ダウンスイングのスタート

ダウンスイングのスタートは、右の大腿筋と右足首の巻き戻しから始まります。

トップスイングの段階で十分に巻き上げができていれば、スイング後半のダウンスイングはその巻き戻し運動で、蓄積されたエネルギーの放出です。

単純に言えばトップの位置から、「インパクト」の形を素早く再現すれば良いわけです。しかし、たとえ一瞬で通り過ぎる動作とはいえ現実はそう簡単なことではありません。

実は、ゴルファーが一番悩み、ミスショットを招きやすい場面がこのダウンスイングのスタートの瞬間なのです。

それは、トップの静的な状態から、ダウンスイングの動的な状態へ移行するきっかけをつかむことの難しさと等しいことなのでしょう。

そこでこの重要なポイントについて少し説明をしていきます。まずダウンスイングは、次の手順で動作します。

①クラブが親指指紋上に乗ったことを確認した後、下半身から少しずつ切り返す。

②クラブをトップの位置に残しながらも、右大腿筋と右足首が巻き戻る(左回転する)→右ヒザが左ヒザ方向へ捻り込まれる→腰が左回転する→腰の回転につれて上体も左回転する→左前腕が右前方に紋り出される→クラブはヘッドに重量があるため、左小指のリードで遅れて引き降ろされる→コックがより増大する→インパクトゾーンのアンコックで最大源のヘッドスピードに達する。

①の理由は、腕力に頼ったせっかちなダウンスイングのスタートでは、手打ちになる場合や、回転軸が右に倒れて体重が後ろに残る場合や、頭が下がってダフる場合や、右肩が左前に突っ込み回転軸が左に倒れる場合など、多くのミスショットの原因になるからです。

力まずにゆっくりとスイングすることが第一です。

②の理由は、クラブのヘッドスピードを最大に上げて、なおかつ目標方向に正確にショットするには、まず最初に体の中で一番ボリュームの大きい腰の部分を動かし、次にこの力を順々に伝えて最後にクラブヘッドを動かすのが、最も効率的なスイングだからです。

スポンサード リンク

筋力では男子に劣る女子プロが一般男子並みの飛距離を出すのは、彼女達の最大のボリュームである腰の回転力を、最大限に活用しているからできることなのです。

TVやネットなどで彼女たちの回転の開始のタイミングを学びましょう。ただ以前にも述べましたが、腰骨自体には回転運動をする能力は持ち合わせていません。

そこで回転軸を中心にして右方向に巻き上げた最強の右大腿筋と右足首を、左に捻り戻す動作によって腰を回転させるのです。

しかし、ここで誤解しないでいただきたい点は、現実のスイングの場合に意識するのは左腰で、大腿や足首の筋肉を意識して打つわけではないことです。

この下半身からの基本的なスタートは、うまくできれば問題ありませんが、人によってはタイミングがとりにくいと言われます。

その場合には、別のきっかけを、補助的に利用することで成功することがあります。

例えば右ヒザのねじり込みに左カカトの着地動作を連動させたり、巻き上げた左肩甲骨を意識して巻き戻したりするなど、左右からの良い補助的な動作を見付けましょう。

いずれの場合でも、ダウンスイングの一瞬にガニ股スタイルになるため「シッティングダウン」と呼称してアピールする人もいますが、これもあくまでも腰の回転運動に付随した結果でおきる現象なのです。

筋肉は、引き伸ばされている繊維が縮む際に力を発揮する組織です。縮んだ筋肉が伸びても力の根源とはなりません。

力こぶをいくら伸ばしても、まったく無意味だということです。腕力よりも背筋・腹筋・大腿筋をトレーニングで鍛えたほうが、飛距離は確実にUPします。

したがって、ダウンスイングの際に力を発揮する主役になるのは、巻き上げられた右大腿部の筋肉と右足首・右の胸筋、左半身の背筋と左腰上部の筋肉、それに腹筋などの部分です。

これまで強調して説明してきた右大腿でのスタートは、あくまでも主力であるほかの筋肉を動かす初期動作であって、以上のような筋肉の収縮力を総動員してスイングが成り立っていることを付け加えておきます。

筋肉の説明を少々多くいたしましたが、そうはいってもダウンスイングの開始のタイミングで、個々の筋肉の動きを考えている余裕などどこにもありません。

スポンサード リンク



やることは、グリップをトップの位置に置いたまま、ただひたすら腰を左後方に回転することにイメージを集中するという一点で構いません。

この腰の動きをマスターするには、クラブなしでトップの姿勢をとってから、左手でズボンのベルトの左端をつかみながら、その一方で右手の平を腰の右端後方に当てて、両腕で腰を回転させてみるとよいでしょう。

右腰と右ヒザが捻り込まれる様子が再現できるはずです。

これまで、何度も右ヒザの左ヒザ方向への捻り込みの重要性を述べてきましたが、あまりに過剰に右ヒザ頭を意識したスイングになると、かえってヒザ関節が伸び切ったり、あるいは曲がって前方へ突き出したりして、円滑な回転運動を妨げる要因になります。

あくまでも大腿筋を巻き戻し→腰を円滑にターンさせるつなぎ役だと理解してください。

一旦、腰の回転がスタートすれば、トップで伸びていた背筋は更にいったん引き伸ばされて、その後に収縮して腰と肩の回転のラグを生じさせて、クラブヘッドを加速する力の源となります。

腰が左にスウェイしない対策

ダウンスイングで腰が左にスウェイしない対策のポイントは、インパクトまで左足親指の付け根からカカトまでの部分(左足の内側)を地面から離さないように(めくれ上がりを防いで)に一生懸命に我慢することです。

腰の巻き戻しのタイミングでかかる力に左ヒザが負けて流れてしまうと、体重が左足外側に移りますので、軸が右に傾くようなミスショットに繋がります。

この状況になると、一般に「腰を切る」と表現される、脊椎を中心とした腰の左後方への回転運動ができるようになります。

「腰の切れ」を実感するためには、クラブを持たずに素手で構えてから腕を組み、腰を回すとよくわかるでしょう。

左右両側で爪先へ向けて回転するより、カカト後方に向けての回転運動のほうが、腰の切れが大きく感じられるはずです。

この動作を実際に補助する方法として、ダウンスイングの開始のタイミングで左カカトの着地を意識的に行って主導する方法や、インパクトのタイミングで左ヒザ・首の左付け根・左頬・コメカミが、左にブレないように固定する方法など、いくつかの手段があります。

さらに付け加えるとすれば「首の左付け根と左ヒザ内側を結ぶ垂直な線をイメージするなどもヒントになるでしょう。これは、二軸打法の根拠の一つに挙げられています。

スポンサード リンク



左回転の巻き戻しのエネルギーを身体の一部で受け止めて、スウェイにならないように腰を左後方に回転運動させるためには、かなりのパワーが必要となります。

プロゴルファーたちでも、インパクトの一瞬に必死の形相をしているのをテレビなどで見る機会もあると思います。

これは、主にこの左へのスウェイに堪えている姿なので、アマチュアに多い腕でボールを強打しているだけのゴルフスイングではないことを、よく憶えていてください。

何事もやり過ぎはよくありませんが、このスウェイ防止行為に関してもあまり強調し過ぎると体が硬くなってしまい、逆に円滑なスイングを妨げてしまいます。

結果的にスピードダウンにつながるということになります。
一方ダウンスイングの当初からボール目がけて上半身やヒザで向かい打ちに行くと、腰や軸がずれてしまうので避けたほうがよいといえます。

何事もやり過ぎは「百害あって一利なし」という言葉もあるくらいですからくれぐれも力み過ぎには注意してクラブを振りましょう。

以上に渡って、ダウンスイングのスタートの初期段階での腰の回転運動の重要性を強調してきました。

しかし、中には「意識はしていてもどうしても腰が左にスウェイして、回転軸が傾いてしまう」と訴える人も多いものです。このような方は次のような方法をとってみてください。

①スタンスを少し広げて構える

②左爪先の開きを小さ目にする

③アドレスの位置から、ただ黙々と「右向け右!」でトップを作りあげ、ダウンスイングでは単純に「左向け左」で両大腿部内側付け根の筋肉を締め付けるイメージでショットする。

④ダウンスイングで先ず左カカトヘ体重を戻すのも有効です。

スポンサード リンク



③は極力回転軸をブレを防いで、その場で回転運動するいわゆる「I字型」のスイング方式です。

窮屈さを感じなければ安定性は増しますし、主に長尺クラブを愛用している方向きの打ち方です。

こちらの記事もどうぞ!

  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • フォロースルーからフィニッシュへフォロースルーからフィニッシュへ ゴルフスイングとはけっして分断されるものではないことは繰り返し説明してきましたが、フォロースルーからフィニッシュの場合もまったく同じことが […]
  • トップ・オブ・スイングの位置とチェックポイントトップ・オブ・スイングの位置とチェックポイント トップ・オブ・スイングの位置 トップ・オブ・スイングの位置が決まらないとゴルフスイングは安定感を欠いて飛距離も方向性もバラツキが大き […]
  • ゴルフスイングの始動のタイミングゴルフスイングの始動のタイミング ゴルフというスポーツに近い例として野球を考えて見ましょう。打撃本来の技術にプラス、タイミングがあるでしょう。 タイミングがよく合えば […]
  • グリップの重要性グリップの重要性 グリップはゴルフスイングの基本の中でも最重要 ゴルフの世界でよく言われる有名な言葉が「ゴルフスイングの80パーセント以上はグリップと立ち […]
  • フルスイングの基本フルスイングの基本 ゴルフボールを目標地点に運ぶためのフルスイングを目指しましょう。フルスイングと聞くと誤解されやすいので、最初にこの点について説明しておきま […]
  • アドレスの前傾と体重配分アドレスの前傾と体重配分 自分に最適なたアドレスの前傾角度を見つける方法として、立って本を読む姿勢から本をボールの方向へ向けた角度が丁度よいという意見もあります。 […]
  • インパクトのイメージと形を作るインパクトのイメージと形を作る グリップとアドレスがしっかりと定まれば、次はいよいよゴルフスイングのスタートとなります。今回は、インパクトをテーマに話を進めていくことにし […]
  • ゴルフスイングではグリップエンドはへそを指すゴルフスイングではグリップエンドはへそを指す ゴルフスイングの基本としては、グリップは体の正面で作られますから、ちょうどへそを指すイメージが正しいでしょう。グリップエンドはいわば体のセ […]
  • 正しい軸回転と合理的なグリップ方法正しい軸回転と合理的なグリップ方法 正しい軸回転と合理的なグリップ方法についてです。 「あご軸」を意識することが、ゴルフスイングの安定性を高めます。肩と腰をうまく回転運 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ