と言えます。アイアンショットでは確かにダウンブローに打つべきだと指導されてそれに従うゴルファーでも、ドライバーショットとなると疑問を抱くプレーヤーが多いでしょう。しかし、ドライバーショットで方向性を改善したいと願うのであれば、この場合もやはりダウンブローにしたほうが正しいと

トップ・オブ・スイングの作り方

アマチュアゴルファーのトップオブスイングの作り方 アマチュアゴルファーのショットは想像もできないバラエティに富んだものになりまする。 しかし、この多彩なショットを無くして安定したショットを作り出すにはトップの位置、形など・・・

冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする

002
大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが長いほど飛距離が伸びるものと感じてしまうとは思います。しかし、ボールの滞空時間が長くなるほど、ショットの曲がり幅にも影響を及ぼします。

スリークォータースイングの基本

スリークォータースイングでの基本は、これまでのハーフスイングまでの振り子運動から回転運動へ大きく躍動していくところにあります。体のターンを十分に生かすことでゴルフスイングが大きくなるのです。 4時-8時のハーフスイングを・・・

スライサーの練習ドリル

ドライバーショット
スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲットラインに対して、打ち出し当初は左方向ヘボールが飛び出し、その後右に曲がり出してターゲットライン上に戻ってくる球筋はフェードボールです。

スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット

007
アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に近い状態でプレー当日を迎えるという人が多いのではないでしょうか。

冬場のゴルフスイングと両肩ポジション

001
冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを打つよりも、低弾道でファーストバウンドをフェアウエーに落とすゴルフスイングが有利です。

ゴルフスイングを途中で止めない

002
基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一気にフィニッシュまで振り抜くものにします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ