「アプローチショット」の記事一覧(2 / 3ページ)

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

ラフと林からのアプローチショット

ゴルフスイングの基本を試されるシーンは、コース攻略における、最大の難関とも呼ぶべきなのはラフからグリーンをねらうアプローチショットです。 ラフにつかまったケースでは、多くの場合、ボールとフェースの間に芝が入ります。 その・・・

ピッチエンドランのアプローチ

ピッチエンドランで障害物を飛び越してピンに寄せるアプローチ方法は、ゴルフスイングの基本のひとつと言えるでしょう。 グリーンの周辺からでも、ボールとグリーンの間にバンカーや深いラフといった障害物があるケースには有効な手段で・・・

ゴルフコースの傾斜地

ゴルフコースは遠くから眺めるといかにも平坦に見えますが、必ずしもそうとは限りません。 丘陵コースは起伏の激しいのでもちろんですが、完全に平地に展開する林間コースでも、どこかの場所に必ず微妙な傾斜(スロープ)がついています・・・

ピッチ&ランのゴルフスイングのポイント

ゴルフは楽しい
アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ランであることはご理解いただけていると思います。

フィニッシュ重視のゴルフスイング

002
テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからのアプローチショットのシーンではよく見られるものです。ゴルフスイングの難しさを肌で感じることができます。

スピンショットのゴルフスイング

001
スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフスイングのテクニックを習得しましょう。ボールを落とした後、ランを出さずにボールを止めることができるので、ピンを果敢に攻めることができます。

サンドウェッジのアプローチショット

ゴルフクラブいろいろ
プロゴルファー達は、冬場のオフシーズンには体力づくりの練習をメインにこなすそうです。体力トレーニングを行って体幹や筋力の強化、持久カアップの練習を続けて、それからシーズン開幕に備えてボールの打ち込みのゴルフスイングをします。

アプローチショット・ロブショット編

ドライバーショット
ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。アプローチショットの中でもランが使えず、キャリーだけで寄せなければならない特別な場合のショットなのですが、マスターできると確かな武器になることは間違いありません。

つま先下がりのゴルフスイング

ボールが足よりも低い位置となるのが「つま先下がり」のライです。ゴルフ場の斜面でよく遭遇するシーンですので、この場合のゴルフスイングについてマスターしておく必要があります。

ゴルフスイングのアプローチは状況次第

ドライバーショット
グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもありますし、時には土がもろに露出したベアグラウンドやディボット跡からというケースも考えられます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ