バンカーショットはだるま落としのイメージ

バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。

その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッドをうまく振り抜けないことではないでしょうか。

サンドウエッジ(SW)というゴルフクラブはソール後方部分のバンス(出っ張り)が、刃先(リーディングエッジ)よりも先に接地するように設計されています。

そのため、ボールだけを直接ヒットしようとしても、バウンスの部分の方が先に砂面に接地します。サンドウエッジはボールを直接ヒットできない構造であることにまずは納得してください。

このSWの特性を理解できると、バンカーショットは相当簡単なショットに様変わりするはずです。アドレスでは、フェース面が通常のアプローチショットの場合に比べてもっと上を向くように開いてた状態でグリップしてみると良いでしょう。

クラブフェースを開くほどバンスが有効に働き、砂面にリーディングエッジが刺さりにくくなります。クラブヘッドが振り抜きやすいゴルフスイングになるでしょう。バンカーショットが得意な人ほど、インパクトで音がすると言われています。

音がするのは、SWのソール面で砂面をしっかり叩くことができているからこそ、「バーン」といった乾いたインパクトの音が響いてくるのです。

バンカーショットの基本になるのは、フェース面を開いてリーディングエッジがターゲット方向に向くまで左足を後方に移動させたオープンスタンスに構えることが重要なことです。

そして両足のつま先を結んだラインに沿ってスイングできれば、アウトサイドインの軌道を描くことになります。このゴルフスイングにもう少し工夫をこらしてみましょう。インパクトでクラブヘッドがボールの下を通るようにスイングすることです。

いわゆる、「だるま落とし」をイメージしたゴルフスイングをするわけです。クラブヘッドよりもグリップが先行するいわゆる「ハンドファースト」のフォームでは、だるま落としはできません。

スポンサード リンク


グリップよりもヘッドが先行するハンドレイトのフォームのインパクトがこの場合の正解です。

グリップに力が入ってしまうと、ダウンスイングでグリップが先行しやすくなるので注意しましょう。

クラブが抜け落ちない程度の緩いグリップで、クラブヘッドが先行するようにスイングすることができれば、バンカーからの一発脱出が実現できるはずです。

バンカーショットの極意とは

バンカーショットの極意とはということで考えるとスタート地点は上手なフェースの開き方ということではないでしょうか。いかにしてバンスを上手に活用できるようにするかということです。

バンカーショットの極意はここからスタートします。そこでバンスがより多く出っ張るようにする工夫があります。答えはフェースを開いて構えることです。

フェースを開くためには、グリップを手の中で回転させて開いていくのがコツだと言えるでしょう。グリップを握ったままの状態で、リストだけを右に回したのでは開いたことには相当しません。

そして、フェース面は目標に向けて構えることをしっかりと意識しましょう。

目玉になっている

目玉になっているという不幸な境遇におそわれることも長いゴルフ人生の中では必ず訪れるでしょう。目玉はリーディングエッジをうまく生かしてボールをえぐり出すようにするイメージです。

目玉になったというケースでは、通常おこなう基本的なバンカーショットでは脱出不可能です。

ボールが砂に深くもぐっているせいで、通常のエクスプロージョンでは脱出できない状況なのです。

スポンサード リンク



目玉用の特別なバンカーショットをしなければならないと考えてください。

目玉は、ヘッドの構え方が通常と大きく異なります。まずは、ボールを右足寄りになるように構えて、フェースを開かずに、かぶせて構える必要があるのです。

そしてバンスからではなく、リーディングエッジから砂に打ち込んでいく形をとります。砂ごとボールをえぐり出していく要領です。

フェースをかぶせる形になるので、ハンドファーストに構えることになります。

コックを利かせて根元にリーディングエッジから落とす

打ち方としては、通常のバンカーショットと同様に、左脚を軸にして左脚体重でスイングするところは変わりません。

ただし、フェースをかぶせて構えることと関係して、スタンスはスクェアスタンスにします。

もしくは若干オープンスタンスで構えますが、あくまでも「若干」です。

ヘッドを入れ込む場所は、ボールと砂の接点になります。これはボールがあるギリギリのところに入れ込んでいくということです。

ボールに根があるイメージを持ってし、その根を根元のところからリーディングエッジで刈り取るようなイメージでショットすると、うまく脱出できるでしょう。

砂のエクスプロージョンでボールを出すのではなくて、砂といっしよにパワーでえぐり出すという感じのショットになります。

そのため、リーディングエッジが砂に入りやすいようになる工夫としてはダウンスイングの時点でヘッドを鋭角的に打ち下ろすことです。

つまり上から下ろしていく形です。コックを利かせ、上からドスンと落としていくということです。

ダウンスイングでサンドウェッジをカラダに引きつけて下ろしてくると、鋭角的にクラブを下ろすことができるでしょう。

また、パワーで砂ごとボールをえぐり出すことになりますから、砂の抵抗は非常に強力だといえます。

砂の抵抗に負けてヘッドが動いてしまわないためには、しっかりとグリップしている必要があります。

脱出することが第一優先

目玉はフェースをかぶせるというわけですから、当然のことながらボールは上がりにくくなります。

スポンサード リンク



そして、スピンがかかりにくくなるために落下後のランも多くなる傾向が強まります。

アゴの高さや落下後のピンまでの距離をしっかりと計算して打つ必要があります。

いずれにしろ、目玉は非常に特殊な状況に陥ったのだと割り切って、脱出を第一優先で考えましょう。

無理をしてピンに寄せようとすると大失敗になりかねませんので注意してください。

アゴの下からの脱出

アゴの下からの脱出というのも非常に難易度の高いバンカーショットになりますから、無理にフォロースルーを取らずにドスンと力一杯叩くようにします。

アゴの真下にボールが止まってしまったというのは、不運としか言いようのない状況かもしれません。朝のお祈りが足りなかったと反省しても遅いわけです。

このような状況下では、まず第一に1回で脱出できるかどうかを判断しなければいけません。

アゴのフチよりもボールが外側にあれば脱出の可能性は残されています。しかし、内側にあるときは1回で脱出するのはあきらめましょう。

アゴのフチよりも外側への脱出することを検討することをおすすめします。

アゴの外側か内側か動揺して自分では判断できないような場合には、クラブをアゴのフチから垂らしてみて、ボールがそのラインよりも前か後ろかで判断しましょう。

次に打ち方ですが、垂直に構えるようにします。重力に逆らってロクなことはないと思ってください。

ボールを上げようと意識して右肩を下げて構えると、トップのミスが出やすくなってしまいます。

アゴの下にボールがあるということが意味することは、ボールがそこで止まってしまって落ちてこないということです。

そのため、多少の差はあるにせよボールが目玉状態になっているということを意味します。

そのため、砂に勢いよくヘッドを入れ込むショットで脱出を図ります。そこでフェースは開かずに、スクエアに構えることは目玉と同じです。

ただし、かぶせて構えないようにします。フェースをかぶせてしまうとボールがアゴを越えなくなってしまうでしょう。

スポンサード リンク



あとは、しっかりとグリップした上で、ボールと砂の接点ギリギリの場所を狙って、リーディングエッジから打ち込む意識を持ちます。

これ以上力を振り絞れないくらいヘッドを打ち込んで丁度良いです。何しろパワーが必要なので、思いっきりドスンという感じでショットします。

ただし、フォロースルーは取らないというのはわかりますね。無理してフォロースルーを取ると、ヘッドがアゴに当たってかなりの抵抗が腕にかかってきます。もしかすると、手首を痛めてしまうということもあるでしょう。

勇気をもって大きく振ること

アドレスでもスイングでもバンカーショットだけは別ものという感覚が強いのではないでしょうか。

構えたらクラブヘッドのトウ側から動かして、早めにコックをする意識があるでしょうか。

ダウンスイングではコックで折ったリストの角度を維持しながら、クラブヘッドをヒールから入れて打つイメージが必要です。

バンカーショットに関しては練習できる環境が恵まれていませんから、ヘッドの入れ方が理解できていないゴルファーが多いのですが、ボールの先の砂をとる方法をマスターしましょう。

「バンカーはダフって打て」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、このイメージですとボールの手前を叩きすぎてしまうリスクが生じます。

ダフりすぎて飛ばないケースや、ソールが手前で大きく跳ねてトップになるケースもあるので、ボールの先の砂をとり、砂ごとボールを飛ばす打ち方をマスターしましょう。

また、バンカーは大きく振る勇気が欠かせません。ゴルフ初心者やバンカーに対して苦手意識のあるゴルファーへのアドバイスそしては、怖がらずに上から叩けということになります。

こちらの記事もどうぞ!

  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • バンカーで距離を打ち分ける方法バンカーで距離を打ち分ける方法 ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。 たとえば、トップ・オ […]
  • persimmonエチケットを守る ゴルフというスポーツはエチケットやマナーに厳しいと考えている人も少なくないでしょう。昔と比較すればかなりラフになったとはいえ、ゴルフは紳士 […]
  • アプローチと素振りアプローチと素振り ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。 […]
  • ロングパットのイメージも持ちかたロングパットのイメージも持ちかた ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カッ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ