インパクトのイメージと形を作る

グリップとアドレスがしっかりと定まれば、次はいよいよゴルフスイングのスタートとなります。今回は、インパクトをテーマに話を進めていくことにしましょう。

誰もが気にする部分はインパクトではないでしょうか。インパクトに関する説明は難しいところがたくさんあります。

実はたくさんのゴルフレッスン書などに目を向けてみても、この「インパクト」に開する説明はなかなか見つかりません。

よくありがちなのは「インパクトはスイング中に起こる一瞬のものだから意識しすぎるな」とか「何万分の一秒の瞬間のことなどわかる訳はない。気にせず一気に振り抜こう」といったようなことしか述べられていません。

しかし、事前にインパクトのイメージを把握して、それを意識しながらバックスイングやフォロースルーに移るのと、肝心のインパクトについては中抜きでやたらとクラブを振り上げて、ボール目がけてクラブを叩き付け、フィニッシュの姿勢ばかりを気にするのとでは大きな違いがあるでしょう。

また「インパクトはアドレスの再現」とよく一言で済ましている本も見かけます。

一見正しいことを述べているように感じますが、この例などは長年ゴルファーを迷わし続けてきた最たる言葉です。

もう皆さんもおわかりかと思いますが、プロゴルファーや上級者のスイングフォームを、テレビ中継やビデオ、DVDなどの連続写真で見ると皆ばらばらです。

しかしよくよく見ると、インパクトの瞬間だけは判で押したように同じになっています。落ち着いて考えてみれば当然の話で、インパクトがバラバラでは良いショットが安定的に出るわけがないのです。

ゴルフスイングの基本カテゴリ2 この点は、アマチュアゴルファーのスイングと一番に異なるポイントです。

つまり、プロゴルファーは安定的なインパクト作りを目的にして、それぞれが個性的なスイングとなっているのでしょう。

インパクトの形を作る

スポンサード リンク

インパクトの形をあらかじめ作って理想のフォームを実体験してみましょう。最初はドライバーのフェースを、室内で柱か椅子の脚などに当ててアドレスしてみましょう。

ティーアップのイメージを掴みやすくするため、本などを重ねて高さを調節するのも良い方法でしょう。

柱や椅子の足とクラブの接点が左足カカト線上にくることを理解してください。その位置でクラブシャフトを飛球線と直角に保ち、ソールを地面に付けたまま、グリップしてセットアップしてみます。

ここからが非常に大切なポイントとなりますが、クラブシャフトをまったく動かさずに、さらに頭の位置と回転軸も動かさずに、ゆっくりと左方向に回転して、クラブを柱(椅子の足)に押し付けていきます。

この動作の時、左腰・左肩・左腕などの左サイドで引くタイプの人と、右腰・右大腿部・右膝などで押していく方がラクに体を回せる人がいて、後で述べますがバックスイングのきっかけ作りの大きなヒントになります。

ここで注意すべき点は、急激に動かさずゆっくりと押し付けることです。急いでしまうと腰が左横に突き出ることで、背骨の回転軸が右側に傾きやすいです。

この動作から、インパクトの際に必要不可欠な以下のポイントを確認してみましょう。

①腰が、飛球線に対して約45°左後方(注:左横ではない)に回転していること。腰自体には回転運動する能力は存在しないので、右大腿と右ヒザのねじり込みで腰が回されること。

②肩の線は(腰よりも小幅ですが)左方向に開き、一般に言われている「飛球線と平行」ではないこと

③右ヒザが、足首の左回転によって、左ヒザ方向にねじり込まれていること

④左ヒザは、左足親指付け根およびカカト内側との三点の共同作業でブロックされ、腰の左横への突き出しを止め、スウェイを防いでいること。

この三点ブロックが一般に「左の壁」と呼ばれるものです。飛距離と正確さを生みだすインパクトでのキーポイントになります

⑤左腕は体の回転に引かれるようクラブシャフトと一体化して、左脇は締まった状態でいること

スポンサード リンク



⑥右ヒジは伸び切ることなく、左手甲は飛球線と直角に向いて、右手の平はやや下向きな感じになること

⑦グリップエンドは、右大腿部付け根の直前にあること。これは、腰が先行して回る結果のことです

⑧体重移動は、当初の右足6割から左足6割位に少しだけ移る感じになること。ただ感覚的にイメージで言えば、むしろ体重が右側に残って、右足はベタ足に近い状態で、カ
カトがわずかに浮いている(上げ過ぎは回転軸の右傾化を招く)こと。

これをチェックするには、片足を体重計に乗せて、逆のの足は同じ高さに積んだ本などの上に乗せれば計れます。回転運動では体重の移動はほとんど起こらないようになります

⑨頭と回転軸である背骨は、アドレスの時の位置と変化していないこと

以上の9つのポイントから、「インパクトはアドレスの再現」という表現とは、全く異なる姿勢であることがよくご理解いただけたでしょう。

アドレス時と変わらない(いや、むしろ変わってはいけない)のは、グリップを合むクラブの位置と、頭と回転軸の位置だけのようなものです。

実際にスイングした場合、頭が後ろに残って見えるのは、右腰の回転運動による結果であり、頭の位置は不動なのです。

このドライバーでの例では、フラットスイングであるのため、左横へ押し付ける形になります。しかし、アイアンクラブは短いため、スイングのアークがたて振りに近くなって左へ押すというよりも地面に押し付ける形に変化していきます。

この結果、インパクトでの肩も飛球線と平行になります。アイアンは構造上クラブのロフト角が大きいため、当初からウッドクラブより左側に体重がかかり、ボールより左に手が出た形で構えます。

インパクトの時も同様に迎えます。そして、ターフが取れるのもそのためなのです。

このようなインパクトの形をあらかじめイメージして、これを頭に描きながらショットするのと、バックスイングとフィニッシュのイメージだけが先行してやみくもに振り回すのでは、スイングの安定度でも飛距離でも大きな差が出るでしょう。

ぜひインパクトの感覚をしっかり体に覚えこませてください。スランプに陥ったら、必ずここへ戻りましょう。

インパクトエリアでパワーを掛けることの間違い

以上で述べてきたのは静的なインパクトのイメージでしたが、動的に考えるとどうなるでしょうか。

スポンサード リンク



大部分のプレーヤーは、インパクト直前になると形相までもが変わって力を入れます。

しかしダウンスイングのタイミングではシャフトは、まずトップからヘッドの重みでしなり、ヘッドの加速につれて途中で追い越され、インパクトでグリップとヘッドがアドレスの形に戻った時点では、シャフトが一番遅くなり紐状に逆にしなります。

この振動状態で力を入れてもまったく意味がありません。クラブは体と腕に振られるだけの感じで、8割スイングを目指せばよいでしょう。

インパクトのイメージと形を作ることの難しさを少しはご理解いただけたでしょうか。ゴルフスイングにとってインパクトは難しい上に重要な部分であることは確かです。

自分らしいインパクトの確立を一日でも早く実現したいものです。

インパクトのイメージを付け加えると

インパクトのイメージを付け加えると右手の平でボールを押す感覚と考えるとわかりやすいのかもしれません。

バックスイングでは体を右方向にに回転させて、トップ・オブ・スイングの位置を境にして、ダウンスイング以降は胸がターゲット方向に向くまで体幹は左に回転することになります。

体幹の回転運動と連動する形で腰と肩も回転して、そこから腕や手、最後にクラブが振られることになります。

その場合、腕や手は体幹と一緒に動いていくわけです。

腕をどんな具合に振るべきかとかクラブを上げる方向はどうしようなどといった感じで手先の動きに意識が向いてしまえば、ゴルフスイングのパワーの源である体幹の回転がすぐに弱まってしまいかちです。

最近のドデカヘッドのドライバーでは、重心距離が長いという特徴あるためにフェースターンは難しくなっています。

しかし、だからといって恣意的に両手を素早く返せば済むという話でもありません。

インパクトでクラブフェースがいち早くスクエアの位置に戻りやすくすることを考えると、ストロンググリップに握ることで対策すれば良いわけです。

右手のひらとフェース面

右ヒジは下を示すような状態でパックスイングする際には、右手のひらはボールをダイレクトに打つようなイメージでインパクトを迎えると良いでしょう。

スポンサード リンク



さらに、体幹は左方向にターンさせつつ右手のひらはボールをターゲット方向に向かってプッシュしていくように振り抜くことにします。

これが正しいインパクトにおける右手の使い方としてイメージすることができれば自然にフェースターンが実行することが容易になって、フェースのスイートスポットでボールをとらえることが可能になってきます。

このような右手のひらでボールをプッシュするようなインパクを生み出すためには、手先の動きに頼ったようなスイングは避けるべきでしょう。

積極的に腕を利用したゴルフスイングを狙ってしまうとインパクトでは両手が先行しがちになってフェースが開いてしまうことが増えます。

さらに、両手を返すタイミングが理想的な状態より早くなりぎてフェースがかぶった状態でボールに当たるケースや、ボールを大きく曲げてしまう結果を招きかねません。

身体は左にターンしながら右手でプッシュすること

更に言えることは、ダウンスイング以降でまだ体重が右足に残った場合は右手のひらでボールをプッシュするイメージのインパクトをつくることは難しいのです。

ダウンスイング以降においては体幹部を左にターンさせつつ、それに連動する形で腕や手が大きく振られてクラブヘッドが加速することになるわけです。

腕や手を速く振るという意識ではなく、体のターンと連動することで左足側にウエートシフトして、クラブヘッドの重さを十分に生かしてスイングすることができればヘッドスピードも自然にアップしていくことでしょう。

ウエートが右足に残ったままの状態では体幹を左にスムーズに回転させることは難しいので、ヘッドスピードが上十分に上がりません。

体幹がスムーズに回転する状態を作れないと、腕を無理に速く振ろうとしてしまうことで腕が安定せずに、インパクトではフェースの開閉が生じてミート率を低下してしまうことでしょう。

そのため、左手でクラブを持ちながら、右手のひらを広げた状態でシャフトに当てながら、スローペースで素振りしてみる方法が有効になります。

体幹部を左にターンさせつつ、右手のひらでボールをターゲット方向に押し込むような感覚でインパクトの形をつくることが第一条件です。

その後で、さらにフォロースルーヘと振り抜いてしまうのです。

インパクトの位置ではフェース面はスクエアな状態となって、そのまま右手のひらでプッシュするようになれば、体幹のターンに連動した形でクラブヘッドがインサイドの方向に振り抜かれるため、フェースの閉じ具合も自然な状態になるでしょう。

スポンサード リンク



こちらの記事もどうぞ!

  • フォロースルーからフィニッシュへフォロースルーからフィニッシュへ ゴルフスイングとはけっして分断されるものではないことは繰り返し説明してきましたが、フォロースルーからフィニッシュの場合もまったく同じことが […]
  • ゴルフスイングの始動のタイミングゴルフスイングの始動のタイミング ゴルフというスポーツに近い例として野球を考えて見ましょう。打撃本来の技術にプラス、タイミングがあるでしょう。 タイミングがよく合えば […]
  • スイングでの腕の役割スイングでの腕の役割 ゴルフスイングにおける基本的な腕の役割に関して説明しておきたいと思います。 ゴルフスイングの基本となるスイング動作中に、腕や手首がど […]
  • ゴルフスイングではグリップエンドはへそを指すゴルフスイングではグリップエンドはへそを指す ゴルフスイングの基本としては、グリップは体の正面で作られますから、ちょうどへそを指すイメージが正しいでしょう。グリップエンドはいわば体のセ […]
  • クラブの進化とゴルフスイングの変化クラブの進化とゴルフスイングの変化 クラブの進化とゴルフスイングの変化について説明しておきましょう。 スポーツにおいては道具の進化がプレーに及ぼす影響、記録などに大きく […]
  • 正しい軸回転と合理的なグリップ方法正しい軸回転と合理的なグリップ方法 正しい軸回転と合理的なグリップ方法についてです。 「あご軸」を意識することが、ゴルフスイングの安定性を高めます。肩と腰をうまく回転運 […]
  • アドレスの前傾と体重配分アドレスの前傾と体重配分 自分に最適なたアドレスの前傾角度を見つける方法として、立って本を読む姿勢から本をボールの方向へ向けた角度が丁度よいという意見もあります。 […]
  • ダウンスイングのスタートダウンスイングのスタート ダウンスイングのスタートは、右の大腿筋と右足首の巻き戻しから始まります。 トップスイングの段階で十分に巻き上げができていれば、スイン […]
  • フルスイングの基本フルスイングの基本 ゴルフボールを目標地点に運ぶためのフルスイングを目指しましょう。フルスイングと聞くと誤解されやすいので、最初にこの点について説明しておきま […]
  • グリップの重要性グリップの重要性 グリップはゴルフスイングの基本の中でも最重要 ゴルフの世界でよく言われる有名な言葉が「ゴルフスイングの80パーセント以上はグリップと立ち […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ