「アイアンのゴルフスイング」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

ボール位置の最適化

005
ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボールが飛ばないと嘆いている人の大半は、自分のゴルフスイングとボールのセット位置がマッチしていないことで、ボールにヘッドを当てようとする動きが生まれています。

ハンドファーストのゴルフスイングの手順

アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順について説明していきます。基本となるポイントは、「腕と体の同調」にあります。

アイアンはU字型のゴルフスイングで

006
アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう。アイアンでのゴルフスイングではボール前方のターフを取る感覚でダウンブローにヘッドを打ち込むものだとよく言われます。

クロスハンドグリップでのゴルフスイング

ゴルフは楽しい
アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別なグリップ方式での練習法を紹介しておきます。それは、「クロスハンドグリップ」です。

タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル

ゴルフは楽しい
ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオルを挟むかが違ってきます。何度も書いていますが、「ローマは1日にしてならず」です。ゴルフスイングは体で感覚がつかめるようになるまで繰り返して地道にドリルを実行しましょう。

左足上がり、左足下がりのゴルフスイング

傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしましょう。けれど、それでも打ち上げ、打ち下ろしのホールではこの2つのライは必ず出てきます。

アイアンショットから「シャンク」を無くす

アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっかくのラウンドを台無しにされたシャンクは悩みの種かもしれません。ゴルフスイングの改善は意外と簡単です。

アイアンでハーフスイングのドリル

右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスターするために、8番アイアンのハーフスイングのドリルに取り組みましょう。すぐには出来ないかもしれませんが、プロゴルファーも基本のドリルとして取り入れている方法です。

クラブ選択に迷った時

クラブ選びに迷った時、つまり中途半端な距離が残った場合ですが、必ず大きめの番手を選ぶという人もいます。 その結果、度々ピンオーバーをやらかしてしまうケースも出てきます。しかし、シングルレベルの人とラウンドしてみると、「絶・・・

つま先上がりと爪先下がりをマスターする

8時のゴルフスイングが基本になります。アドレスではスタンスは広めにとって、体重はつま先に掛けてやります。 ボールは左側に飛びやすくなるので、目標をやや右方向に定めると良いでしょう。 クラブは短く持って、ハンドダウンと呼ば・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ