「アプローチショット」の記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

アプローチショットの種類

アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでのナイスショットをスコアに反映させるためにも、ミスショットのリカバリーショットとしてパーセーブを狙うためにも欠かせないテクニックです。

ウェッジでのコントロールショット

006
アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイングでは大き過ぎる微妙なコントロールショットがすべてうまくいくことも夢ではありません。

アプローチと素振り

002
ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。3本のウェッジに対してそれぞれで2種類のフィニッシュの高さ(左腰、左肩)を組み合わせた6種類の距離が何ヤードになるのか把握しておけば、クラブ選択に迷うことはそれほどないでしょう。

ランニングアプローチの変貌

日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを使ったランニングアプローチの方法が押し寄せてきました。

アプローチの距離感をつかむには

001
グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは大き過ぎるので、思った以上に厄介です。ピンまでの距離が40ヤードや60ヤードといった打ちにくい距離からのゴルフスイングでも、確実にピンに寄せることができればスコアアップに確実につなが

冬場のアプローチとフェードボール

005
冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコースの場合、ボールのライの状況が悪くなっています。そのるため、アプローチショットが夏場に比べて難易度は上がってきます。

ザックリ防止とバンス

ゴルフは楽しい
ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大たたきのピンチの状況に陥ることになります。ゴルフスイングの基本を思い出す必要があります。

冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」

006
冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの基本のひとつとして、マスターしておきたいものです。

アプローチショットの重要性

今回はアプローチショットの重要性とスコアの関係、ミスショットの原因などについてまとめてみました。ゴルフスイングの基本としてアプローチショットを取り上げます。 「パッティングがゲームを制する」という言葉はよく耳にします。 ・・・

高い位置を狙うアプローチ

ゴルフコースには起伏もありハザードも待ち構えているので、ボールが飛んだ位置によっては高い場所に飛ばすアプローチショットが必要な場面にも遭遇します。そんな状況下でどんなアプローチをすべきかをまとめてみました。 ロフト角より・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ