「アイアンのゴルフスイング」の記事一覧(2 / 2ページ)

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

つま先上がりの打ち方

002
スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバランス良くコンパクトにゴルフスイングすることが大切です。

アイアンの番手選びのコツ

002
アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題になる方向性のブレはゴルフスイングの問題ですが、縦方向の距離感がズレるのは選択するバ暗手に問題があるといえます。

ハンドファーストインパクトを体感する方法

ハンドファーストインパクトを体感するための練習法について紹介しておきます。方法はいたってシンプルで右腕1本でアイアンクラブを振るだけです。簡単そうに思えるでしょう。しかし、実際にやってみるとなかなか難しいもので、ツアープロたちもウオーミングアップの一環として取り入れているほどです。

ラフの状況に応じたゴルフスイング

ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目のそれでは難易度が大きく異なります。普通のラフであれば特別に意識する必要はありません。

ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け

上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングするドリルです。ボールを真っすぐ飛ばすためには、両腕の振りを同調させることが大切なポイントになります。

ボール位置の最適化

005
ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボールが飛ばないと嘆いている人の大半は、自分のゴルフスイングとボールのセット位置がマッチしていないことで、ボールにヘッドを当てようとする動きが生まれています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ