「バンカーショット」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

バンカーショットはだるま落としのイメージ

ゴルフクラブいろいろ
バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッドをうまく振り抜けないことではないでしょうか。

バンカーショットの距離感

バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショットと比較して距離感を出しにくいのが現実です。しかし、クラブフェースの開き方、振り幅の調整で克服することは可能です。

一流選手のバンカーショット

ゴルフは楽しい
一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フィニッシュではクラブは垂直に立った状態でクラブフェースは体を向いているものです。フィニッシュフォームには、バンカー脱出のためのポイントが凝縮されています。

バンカーで距離を打ち分ける方法

ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。 たとえば、トップ・オブ・スイングを右肩の高さに統一しておいて、ダウンスイングの力加減を調整することだけで、距・・・

バンカーショットのドリル

ゴルフの準備
バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれません。しかし、ほんの少しの工夫で砂をエクスプロージョン(爆発)させる感覚をつかむドリルはあります。

傾斜地でのバンカーショット

005
バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝生で覆われたコースにぽっかりとある砂のハザード(障害物)です。フラットで打ちやすいライばかりとは限りません。

バンカーショットのゴルフスイング

バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バンカーショットはアプローチショットと同じように、スコアメークのカギになる基本のゴルフスイングです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ