バンカーショットの距離感

バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。

バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングけに、他のショットと比較して距離感を出しにくいのが現実です。

しかし、クラブフェースの開き方、振り幅の調整で克服することは可能です。

グリーン周りのガードバンカーに注目してみても、ピンまでの距離は状況ごとに違います。30ヤードもあれば5ヤードの時もあります。これをクラブフェースの開き具合と、振り幅でコントロールする方法です。

20~30ヤードならAW(アプローチウエッジ)や、PW(ピッチングウェッジ)を使うように指導するトレーナーの方もいます。

しかし、ツアープロを意識してみると、彼らはSW(サンドウェッジ)1本で距離感をつかんでいます。

005最初に理解しておくべき必要のあることとしては、ガードバンカーでのゴルフスイングは砂を爆発させるエクスプロージョンショットが前提になるということです。

以前、説明しましたがボールの5~10cm手前を目標に、バンスから鈍角にクラブヘッドを砂に入れます。

正しくエクスプロージョンショットができた場合、ボールはどんなに飛んでも30ヤード程度が限界になります。

  • 30ヤード:クラブフェースを1時の角度に開いて、トップの高さはグリップ位置が最大限の9時30分になるようにしげます。フィニッシュも最大で振り切ることになります。
  • 20ヤード:クラブフェースを2時の角度に開きます。トップ位置は9時半の位置にします。フィニシュは最大にしてしっかり振り抜きます。
  • 10ヤード:フェースは2時の角度に開き、トップは8時半に留めます。フィニッシュの方さは4時半の高さにおさえます。

さらに距離感はボールの高さにも影響されてきます。バンカーのアゴが高いためにボールも高く上げたいケースでは、クラブフェースを2時まで開いて高い位置でフィニッシュする必要があります。

スポンサード リンク


低いボールで出したい時は、クラブフェースは1時の低い位置でフィニッシュします。これを頭の隅に入れておけば、あとは自分の感覚でチューニングできるはずです。

バンカーからのゴルフスイングで一番大切なことは、スイングスピードを途中で変えないことです。

インパクトの段階で強弱を付けて調整しようとすると、ミスショットにつながるケースをよく見かけます。

バンカーショットはスイングリズムを変えないことと、自分の決めた位置までしっかりフィニッシュすることが重要なのです。

バンカーからのゴルフスイングに慣れてきたら砂を厚めに取って少ないキャリーでランを出したり、薄めに取ってスピンをかけたりといった応用的なテクニックも使えるようになります。

001距離が40ヤード以上のショットになると、エクスプロージョンショットではプロゴルファーでも対応できません。通常のショットのようにボールに対してクリーンにヒットすることが要求されます。

クラブフェースもスクエアになるように構え、下半身はできるだけ余分な動きを抑えて、自分の決めたフィニッシュ位置まで一定のリズムでショットする必要があります。

これはエクスプロージョンショットとも共通した大切なポイントのひとつになります。

とは言っても、世界のトップレベルのプロゴルファーでも「サンドセーブ」の確率(バンカーから1パットで沈める確率)は5割から6割程度です。

アマチュアならば欲張らることなくグリーンオンすればそれで良しという意識で向かえば、良いスコアも自然についてくるものです。バンカーからのゴルフスイングは気楽に臨む姿勢で良いでしょう。

遠いバンカー

遠いバンカーではボールだけをクリーンにヒットすることを心がけましょう。

スポンサード リンク



フェアウェイの途中に設計されている、グリーンまで距離のあるバンカーから打つときは、ボールだけをクリーンヒットすることが大切なポイントです。

バンカーからクリーンに打とうとした結果が、ゴロやライナーといったトップボールになっても問題ありません。

気をつけるのはダフリです。ダフリは禁物です。ゴルフスイングの基本に立ち帰って考えましょう。

ボールをクリーンにヒットするためには、あごの向きを一定に保つことが大切です。

これはバンカーショットに限らず、ゴルフスイングの基本と言えるでしょう。

目線はインパクトまで変えないことも大切です。

バンカーでは足を砂に埋めて構える分だけクラブは短く握りましょう。

スイングは、基本的には3時-9時のスリークォータースイングが良いでしょう。

レベルにもよりますが、足場とボールのライがよければ、フルスイングでショットするのも良いでしょう。

もちろん、ボールが沈んでいる場合は脱出することだけを優先して考えることが必要です。

バンカーでもアドレスは通常のスイングと同じです。左右の足に5:5に均等に体重をかけてください。

ボールの位置は左足かかと線上となることが基本的なスタンスです。

ドライバーショットバンカーからのスイングでは特に下半身を安定させることか大切なポイントです。

バックスイングの際は右腰にはりを感じながらクラブを振り上げましょう。

下半身がぶれないように足場を固め、1クラプ大きいクラブを短く持つことで、コンパクトなゴルフスイングになるようにしましよう。

グリーン近くの非常に浅いバンカーからは、クリーンにボールをヒットしても問題ない場合もあります。

ピッチングウェッジを使って、アプローチ感覚の5時-7時のクォータースイングで寄せてください。

場合によりますがパターでもOKの時もあります。

遠いバンカーからはトップ・ボールでも構わないという意識で臨みましょう。

スポンサード リンク



もしもトップしてもダフリになるよりもずっとよい結果が残せます。

ウッド(ドライバー)を使うときはトップさせるつもりでスイングしましょう。

グリーンまでかなり距離があり、かつ土手が十分に低い場合は、フェアウェイウッドを使ってもいいでしょう。

スイングのポイントはアイアンのときと同じと考えてください。

ただし、意識としてはポールを上げることは考えないで、ライナーやゴロを打つイメージでスイングしましょう。トップになってもある程度は飛距離が出るはずです。

深いバンカーからの脱出

深いバンカーであってスイング自体は同じと考えましょう。バンカーショットでは思い切りよく振り抜く意識が大切です。

どんなに深くてもボールを出せないバンカーはありません。

深いバンカーでミスしてしまう人に多いのは、ボールを高く上げたいからと意識して右足に体重をかけて「すくい打ち」をしたり、ピンが直前にあることを意識し過ぎてスイングを途中で止めてしまうケースです。

深いバンカーだからといって特別なショットの方法はありません。

3時-9時のスリークォータースイングでしっかりクラブヘッドを振りきることが大切です。

初心者に限って言えば、フルスイングの意識で大きく振ることもいいでしょう。

001また、極端なオープンスタンス、オープンフェースを意識する必要もありません。

大切なのは思い切りのよさです。下半身をどっしりと構えていつものスイングで振り抜いていきましょう。

ポイントは足場を固めてクラブは短めにグリップすることです。

オープンに構えたスタンスに沿ってサンドウェッジを振り抜きます。

インパクトの瞬間には砂に負けないようにグリップは強い圧力を保ちましょう。

しかし、強くインパクトしようと意識してはいけません。

ピンから近くて深いバンカーの場合でも、9時のフィニッシュに至るまでしっかりと振り抜くことが重要です。

スポンサード リンク



フィニッシュでも右足かかとが上がらないように、両足を砂の中にしっかりと固定させたつもりでスイングしましょう。

練習方法としてはボールを2個並べてフェースの使い方をマスターすると良いでしょう。

マットの上にボール2個を並べることで、練習できます。

フェースの上に砂を乗せて運ぷイメージでスイングしてみましよう。

フェースの向きを一定に保ってソールを滑らせていけば、おのずと両方のボールが上がるはずです。

アマチュアのバンカー対策

ゴルフの準備アマチュアゴルファーがバンカーを苦手とする根本的な理由は、練習量が不足していることです。

多くのプロゴルファーは、長い時間をかけてバンカー内で練習を繰り返してたくさんの球数を打ち、いろいろな打ち方を試しているものです。

それに対して、アマチュアゴルファーは普段からバンカー練習をしている人はほとんどいないでしょう。

どれだけ理論を学んでも、そもそものどうすれば成功するのかという経験が不足していれば、そうそうやすやすとバンカーショットをうまく打てるものではありません。

もし、普段行っているゴルフ練習場にバンカー用の打席が整備されているのであれば、毎回20~30発程度で構いませんからバンカーショットの練習をしましょう。

それだけでバンカーショットはみるみるうちに上達してくるはずです。

練習では、砂の上に1本のラインを引いて、そのラインを目がけてくらぶヘッドの入れるような練習をしてみてください。

実際にボールを打つ必要は必ずしもありません。いちばん手前から始めて、1回スイングするごとに前進してその線を消していくと良いでしょう。

それが済んだら、そのラインがボールのすぐ手前にあると思って実際にボールを打ってみましょう。

見違えるほど簡単にバンカーから脱出できますし、全く力が必要ないことも理解できてくることでしょう。

こういう経験を数多く積むことこそが、バンカーショットの苦手意識から脱却するのに役立ちます。

スポンサード リンク



こちらの記事もどうぞ!

  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • ロングパットのイメージも持ちかたロングパットのイメージも持ちかた ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カッ […]
  • バンカーで距離を打ち分ける方法バンカーで距離を打ち分ける方法 ゴルフ初心者にとってバンカーから距離を打ち分ける方法は、どちらかと言えば難易度の高いテクニックかもしれません。 たとえば、トップ・オ […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ