一流選手のバンカーショット

一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。

サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フィニッシュではクラブは垂直に立った状態でクラブフェースは体を向いているものです。

フィニッシュフォームには、バンカー脱出のためのポイントが凝縮されています。

フィニッシュでクラブのフェース面が身体を指すようにするためには、インパクト以降でグリップ位置よりもヘッドが先行するようなゴルフスイングをしなければいけません。

つまり、バンカーショットでは、ヘッドよりもグリップ位置が先行する「ハンドファーストインパクト」をとるのではありません。

グリップ位置よりもヘッドが先行する「ハンドレイトインパクト」でボールをヒットする必要があります。

ボールの真下をクラブヘッドがすり抜ける、「だるま落とし」のようなゴルフスイングをすることで、バンカーから容易にボールを脱出させることができるのです。

ハンドレイトインパクトの特徴は、左腕とシャフトで作られる形が自分から見て「逆くの字」型になるフォームです。

それにはインパクト前から手首のコッキングを解除して、クラブヘッドを先行させるように振り抜く必要があります。

一般的なゴルフスイングでは、できるだけコックをほどかずにインパクトのタイミングまで持ちこたえることで強くボールをヒットできます。

しかし、バンカーショットの場合にはボールを直接打たないわけです。

そのため、コックを早めにほどくほどクラブヘッドは走り、サンドウェッジの特徴的なバンス(ソール部分)から砂面に接地するため砂をエクスプロージョンさせられるのです。

そして、インパクト以降はヘッドがグリップ位置よりも先行して、結果的にフィニッシュではフェース面が体を向く姿勢がとれるのです。

スポンサード リンク

左腕とシャフトが「逆くの字」型のインパクトとフェース面が体を向くフィニッシュをイメージしてバンカーショットを試してみてください。

あの青木プロも同じフォームでフィニッシュを取っています。
ゴルフは楽しい
ボールはグリーンに乗ってくるのも夢ではありません。


バンカーショットは難しいと考えがちですが、自信を持って振り抜くことを心がければ必ず脱出できるものです。

バンカーショットに対してあまり苦手意識を持つ必要はありません。バンカーショットは確実に脱出することを優先して考えれば、他のグリーン周りのショットと比較しても、とても簡単なショットとも言えます。

なによりもダフって打っていいのですし、遠慮なくサンドウェッジを振り抜けばいいのですから。バンカーショットのスイングで注意を払う点は、まずはアドレスです。

クラブフェースを開きぎみにしてオープンスタンスに構えることが大切です。グリップの握りは足が砂に潜った分だけ短くしましょう。圧力はアルミ缶を潰せる程度が適当です。

そして、バンカーでのスイングの最中は下半身をどっしりとさせる意識が必要です。

こうしたポイントを守って、浅いバンカーなら4時-8時のスイングで、深いときは3時-9時のスイングで思い切り振りきってしまいましょう。

ホールまでの距離が長いバンカーショットでは飛球線とスタンスのラインが遠くで交わるイメージで、距離が短い場合は近くで交差するようにスタンスのオープンの度合を決めましょう。

スタンスに沿ったサンドウェッジの振り抜きでも、ボールはフェースの向いた方向に飛び出してくれます。

繰り返しになりますが、バンカーショットでは土台となる下半身をどっしりと構える意識を持ちましょう。

フィニッシュの際も右足かかとは大きく上がることはありません。

スポンサード リンク



イメージとしてはひざから下がずっぽりと砂の中に埋まっているつもりでスイングしてください。

クラブヘッドを打ち込むポイントはポールの3~5センチ手前にしましょう。

クラブのソールの後ろ側から砂に入れるように意識します。

リーディングエッジ(刃)の部分から砂の中に入れるとあまりにも潜り込みすぎてしまいますので注意が必要です。

バンカーショットのトレーニングはボールを重ねてイメージ練習とスイングチェックをしましょう。

バンカーショットを練習場でスイングチェックするとっておきの方法をご紹介しましょう。

ボールを縦に2個重ねて打ってみましょう。

もちろん、バンカーと同様にオープンスタンス、オープンフェースに構えて、ボールの手前にクラブソールの後ろ側を落とすことでソールを滑らすようなゴルフスイングを行います。

下のポールが前方に飛び出して、上のボールが真上にはね上がれば上出来だと言えるでしょう。

くれぐれも他人に迷惑を掛けない場所で行なうように注意してください。

ゴムティを使えば、トレーニング場でもバンカーショットのクラブの使い方がマスターできます。

方法としてはクラブフェースに乗せたゴムティが落ちないように、アドレスからフォロースルーを行なってみるだけです。

この時の感覚はバンカーショットでも同様なのです。

バンカーショットで大切な意識は、フォロースルーで砂をクラブフェースに乗せて運ぶことです。

ゴムティを使った練習方法では、ゴムティが砂の代わりをしてくれるわけです。

ゴルフ初心者はバンカーに対する恐怖心をなくす

ゴルフ初心者がバンカーで萎縮してしまう現象は、一体何が影響しているのでしょうか。

ひとつは、ゴルフスイングの基本のひとつとして、バンカーショットの打ち方をマスターできていないためではないでしょうか。

また、ゴルフのルールも影響している可能性があります。

何しろ、クラブは砂の上に直接ソールできないのですから、不安な気持ちに拍車をかけるのも何となく理解できます。

スポンサード リンク



バンカーショットには、サンドウェッジ(SW)と呼んでいるバンカー専門の強力なクラブがあります。

このクラブを手にすれば、いやが応でも分厚いソールの部分に注目が集まります。

また、すべてのクラブのうち、サンドウェッジが一番大きなロフトがあることも特徴です。

バンカーに入ったボールは、この分厚いソールを砂の中に打ち込み、そのときの砂の爆発力を利用して間接的にボールを脱出させます。

しかし、多くのゴルフ初心者が、最初はこのサンドウェッジの特性を無視してしまいがちです。

そして、大きなロフトを利用して、ボールをすくい上げるようなゴルフスイングをするのです。

クラブのソールではなく、リーディングエッジ(刃先)でボールを上げようとする間違ったスイングをするわけです。

このスイングを続けていても、絶対といっていいほどボールはバンカーから脱出できません。

バンカーの深さはともかくとして、ムキになって6回も7回も大叩きしてしまえば、もはやゴルフどころではなくなります。

こう状況を経験すると、そのゴルファーの心の中には、もはやバンカーが悪魔のような存在として強烈に焼きついてしまうでしょう。

そのために、バンカーに入った段階で、もうそのゴルファーはそれまでのペースを大きく崩してしまうということになります。

バンカーショットは、ある意味で砂との勝負になります。

あらゆるシチュエーション、あらゆる砂質でのゴルフスイングを長い間経験しているプロたちでさえも、不可抗力のようなケースに時には遭遇します。

そして、普段では考えられないミスショットを犯すケースがあります。しかし、こうしたミスは、ほとんど1回だけに収まります。

たとえばファースショットでバンカーから脱出できないケースでも、2回目にはきれいにグリーンに乗せていく自信がプロならば持っていることでしょう。

その理由は、砂の中のボールに対して、どういう打ち方をすれば上手に脱出させることができるかを理解しているからです。

バンカーショットのポイントはここにあります。バンカーは、一度そのコツを体得してしまえば、むしろ面白いように簡単にボールをコントロールさせていくことができるものです。

以前はいやだと思っていた砂地獄が、むしろ好きに感じてしまうから不思議なものです。こうした状況の変化は、経験を積んだ数多くのゴルファー達が口を揃えていっていることです。

スポンサード リンク



「食わず嫌い」と言う言葉がありますが、バンカーショットに関しては、まさにこの表現がビックリと合うでしょう。

一流選手は砂がやわらかいバンカーとカチカチに固いバンカーを上手に攻略しています。

ポイントになることは、クラブヘッドを入れる位置を調整することです。やわらかいバンカーではヘッドがもぐりやすいため、ボールの手前にヘッドをドンと落として砂ごと飛ばす要領で打ちます。

カチカチの固い砂質のバンカーは、ヘッドが弾かれやすいため、砂をあまり多くとらずにクラブヘッドをボールの真下に入れて打つ要領です。

また、固いバンカーの場合はフェースを開くとバンスがきつくなり過ぎて、もっと砂に弾かれやすくなるので極端には開かずに打つようにしましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • バンカーで距離を打ち分ける方法バンカーで距離を打ち分ける方法 ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。 たとえば、トップ・オ […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ