「ドライバー(ウッド)のゴルフスイング」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

スリークォータースイングの基本

スリークォータースイングでの基本は、これまでのハーフスイングまでの振り子運動から回転運動へ大きく躍動していくところにあります。体のターンを十分に生かすことでゴルフスイングが大きくなるのです。 4時-8時のハーフスイングを・・・

スライサーの練習ドリル

ドライバーショット
スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲットラインに対して、打ち出し当初は左方向ヘボールが飛び出し、その後右に曲がり出してターゲットライン上に戻ってくる球筋はフェードボールです。

スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット

007
アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に近い状態でプレー当日を迎えるという人が多いのではないでしょうか。

冬場のゴルフスイングと両肩ポジション

001
冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを打つよりも、低弾道でファーストバウンドをフェアウエーに落とすゴルフスイングが有利です。

ゴルフスイングを途中で止めない

002
基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一気にフィニッシュまで振り抜くものにします。

広いスタンスとインパクト

スイングをぶちこわしてしまう一つの例として左足がインパクトでつっぱるということがあります。これは、アマチュアに限らずプロゴルファーにもあります。 プロの場合は、左足がつっぱるというよりは身体が跳ね上がっていく状態です。 ・・・

フェアウェーウッドの打ち方2

ゴルフクラブいろいろ
ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセットすることが基本であることは多くのレッスン書で指摘されていることです。

ドロー、フェードのゴルフスイング2

007
ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の高い安定したドローやフェードボールをどう打つかというテーマについて説明していきます。

低弾道を狙うゴルフスイング

007
ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、ゴルフスイングの最中はずっと頭を動かさないと意識が働き過ぎるのも良くありません。

ドライバーの飛距離アップ

ゴルフは楽しい
ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りしてしまうとゴルフスイングは乱れ、ボールをジャストミートすることは不可能になります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ