傾斜地でのバンカーショット

左足上がりでのバンカーショット

バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。

そもそも、バンカーは芝生で覆われたコースにぽっかりとある砂のハザード(障害物)です。フラットで打ちやすいライばかりとは限りません。

最初に左足上がりで、すぐ前方にアゴがあるシチュエーションの場合の対処法から説明します。

バンカー内での左足上がりでは、アゴに近い斜面というケースも十分考えられます。砂の壁があったりしたケースでは、フォロースルーもとりにくい状況です。

プロゴルファーなら比較的簡単にイージーなゴルフスイングとして打ってしまうライですが、一般のアマチュアにとっては、そう簡単なものとは言い切れません。一番のポイントであるアドレスの手順から説明します。

アドレスでは、上半身を傾斜に対して垂直に構えてはいけません。左足にウエートをかけて、両ヒザは傾斜に対して平行とします。両ひざの高さと、胸は傾斜に平行になるイメージです。

上半身は傾斜に対して垂直に構えてしまうと、体が傾いてしまうのでミスショットのリスクが伴います。

フェースをあまり開かなくてもボールは上がります。オープンスタンスにして構えましょう。最初から左足に体重を乗せておきます。

スイングについてはウエートシフトはせずに、肩だけを回すイメージを持ってください。

インパクトは目玉や半目玉でない限り、ヘッドのバンスを先に接地させて、砂のエクスプロージョン(爆発力)で脱出させる手段を使います。バンスとは、サンドウェッジのソールの出っ張った部分のことです。

スポンサード リンク


インパクト後はヘッドを振り抜くのが困難なため、インパクトからすぐにフィニッシュというイメージで構いません。結果的に、ボールは高く打ち出されますが、ほとんど飛距離は期待できません。

次に、左足上がりでもフォロースルーが十分に取れる状況のゴルフスイングを説明します。斜面の傾斜に沿ってクラブを振りり抜くショットを目指します。ボールのセット位置は真ん中にして、ウエートの配分は左右均等にしてください。

体が突っ込みすぎないように体重移動をしません。そのままの状態でスイングしてください。ボールが高く打ち出される状況のため、飛距離がそれほど出ない分、振り幅を大きくスイングすることを目指しましょう。
005
フォロースルーからフィニッシュにおいては、クラブヘッドを大きく振ることで飛距離を伸ばすイメージを持って臨みます。

決してインパクト前にスイングスピードを緩めたり速くしたりと変化させることなく、必ず一定のリズムのゴルフスイングとすることを忘れないでください。

左足下がりでのバンカーショット

左足下がりのバンカーショットは、プロゴルファーでもそう簡単ではないゴルフスイングになります。

高い弾道を打つのは困難で、ピンまでも遠く感じるせいです。しかしながら、これを避けてはスコアメークは覚束ないことになります。

しっかりと振り抜くことをテーマに掲げて難局に対処しましょう。

バンカー内で左足下がりのライにボールがある状況に陥った場合、それを見た瞬間に「1発で脱出できるだろうか。きちんとボールをとらえられるのだろうか?」と不安が心をよぎるゴルファーもいると思います。

1打1打に賞金のかかるツアープロのレベルでも、このライでは慎重に時間をかけてパットするほど、難易度の高いゴルフスイングだからです。そうはいっても怖れてばかりいてもしょうがありません。基本的な手順とポイントをいくつか説明しておきます。

スポンサード リンク



  1. クラブフェースを開いてからグリップします。この手順を逆にグリップした状態からフェースを上に向けることは避けましょう。これはバンスをきかせたバンカーショットを打つための鉄則と言えます。
  2. ボールの位置はスタンスの中央にセットします。通常のバンカーショットでは左足寄りにボールを置きますが、スロープではセンターが基本の位置です。左足寄りに置くとクラブヘッドが届きにくくなるのがその理由です。
  3. 上半身を傾斜の角度に対して垂直に構えることはしません。両ヒザは傾斜と平行になるようにします。両ひざの高さと胸が平行になるイメージです。上半身が傾斜に対して垂直に構えると、体が傾くためにミスショットを招きかねません。
  4. 左足を後方に引いてオープンスタンスに構えます。しかし、両肩や両腰を結ぶ体のラインはターゲット方向に対して平行にセットしてください。
  5. バックスイングとダウンスイングは、体のラインに沿ったスイング軌道にします。
  6. バンカーショットの基本であるバンスから先に砂に接地させるエクスプロージョンショットで砂を爆発させます。インパクト以降はフォロースルーを右側に出す感覚で大きく振り抜いて下さい。内側から外側に振るインサイドアウトのゴルフスイングとなります。
  7. フィニッシュはより高くイメージしてスイングしましょう。

以上の手順の中で一番のポイントは大きな振り抜きのゴルフスイングにすることです。フェアウェイやラフでの左足下がり傾斜の場合、「傾斜面にそったフォローを取って低いフィニッシュ」が基本となりますが、バンカーで同じ形をとると、ボールが低く打ち出されて先に待ち構えているアゴの部分を越えないリスクが生じます。

とはいっても、高いフィニッシュばかりを意識し過ぎると、体が開いてバランスを崩してしまうことがよく起こりやいです。ウエートシフトはせずに、ボールに体を正対させてしっかりインパクトしてください。

その上でフィニッシュを取ることを心がけましょう。インサイドアウトの軌道のゴルフスイングなら、ヘッドアップを防止ぐこともできるはずです。とはいってもこの状況から、一発でピンにボールを寄せることはプロでも至難の技です。
002
繰り返しになりますが、バンカーショットで一番大切なことは1発で脱出することです。

特にこの左足下がりからは「寄ればラッキーだ」程度に考えましょう。

「1発脱出」だけに集中して、気負わずにボールに対しましょう。

ゴルフ初心者のためのバンカーショット

ゴルフスイングの中でも初心者が一番苦手としているのがバンカーショットかもしれません。

スポンサード リンク



ゴルフ初心者が何度もバンカーから打ち直しをしている姿には心が痛みます。

ゴルフスイングの基本ができていれば、本当はバンカーを恐れるほどのものではないはずです。

しかし、メンタルが重要な位置を占めるスポーツと言われているゴルフですから、難しそうに見えるバンカーを見たとたんスイングが萎縮したり身体が緊張したりするものです。

バンカーショットの基本をもう一度見直しましょう。誰でも頭では理解していることですが、実際のコースに出ると思うようにはいかないもののです。使用すクラブはサンドウェッジであることは大丈夫ですよね。

バンカーショットでは肩や腰は打球のラインに対して平行に保ち、ヘッドの抜けをよくすることを心がけることが大切です。

スタンスは少しオープン気味に構えます。バンカーショットは何度も練習を積み重ねて、慣れることが必要です。

イメージとしては砂を前に飛ばすことを考えてください。アプローチショットと基本は同じスイングですが、砂から抵抗を受ける分だけ力を入れる必要があります。

一般的には、アプローチショットの3倍の振りが必要と言われていますが、参考程度に聞き流してください。

バンカーショットでは右手に余分な力が入ってしまうとうまく飛びません。ボールを飛ばすのではなく、砂を飛ばすスイングがバンカーショットです。

わざわざ書かなくても知っている人の方が多いでしょうが。右手に力が入らなければ、結果的に望ましい展開に持ち込めるでしょう。

ミスショットをしてしまうとますますゴルフスイングに力が入ってしまうものです。落ち着きを取り戻して練習通りのスイングを心がけましょう。

バンカーショットのポイントは左脇を締めることです。ダウンスイングの時点でクラブヘッドの軌道が鋭角的になり過ぎるとミスショットを招きます。

左脇の圧力を維持するようにしましょう。足場も砂地で不安定ですから、両足をしっかりと構えることが必要です。

場合によっては、スタンス幅を広めにしても良いかもしれません。腰の回転で砂をはじくようなイメージを持ちましょう。基本のスイングができている人はゴルフ初心者でもうまくバンカーショットができるものです。

こちらの記事もどうぞ!

  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • 左足上がり、左足下がりのゴルフスイング左足上がり、左足下がりのゴルフスイング 傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしまし […]
  • バンカーで距離を打ち分ける方法バンカーで距離を打ち分ける方法 ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。 たとえば、トップ・オ […]
  • ウェッジでのコントロールショットウェッジでのコントロールショット アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ