バンカーショットのゴルフスイング

バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。

バンカーショットはアプローチショットと同じように、スコアメークのカギになる基本のゴルフスイングです。

バンカーからピンに寄せることができればベストなことと言えるでしょうが、一番大切なポイントは1発でバンカーから脱出できることです。

SW(サンドウエッジ)の特長であるバンスを生かして、砂をエクスプロージョン(爆発)させて打ち出すゴルフスイングをマスターしましょう。

バンカーショットに苦手意識を持っている人は、おそらくかなり多いのではないかと思います。バンカーからの1発での脱出に失敗して焦り、2発、3発と続けてムキになって打ってスコアを目に当たられないように崩すというシーンは、よくあるものです。

バンカー恐怖症の人は、ひとたびバンカーにボールが入った途端、体がすくんでしまうという人も知っています。けれども、正しいバンカーショットのセオリーさえ理解しておけば、強く意識するほど難しいものではありません。一番重要なアドレスのセットアップから順番にバンカーでのゴルフスイングの手順を説明していきます。

  1. 〈アドレス1〉両足をそろえた状態で、クラブヘッドの先端を右に回してフェースをオープンに開いてグリップを決めます。
  2. 〈アドレス2〉開いたフェースをそろえた両足の中央に下ろしてから、ボールの後方にクラブヘッドをあてがいます。それからボール位置がスタンスの中央になるように両足を開いていきます。
  3. 〈アドレス3〉ターゲット方向よりも右に向いているクラブフェースが目標に対して正対させるため、左足を後方に引いてオープンスタンスをとります。自然な流れの中でボール位置は左足寄りになるでしょう。スタンス以外の体のラインは、目標ラインと平行を保ったまま構えます。
  4. 〈バックスイング〉右足にウエートシフトせず、体のラインにそってインサイド気味になるようにサンドウェッジを振り上げます。グリップ位置が右腰の高さに到達するまでに、コック(手首を内側に折る動作)を完成させておきます。
  5. 〈トップ〉この場合、位置を必要以上に気にすることはありません。ただ、オーバースイングにはならないようにしましょう。時計で言えば最大でグリップが、9時半の位置です。
  6. 〈ダウンスイング〉バックスイングした軌道に沿って、コックをほどかないままサンドウェッジを振り下ろします。
  7. 〈インパクト〉リストがヘッドの前に行くハンドファーストの形で、重心位置であるスタンスの中央にバンスから接地させます。バンスから接地させてください。
  8. 〈フォロースルー〉砂から受けるショックに負けないように、体を回転しながらウエートを左足に移動します。
  9. 〈フィニッシュ〉クラブをしっかりと振り抜くことが重要なことです。

スポンサード リンク


バンカーショットに苦手意識を持っているアマチュアゴルファーは多いようです。しかし、それでもゴルフスイングだけは、わかっている人が多いです。

上で説明しましたがもう一度ポイントを書いておきます。サンドウエッジ(SW)のフェースを開き、フェースを開いた分だけスタンスはオープンに構える。ボール後方にソール部分からヘッドを打ち込む。

バンカーショットはボールを直接ヒットせず、砂の爆発力を利用して打ち出すとお話ししましたが、別な表現をすれば意図的にダフらせるゴルフスイングということになります。

しかし、頭では理解していてもどうしてもイメージ通りに打ち出スことが難しいという人が多いでしょう。その根本原因はダフらせる方法が間違っているせいです。

バンカーショットを練習する環境はあまり作れないかもしれませんが、たとえばバンカー上に1本のラインを引いてから、そのライン上にソール部分から打ち下ろしているかを素振りをして確認してみてください。

バンカーを苦手に感じている人ほど、ラインの右手前側にヘッドが下りてきていることが多いでしょう。

SWのクラブフェースを上方に向け、フェースをオープンにして構えることまでは誰でもできているようですが、ダウンスイングが正しくできていない人ほど、引いたラインの手前にクラブヘッドが下りてしまいます。

アウトサイドからクラブヘッドを振り下ろすことがせきずに、自分が考えている以上にインサイドから振り下ろしているのがミスショットにつながる一番の原因です。

ボールをすくい上げようとしているゴルフスイングになって、クラブをインサイドに引く傾向があるのかもしれません。

では、どうやったらアウトサイドからクラブヘッドを振り下ろし、ボール1個分ほど後方の地点にソールから接地できるかという点が問題なのです。

その答えは、シャフトを立てたままの状態からダウンスイングすることが大きなポイントになります。シャフトを立てるイメージを持てると、グリップ位置よりもヘッドが下がることがなく、インサイドから振り下ろせない状況になるのです。

ここで覚えておきたいのは、ヘッド位置がグリップ位置よりも低くなるほどダウンスイングの軌道はインサイドアウトになりやすいということです。

ダウンスイングの時、グリップエンドをボールに突き刺すイメージが持てれば、シャフトを立たせて振り下ろすイメージが掴めるはずです。苦手なバンカーショットもこれで克服できるのではないかと思います。

バンカーの目玉は直角に

スポンサード リンク



以前、バンカーでの「半目玉」について説明しましたが、今回は「目玉」の場合のゴルフスイングについてです。手順は「半目玉」とほぼ同じになります。

ただし、ダウンスイングでは、鋭角的どころか直角的にクラブを振り下ろすイメージを持つ必要があります。

砂から受ける衝撃は「半目玉」の時以上になりますから当然フォロースルーは取れません。

インパクトと同時にフィニッシュというわけです。まさに「ドスンと打ったらそれで終了」というイメージで打ってください。

こうしたゴルフスイングを実現するには、下半身の安定がどうしても必要になります。両膝を外側に向ける「がに股スタイル」のスタンスをとることで、しっかりと踏ん張りましょう。

体重移動は必要ありませんので、アドレス時から既に左足に体重を乗せておくこともポイントになります。あとは、ためらう気持ちを持たずにクラブヘッドを振り上げて振り下ろすことが大切です。

このような「目玉」や「半目玉」になった場合、最も大切なのはメンタルの保ち方です。「ここから寄せて1パットでパーセーブ」といった欲張りな気持ちは持たないでください。とにかくバンカーから1発で出すことを考えましょう。ボールがピンに寄ればたまたまラッキーだけと思うことです。

ツアープロといえども、このような状況からのパーセーブは、非常に難しいと感じることでしょう。砂を薄く取ることなど絶対にできないわけですから、ボールにスピンがかかりません。そのため、ランを計算して手前から攻めることがセオリーになります。つまりプロの場合でも「ピンに寄ったらラッキー」な状況なのです。

バンカーショットでは、思わぬ「ホームラン」を打ち出してスコアを大崩れにしてしまうゴルファーも少なくないと思います。ボールを出そうという意識が強過ぎて、大きくスイングをしてトップしてしまうミスショットです。

ホームランを防止する手立てとしては、バックスイングでのトップのポジションを9時半におさめることです。「距離が足りない」と感じたら、フェースの開きを少なくしたり、フィニッシュ位置を高くするなどの方法で対処しましょう。

体重移動は必要ないことも忘れないでください。バックスイングで右足に体重を乗せようとすることや、左肩を下げて左足に体重をかけてスイングすることは、ダウンスイングの時にスエーを招きます。
006
それがインパクトのズレに結びついてしまいます。ウエートをシフトせず、コンパクトなスイングでボールの手前5~10cmを目標に打ちこむことです。

これさえ覚えて置けば、ミスショットも激減するでしょう。

目玉の場合はもちろん、通常のバンカーショットよりも難易度は高くなり、ゴルフスイングの仕方も大きく違ってきます。

スポンサード リンク



そうは言っても必要以上に怯えることはありません。

確実に1発でバンカー脱出できる手順を説明します。

バンカーで目玉になってしまった時、絶望的で追い込まれたような気分になった経験者も多いことでしょう。

ボールを高く上げてグリーンを狙ったものの、それが外れてボールがバンカーに埋まってしまうケースはよくあります。

グリーンに乗ってくれていればという後悔の気持ちに加えて、どうやって脱出すればいいんだと呆然となってしまうかもしれません。こうしたネガティブな思考が、さらなるミスショットを誘発してしまうのです。

確かに目玉でのバンカーショットは簡単なゴルフスイングではありません。普通のガードバンカーでのゴルフスイングなら、フェースを開きクラブヘッドのバンスを先に接地させ、砂の爆発力で脱出させるエクスプロージョンショットを活用します。

入射角は鈍角にして、クラブヘッドを砂の中で滑らすイメージでスイングすると、以前に説明してきました。しかし、目玉になった場合のバンカーショットは、その方法とは真逆の打ち方になります。

今回は、ボールが半分ほど砂に埋まった「半目玉」の状況でのゴルフスイングの手順についてです。この状態を英語では「フライドエッグ」と表現します。その言葉を使って説明するとすれば、ボールは黄身で、黄身を中心に円状に広がった砂が白身になります。

半目玉から脱出するためのバンカーショットのイメージは、白身の縁から丸ごと削り取る必要があります。手順は以下の通りです。
005

  1. クラブフェースは開かずにグリップします。その理由は、かぶせたり開いたりすると、ヘッドが砂に埋まったり跳ね上がったりしてボールをバンカーから打ち出すことができません。
  2. ボールの手前に盛り上がった砂の縁の上方にクラブヘッドをセットして、スタンスはややオープン気味にとります。
  3. 通常のバンカーショットの場合はハンドダウン気味ですが、それを弱めてリストをボールの前に出すハンドファーストの形を意識して作ります。
  4. バックスイングではコックしたリストの角度をキープしたまま、ダウンスイングに移ります。
  5. アドレスでセットした砂の線に対して、リーディングエッジから鋭角的にクラブヘッドを振り下ろします。バンスからではありません。
  6. ボールの周囲の砂を全て削り取る感じで強くインパクトします。
  7. 砂から受ける衝撃が強いので、大きなフィニッシュをとる必要はないです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングを途中で止めないゴルフスイングを途中で止めない 基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一 […]
  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • 一流選手のバンカーショット一流選手のバンカーショット 一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フ […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • ランニングアプローチの変貌ランニングアプローチの変貌 日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • フォロースルーで飛距離を伸ばすフォロースルーで飛距離を伸ばす ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実 […]
  • つま先下がりのゴルフスイングつま先下がりのゴルフスイング ボールが足よりも低い位置となるのが「つま先下がり」のライです。ゴルフ場の斜面でよく遭遇するシーンですので、この場合のゴルフスイングについて […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ