「パット」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

インパクトのポイント

ゴルフの準備
パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングはドライバーショットより頻度の高いショットです。スコアメイクの上での重要性を再認識しましょう。

パットの距離感をつかむ

ゴルフの準備
パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントになります。そこで、ゴルフスイングと同じようにプレルーティンを必ず行うことが重要になります。

ショートパットを入れるゴルフスイング

2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離に対してよく言われますが、このゴルフスイングで一番重要なのは方向性を安定させることです。

ロングパットのイメージも持ちかた

ゴルフは楽しい
ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カップまで遠く離れていて2回のパッティングでもうまくカップに沈める自信がないと感じているアマチュアゴルファーは多いでしょう。

パットラインは「傾斜と芝目」がカギ

006
これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフスイングではほとんど関係しないパット独特のテクニックだと言えるでしょう。

正しいアドレスでパットする

ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの実現とレベルアップには欠かせない大切な要素のひとつであることは間違いありません。

パターの距離感とヘッドスピード

ゴルフは楽しい
パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴミ箱に放り投げるのと同じような感覚です。

パットはクロスハンドで「方向性」を出す

010
ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロスハンドグリップ」を中心に、確実に方向性を出すためのテクニックを紹介します。

パターのボールの位置とロングパット

パターのボールの位置は単純に、ライン方向に打ち出しやすい場所にボールを置けば良いでしょう。 しいて言えば極端に右側に置くとクラブヘッドが上からボールを叩く形になりボールが弾んでしまい、その上逆スピンも加わって距離がショー・・・

パットを難しく考えない

パッティングの得手不得手、スイングのコツ、パターの構え方といったことを説明していきたいと思います。 パッティングの得意な人と苦手な人 パッティングは、得意な人と苦手な人とに大きく分かれます。私の知る限りでは、あまり中間派・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ