バンカーで距離を打ち分ける方法

ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。

たとえば、トップ・オブ・スイングを右肩の高さに統一しておいて、ダウンスイングの力加減を調整することだけで、距離を打ち分けるテクニックもあります。

しかし、このゴルフスイングを採用した場合、理論的に説明を加える余地がほとんどありません。力で調整する方法は本人のカンとこれまでの経験に頼るしかないのです。

それでもトレーニングを積み重ねることによってゴルフ初心者でもバンカーショットの距離感をマスターすることは不可能ではありません。

この力加減で飛距離を打ち分ける技術の習得に関しては説明は省きますが、ここでとりあげたいのは、クラブフェースを開く程度を調整してバンカーからの飛距離を変えていくテクニックについてです。

フェースを開くことによってボールは高く舞いあがりますが、その分だけ飛距離は伸び悩みます。

エクスプロージョンショットのできる限界ラインとしては、アスリートタイプの男性ゴルファーでも40ヤードくらいまでが精一杯です。

この場合にはクラブフェースを開かずに、まっすぐスクエアにして構えますが、40ヤードの限界から近づいていくに従って、フェースの開きを少しずつ大きくしていって構えるようにします。

この場合、トップの高さは同じゴルフスイングにしても、クラブフェースを開いた影響で、飛距離が出なくなります。

この法則をバンカーショットに応用することで、飛距離を調整していくのです。もちろんクラブフェースを開くほど、スタンスもオープンスタンスをとります。

非常に近いシチュエーションでは、体が半身の態勢になるくらいまで開きます。それによって特別に高いボールが飛び出して、距離を殺すことができます。

スポンサード リンク


バンカーショットのように不慣れなゴルフスイングでは、打ち方は同じにしたままで、アドレスだけを変更することで距離を打ち分けていく方法を採用した方がゴルフ初心者にはやさしいでしょう。

バンカーからボールを上げる構え

バンカーからボールを上げるには、それなりの構え方があります。ゴルフスイングの基本としてはオープン理論をアドしスに採用することから始まりますのでゴルフ初心者の方は覚えておいてください。

グリーン周りのバンカーがどうして設置されているかから考え始めましょう。

グリーン周りのバンカーの役割はミスショットがグリーンに届くをさまたげたり、奥のOBへ転がり落ちるのを防いだりするするものです。

一般的にバンカーは窪んだ場所になっており、バンカーからはボールを高くあげないと、脱出できないのが基本的な仕組みになっています。

そこで、ボールを高くあげるためのアドレスつくりからスタートします。一般的なゴルフスイングではスクエア理論が一番ですが、バンカーからボールをあげる必要がある場合には、オープン理論を採用します。

まず、最初からクラブフェースを開いてクラブを握ります。フェースは開く度合を大きくするほど、高いボールが出やすくなるのです。

前方の土手(アゴ)をクリアするためには、どれくらいの高さにボールをあげるのが良いかを判断したら、オープンの程度をどれくらいにするのかを決めます。

目安としては、腰くらいの高さで、7~10°くらいフェースを開くだけで十分です。

その他の高さについては、ゴルフ初心者の場合は実際に自分で試してみる経験を積む必要があります。

その次にクラブフェースをオープンにしたことを踏まえて、目標へまっすぐに向かせるために、スタンスはオープンに構えます。

ここで思い違いしてしまうゴルフ初心者が多いのは、ボールをセットする位置です。左足かかとの前に置くのがゴルフスイングの基本ですが、そのままスタンスだけをオープンに構えると、ボールは内側に入ってしまいます。

スポンサード リンク



これでは弾道が低くなるか、トップのミスになったりする可能性が生じてきます。

そこで、スタンスをオープンにした分だけ、ボールを外側にセットするようにします。

5センチだけ左足を後ろに引いたオープンの状態ならば、その長さだけボールを左(前)へ寄せると良いでしょう。

この方法を採用すればボールは、左足かかと内側の前にくるはずです。

バンカーショットの構え方

ゴルフ初心者のバンカーショットの構え方は基本的に、ピンに対してオープンスタンスに構えるのが良いでしょう。

バンカーショットの成否は、はじめの構え方でほぼ決まります。

わかりやすく言えば、構えただけでボールが自然に出やすいスタンスを作ってしまえばいいわけです。

別な表現をすれば、すくい上げのゴルフスイングにならないような準備をするのです。

まず、体の向きを目標であるピンに対してオープンスタンスに構えます。これに合わせる形でクラブをオープンフェースにセットしましょう。

このとき、クラブを両腕で吊るようなイメージで、クラブヘッドの重みが手元に伝わってくるようなことをマスターします。

スタンスをオープンに構える訳は、バックスイングでクラブをスタンスなりに、アップライトに上げていくことが目的です。

スタンスをオープンに構えれば、クラブはフラットに、右後方に引くようなバックスイングにはなりません。

アップライトに上がったバックスイングからは、インパクトでクラブヘッドを上から鋭角的に振り下ろしやすいメリットがあります。

その上、オープンフェースにセットしたクラブヘッドがアウトサイド側から砂場に打ち込まれるので、クラブヘッドも砂にもぐりません。

結果的に、そこに砂のエクスプロージョンが起こり、バンカーから脱出できるという流れです。これは、ゴルフ初心者に限らずアベレージゴルファーにも言えることです。

この一連のゴルフスイングを採用することによって、ボールにはスピンが加わり、グリーンに乗ってからも止まりやすくなるのが特徴です。

スポンサード リンク



バンカーでのトップやダフリといった典型的なミスショットは、スタンスがターゲットにそのまま向いてしまっているためでしょう。

さもなければ、オープンにスタンスをとったとしてもダウンスイング以降に飛球線に沿って打ち込んでしまうことがミスショットの主な原因となります。

アドレスでは体重の置き方も大切なことです。このウェートの掛けかたについては、人それぞれに色々な意見を持っています。

一例を挙げると、バンカー内では土台となる下半身が不安定な状態になります。そのため、最初からどちらか一方の足に多くのウェートをかけることを薦めるトレーナーもいます。

けれども、ゴルフ初心者の場合、基本的には左右の足に5:5に、均等に体重をかけることをお薦めします。

また、下半身をより安定させるために、スパイクシューズで砂を踏みしめることをアドバイスする人もいますが、これはあくまでも程度問題だと理解しておきましょう。

スパイクが埋まるほどフワフワとした軟らかい砂場であったり、スロープからのバンカーショットなら理解できますが、固くしまっている砂質では、こうした動作は意味を持たないのです。

こうした動作は、場合によってはボールの周囲の砂の状態を変えてしまう恐れを生み出して「ライの改善」とみなされて、不本意なことにペナルティーを取られるケースも想定できますので、細心の注意で臨む必要があります。

こちらの記事もどうぞ!

  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • クラブ選択に迷った時クラブ選択に迷った時 クラブ選びに迷った時、つまり中途半端な距離が残った場合ですが、必ず大きめの番手を選ぶという人もいます。 その結果、度々ピンオーバーを […]
  • フォロースルーでのポイントとフィニシュフォロースルーでのポイントとフィニシュ トップからフィニッシュまでの一連の動作の中で、フォロースルーに関する解説が一番難しいと言われています。 その理由に挙げられるのは、フ […]
  • フェアウェイウッドを活かすコツフェアウェイウッドを活かすコツ フェアウェイウッドを活かすコツはいくつかあります。まずは、飛距離は出なくてもボールが曲げなければスコアは必ず良くなるという点から説明を始め […]
  • アプローチショットの重要性アプローチショットの重要性 今回はアプローチショットの重要性とスコアの関係、ミスショットの原因などについてまとめてみました。ゴルフスイングの基本としてアプローチショッ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ