高い位置を狙うアプローチ

ゴルフコースには起伏もありハザードも待ち構えているので、ボールが飛んだ位置によっては高い場所に飛ばすアプローチショットが必要な場面にも遭遇します。そんな状況下でどんなアプローチをすべきかをまとめてみました。

ロフト角よりも更に高い球筋を狙いたい

高いボールを打つ場合には、まずボールを上げやすいアドレスフォームを取ることが第一条件です。

例えば、どうしても越えなければならない高い木があれば、その頂点に目線を合わせてアドレスしましょう。そうすることによって、自然に右肩より左肩が少し上がった構え方になって、ボールを上げやすくなるでしょう。

ボールはドライバーショットの場合のボールの位置と同じ要領で左足かかと内側線上にするか、もしくはボール1個分くらい左に出してセットします。

ボールを中へ寄せて置くほど球筋は低くなります。ボールを左に置く理由は、アッパーブローでボールをとらえたいためと考えてください。

アッパーとまで言うと大げさかもしれませんが、少なくともスイープする軌道でボールをヒットすることを目指します。ボールの位置が左に寄っていることで、それだけでも高い球筋に打てるようになります。

ボールを左に置くという状況では、シャフトはハンドファーストの角度にはならないことになります。手とシャフトの角度はほとんど垂直になるか、むしろボールより手のほうが後ろにくるくらいになります。

アイアンを使う場合であっても、この場合はむしろドライバーに近い構え方をすべきだということです。

スタンスは普段よりもオープンにして構え、クラブフェースはその分開いた形になって、ターゲットに対してはまっすぐ向けたセットアップにします。

スポンサード リンク

そうすることで、リアルロフトがさらに加わりボールを高く上げることが可能になってくるのです。肩と腰のラインはターゲットラインに対して平行になるようにします。

スイング自体は肩のラインと平行の軌道を心がけて、クラブヘッドをターゲットに向けて振っていきます。インパクトのタイミングでは力を緩めることなく、左手のグリップをしっかりと握って振り抜いていくイメージです。

こうすることで、頂点に向かって強く高い球筋のボールが飛び出すようになるでしょう。これがロフト角よりも更にボールを上げたい場合の基本的なやり方です。

木越えのアプローチショット

木越えのアプローチでは、右足に体重をかけて頭を残すことでボールは高く舞い上がるようにします。

セカンドショットが大きくそれてしまって、グリーンまでが立ち木越えになる状況でのゴルフスイングに関して説明します。

この場合によくありがちなミスショットは、ボールをすくい上げようとするスイングになることでしょう。気持ちとしては十分に理解できるのですが、おそらくは成功しないはずです。

ここで誤解の無いように述べておきますが、ボールを上げるのはあくまでもゴルフクラブの口フトがメインであるといういうことです。

この状況ではウェッジを使うことになるかもしれませんが、前方の立ち木の高さを判断した場合、これで充分に木越えができるはずだと思います。

もしも、更に高い木越えをしなければいけない状況であれば、このサンドウェッジをさらにオープンフェースにしてかまえるという手段も残されています。

ただしこの場合はスタンスもオープンにする必要があることを付け加えておきましょう。

もう1つカギになるのはボールのセット位置です。左足寄りにセットすればするほど、ボールは高く上がりますが、ここでは左足のかかと線上にすることです。

スポンサード リンク



オープンスタンスにしたことを考慮して、その分両足の中央に見える位置にするということで理解しましょう。

スイングする際の注意点は右足に幾分体重が残るような意識でスイングしましょう。

このことが意味するのは頭を後方に残せるだけ残してインパクトを迎えることができるということです。

また、さらに高い木越えを狙う場合には、アドレスする際に立木の頂点を斜めに見上げることで、その右傾斜を保ったままスイングする必要があります。

そうすることで、フォロースルーも自然に高くなっていきます。この場合、弾道が高くなる分だけ通常よりも飛距離は短くなるのでその点は注意しましょう。

バンカー越えのアプローチ

バンカー越えのアプローチでは、ヘッドアップは極力避ける意識が必要です。ロフト角にまかせて大胆にショットするべきでしょう。

バンカー越えという状況を想像すれば、多くの人がプレッシャーにおそわれるということが容易にわかるでしょう。

目の前にバンカーが待ちかまえていると考えただけで、打つ前から緊張してしまうことが一般的な心理状態です。

これがスムーズなスイングを遠ざける原因になります。また、ダウンスイングのタイミングでターゲットの方向を見ようとしてヘッドアップを招いてしまう原因にもなるでしょう。

目の前のバンカーを避けようとするつもりが、むざむざとそのバンカーに打ち込んでしまうというのがこの状況でありがちなパターンと言えるでしょう。

こうした悪循環から逃れるためには、目の前からバンカーを消去してしまうことです。もちろん、意識の上での話です。バンカーの存在を意識から完全に消し去ってしまえれば良いわけです。

バンカーがなければヘッドアップも起こらないでしょうし、ただびたすらボールをしっかりと打ち抜くことだけをイメージすると良いでしょう。

この場合に最適なゴルフクラブはサンドウェッジを使用するということになります。とは言え、ピンポジションが遠い状況であれば、ピッチングウェッジを使用するという手もあります。

スイングしている間は上下動するスエーも絶対に避けて、体の軸をしっかりと維持してボールだけに意識を集中しましょう。

スポンサード リンク



それができればクラブのロフトが確実にボールを高い角度で打ち上げてくれるでしょう。無理にすくい上げたり、小手先だけでボールを上げようとするのは間違いです。

そうすればするほど、弾道は逆に低くなってしまいます。ここでもオープンスタンスをとり、アップライトなバックスイングからクラブヘッドを打ち下ろしていくようにします。

これで、必ずイメージ通りの弾道でボールが飛んでくれるはずです。この類のショットはもともと難しいものなので失敗して当たり前というくらいの気持ちを持ちましょう。

とにかくヘッドアップを避けることを意識しながら大胆にのびのびとボールを打つことが大切です。そうすることで想像以上のナイスショットになる可能性が高まります。

クラブの持つロフト角が自動的にボールを舞い上げてくれるものだと確信できるるようになれば、バンカー越えはもう恐れる気持ちにならないはずです。

砲台グリーンに対するアプローチショット

砲台グリーンに対するアプローチショットはフラットなグリーンより2,3割大きめに打つ感覚でちょうど良いくらいです。

グリーンが高い位置にあるのが「砲台グリーン」と呼ばれるものです。この場合、フラットなグランドと同じ感覚で距離を合わせようとすると、ほとんどの場合はショートになります、

グリーン面が高くなっている分だけ、実際の距離より飛距離を長くする必要があるからです。

そのため、ベストな距離感でうまく打ったとしても、結果的には手前の土手の部分にぶつかって転がり落ちてしまうことが起こるわけです。

ピンの位置にもよりますがこの場合は、平地のグリーンに比べて2~3割ほど大きめに打つくらいの間隔でちょうど良いくらいになります。

グリーンの奥側に広いスペースがあれば、少しぐらいオーバーしても問題ありません。ショートして手前に転がり落ちるミスを考えると絶対的に奥川に乗せた方が有利です。

スポンサード リンク



スイングに関してはトップ・オブ・スイングとフィニッシュが左右対称のシンクロになるように心がけましょう。

インパクトはその中間地点だと思えばよいのです。これだけのシンプルなゴルフスイングをすることで、結果的にはナイスショットを導き出してくれるはずです。

ボールをセットするポジションは両足のほぼセンターとして、スイング軸は左足をメインに使います。

ただし、ボールを確実にヒットするためには、フィニッシュであまり重心を左サイドにシフトさせないことが大切です。

頭をしっかりと後方に残して、意識の上では右半身にウエイトを残すようなイメージで臨みましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチと素振りアプローチと素振り ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。 […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • ランニングアプローチの変貌ランニングアプローチの変貌 日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを […]
  • ラフと林からのアプローチショットラフと林からのアプローチショット ゴルフスイングの基本を試されるシーンは、コース攻略における、最大の難関とも呼ぶべきなのはラフからグリーンをねらうアプローチショットです。 […]
  • ピッチ&ランのゴルフスイングのポイントピッチ&ランのゴルフスイングのポイント アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ラ […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • ゴルフコースの傾斜地ゴルフコースの傾斜地 ゴルフコースは遠くから眺めるといかにも平坦に見えますが、必ずしもそうとは限りません。 丘陵コースは起伏の激しいのでもちろんですが、完 […]
  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ