バンカーショットのドリル

バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれません。

しかし、ほんの少しの工夫で砂をエクスプロージョン(爆発)させる感覚をつかむドリルはあります。

簡単にすぐに取り組めるバンカーショットのドリルから紹介してみます。

砂が無い場所でもバンカーショットの感覚をつかむことは可能です。ティッシュペーパーを四つ折りにしたものを準備てください。

その中心にボールを乗せるだけでも、何となくバンカー内にいるイメージが湧いてくるものです。

バンカーショットは、砂を「爆発」させるエクスプロージョンショットが基本のゴルフスイングです。

その感覚をマスターするためには、ボールとティッシュペーパーを一緒に打ち出すトレーニングをします。

2つを一緒に打ち出すためには、テッシュペーパーの折り端部分をインパクトポイントにする必要があります。

サンドウェッジのソール部分にあるバンスから接地させ、クラブヘッドを滑らせながら行うゴルフスイングを目指しましょう。

リーディングエッジ(刃)から接地させてしまうとヘッドはうまく滑らず、テッシュペーパーとボールが同時にフワリと浮かすことはできません。

室内でも、できるドリルは他にもあります。スポンジ製のボールとスケッチブックを用意してみてください。

バンカーショットと同じような状況を再現する為にボールの5cm~10cm手前の位置に、バンスからクラブヘッドをスケッチブックに接触させます。

そして、そのままクラブヘッドを滑らせることでスポンジ製のボールはバンカーから飛び出すボールのように柔らかい軌道を描くはずです。

スポンサード リンク


最後は、実際にコースに出るかバンカーの練習エリアのある練習場で試してみるドリルですが、米国では木製のプレートを使うドリルが一般的になっています。

砂の下に木製のプレート埋め込むことで、クラブヘッドが跳ねやすい状況をあえて作り出します。

このドリルの狙いはクラブヘッドを打ち込むようなゴルフスイングをするのではなく、ヘッドを滑らせて打ち出すイメージを体得することが目的になります。

また、先ほど紹介したテッシュペーバーのドリルを、実際のバンカーで試してもみても同じような効果が期待できます。

しかしバンカーショットの場合は、ゴルフスイングうんぬんよりもむしろメンタル面の持ち方がその成否に大きく影響を与えます。

「クリーンにボールにヒットしてホームランになったらどうしよう」とか「アゴの部分にボールが当たってうまく脱出できないかもしれない」といった不安を抱くのは望ましくありません。

バンカーではボールの手前を打つゴルフスイングをすれば良いのだと、ポジティブに考えることが大切です。

それから、バンカーショットはボールの手前を打つのだからダフリにするという感覚で臨むのも大きな勘違いです。

バンス部分から砂地に接地させ、砂の中でヘッドを滑らせても簡単に振り抜ける状況ですから、「ダフリ」とは違います。
ゴルフの準備
そして、バンカーショットは思い切りが必要です。

以前にも説明しましたが、インパクトの直前にスイングスピードを落とすのは良くありません。

自分で決めたフィニッシュに至るまで、しっかり振り抜く覚悟を常に胸に抱いていてください。

バンカーショットの本質

バンカーショットの本質を掴んでおくことは非常に重要です。

スポンサード リンク



基本的な考え方ですが、「バンカーショットは他のゴルフスイングとは基本が全く違う」と認識してください。

それは、ボールを直接的にゴルフクラブでヒットさせずに、砂の爆発力(エクスプロージョン)を利用して打ち出すショットという考え方が根底にあるからです。

砂の爆発力を生み出すのは、サンドウエッジというゴルフクラブの特徴である独特な形状のソールです、ソール部分が出っ張ったバンスの形状です。

バンスがリーディングエッジ(刃先)側よりも先に地面に接することで砂の爆発を起こすことが可能になります。

バンカーショットの一連の手順に関しては以前に説明しましたが、ダウンスイングからインパクトまでの最重要ポイントをもう一度確認しておきます。ポイントは、「打ち込んではいけない」ということです。

これまでの多くのレッスン書には書かれていることかもしれませんが「バンカーショット、即、打ち込む」という概念は捨て去ってみてください。

ボールの手前側をドスンした鋭角にクラブを打ち込んでボール出そうと必死になっても、リーディングエッジが砂に突き刺さるばかりで、砂は思ったほどエクスプロージョンせずに、ボールはうまくバンカーから脱出できません。

お勧めできる正しいバンカーショットのイメージは「クラブヘッドを砂の中で滑らす」というイメージです。効果的に砂を爆発させるためには、バンスをボールの手前5~10センチに鈍角に入れていくことは確かです。

入射角を鈍角にするためには、ボールに対してクラブヘッドを低く長く入れていくイメージを持つことが必要になります。
010
クラブヘッドがうまく鈍角に砂の中に入ったら、あとは躊躇せずに自分の決めたフィニッシュの高さまでクラブを振り切ることが大切です。

中にはインパクトの直前でスピードをダウンさせてフィニッシュがうまく取れないアマチュアゴルファーもいますが、それはバンカーショットでミスを引き起こす原因となるので絶対に避けるようにしましょう。

バンカーショットを苦手にするアベレージゴルファーは少なくありません。苦手意識をもった時、まず自分が使っているサンドウェッジ(SW)のチェックから始めます。

ソール幅が十分な広さがあるか、バウンスが多いかを再確認しましょう。バンカーショットは、ボールの真後ろにサンドウェッジのソール部分から接地させ、その際の砂のエクスプロージョン(爆発)で打ち出すことはもう頭では理解できていると思います。

そのため、砂をエクスプロージョンさせやすいソール形状が必要になります。即ち、ソール幅が広く、バウンスが多いクラブほどバンカーショットがやさしく感じます。

スポンサード リンク



もちろん、SWのクラブフェースをオープンにしてバウンスの効果を高めることも必要です。

しかし、近年のツアープロ達がバウンスが少ない(ローバウンス)SWを愛用する傾向があるため、それを真似して同じようなローバウンスのSWを使うアベレージゴルファーも少ないありません。

それが原因となって、クラブを変更したとたんに急にバンカーショットが下手になったという実例もあるほどです。

バウンス角が20°近くもあるオリジナルのSWを使っているゴルファーもいますが、市販品は10°前後です。

多くても14°ですから、20°という数字のバウンス角がいかに強烈なのかがわかるでしょう。

ここまで大きいと砂がカチカチに固まったバンカーは例外ですが、それ以外では容易に打ち出せる仕上げと言えるでしょう。

ゴルフクラブの次に大切なゴルフスイングのポイントをいくつか挙げてみます。

バンカーショットが苦手なタイプのゴルファーは大きく2タイプに分類できるのではないかと思います。

ボールを右足寄りにセットし過ぎた状態でヘッドを打ち込んでいるタイプとインパクトで振りぬかないでヘッドを止めてしまっているタイプです。

どちらのケースでも砂のエクスプロージョンはが少なくなって、うまく打ち出せなくなるでしょう。

最適なバンカーからのゴルフスイングを復習しておきます。まずボールを体のセンターよりも左足寄りにセットする必要があります。

サンドウェッジはクラブフェースをオープンにしてからグリップすること。ソール部分を体のセンターのポジションに打ち下ろすことが必要です。

そして、最大ポイントは、フィニッシュに至るまでヘッドをしっかり振り抜くことです。フェースをオープンにした上で、砂の抵抗も強いですから、60ヤードの飛距離を出すつもりでも実際には20ヤードがやっとです。

この距離なら比較的グリーンにボールは乗る確率が高まるはずです。フィニッシュに至るまで思い切って振り抜く気持ちを持ち続けることが、バンカーショットをやさしくしてくれるポイントです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリルタオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオル […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ