冬場のアプローチとフェードボール

冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。

芝が枯れた冬場のゴルフコースの場合、ボールのライの状況が悪くなっています。

そのため、アプローチショットが夏場に比べて難易度は上がってきます。

芝が生えそろった季節でもアプローチショットを苦手としているゴルファーには、この苦手意識が一層強まるのだと思います。

ここで、フェードボールを打つゴルフスイングの感覚をアプローチショットにも生かすことができたなら、もうアプローチも怖くはありません。

アプローチのミスショットの代表選手は、ヘッドが振り抜けずにインパクトで手が止まってしまう「チャックリ」が挙げられます。

インパクトでクラブヘッドが止まってしまう理由は、ヘッドを振り抜けない軌道でゴルフスイングをしているためです。

この状態を矯正する働きがあるのが、フェードボールを打つイメージを持つことです。ボールに右回転のサイドスピンをかかる軌道でゴルフスイングしてみましょう。

具体的にどうするかといえば、まずバックスイングでクラブヘッドをアウトサイドに振り上げます。

そして、ダウンスイングではインサイドに振り抜くようにします。アドレス時に右手首で作った「くの字形」をそのまま維持してインパクトを迎えて、インパクト以降ではグリップ位置が体の中央からズレることがないように、体の回転にシンクロさせたまま振り抜くことがポイントになります。

ボールが枯れた芝の上に乗っていたり、芝目が逆目だったりするライの状態が悪い状況では、ヘッドが突っかかりやすくなって、ピンが近いほどクラブヘッドをストレートな軌道で振ろうとしがちです。

このような状況でも、アウトサイドインの軌道でボールに右回転のスピンを加えるイメージでスイングすれば、フィニッシュの位置までクラブヘッドをしっかり振り抜けるようになって、チャックリのミスショットを防ぐ効果があるのです。

スポンサード リンク


これを応用したテクニックとして、インパクトの際にクラブヘッドをヒール側から打ち込んで、トウ側へとボールがフェース面を斜めに振り抜く軌道のゴルフスイングを試してみてください。

上級編かもしれませんが、ボールに対してヘッドが鋭角的に下りてくるようになるため、ボールのファーストバウンドからバックスピンがかかり、ランが抑えられたアプローチショットになります。

このゴルフスイングもインパクト以降はインサイドに振り抜くことがポイントになります。
005
グリーンに近くなるほど、ピンに寄せたい意識が高まって、クラブヘッドをピン方向に振り出そうとしがちです。

実は、それがクラブヘッドの突っかかりを招いてしまうわけです。

クラブヘッドがスムーズに振り抜けるような理想的なアプローチショットにつながること学んでください。

グリーンの外からパターで寄せる

冬場や風の強いときのアプローチでは転がすことができればそれに越したことはありません。

エッジからボールまでの距離が全体の4分の1に納まるくらいであれば大丈夫と判断して良いでしょう。

冬場のアプローチショットでは、まずパターでいけるかどうかを優先的に考えましょう。パターでも大丈夫と判断で来たら、ウェッジで打つよりも安全かつ確実な手段です。

パターでいけるかどうかの判断基準は、ボールのライと、ボールからグリーンまでの状態と距離となります。深いラフであれば困難でしょうが、フェアウェイより少し長い程度のラフであれば問題ありません。

スポンサード リンク



芝つきの悪いライや芝の枯れている冬場では、むしろパターでアプローチしたほうがずっとやさしいはずです。

グリーンを少し外したエプロン程度ならパターで寄せられますが、グリーンから1~2メートルも離れていると距離感に不安があるという人もいるでしょう。

距離があまりにも長いと不安でボールからグリーンまでの状態が気になるものですが、次のような点で判断すればOKです。

グリーンからどのくらい離れた位置からパターが使えるかについて、パター使用が可能な目安は先ほど述べたようにピンまでの距離の4分の1までです。

ピンまで12ヤードとすればエッジから3ヤードまで、ピンまで20ヤードとすればエッジから5ヤード離れた位置まではOKと判断するわけです。

グリーンに近いからといってもパターでもOKで、離れているからNGとは言い切れません。

たとえば、ピンがエッジから3ヤードの位置にあり、ボールがエッジから1.5ヤードの場合はパターだと、逆に難しくなります。

エッジまでの1.5ヤードをクリアできる強さで打つと、ピンをオーバーすることがほぼ確実だからです。打つ距離の4分の1までが、パターの守備範囲と認識しておきましょう

これで冬場のアプローチショットでは苦手意識を持たずに済むようになるでしょう。

アプローチショットの種類

ピッチ&ランとロブショットの概要について触れておきます。

各アプローチショットの具体的なゴルフスイングに関しては、次回以降に順次説明していこうと考えています。

◆ピッチ&ラン
特徴 キャリーとランの比率がが、ほぼ5対5になるアプローチショットです。確実にグリーン上にキャリーさせてから、ランで転がしてピンに寄せる方法です。

条件:ボールの位置よりも段差などがあってグリーン面の方が高く、ボールとグリーンエッジのとの間に障害物(たとえば、ラフやバンカーなど)がある場合に適したアプローチ方式です。

さらにグリーンエッジからピンまで比較的距離が残っていて、ランを使える状況であることが前提条件になります。

スポンサード リンク



使用クラブ:9番アイアン以上ロフトのあるPW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)といったウェッジ類がよく使用されます。これは、ボールを上げる必要性があるからです。

◆ロブショット
特徴:アプローチショットの中でも特別なシチュエーションで使用するゴルフスイングです。

ランがほとんど使えずに、キャリーだけでピンに寄せる必要のある厳しい状況で選択されることが多いショットです。

条件:ボールとグリーンの間にハザード(バンカーやラフなどのがあり、グリーンエッジからピンの間が短い場面や、2段グリーンの段差近くにピンがセットされていてえ、ランを使ってはピンのある段には寄せることが困難な状況で必要とされます。

使用クラブ:最大にロフト角のあるSW(サンドウエッジ)を選択する場面です。ボールを高く上げて、ボールの自重を活かすことによってボールを止める打ち方が必要だからです。

前回のランニングアプローチと合わせて、以上が基本的な3種類のアプローチ方法です。

その場、その場の状況次第で頭に描いたイメージ通りのボールの軌道を実現する必要がありますので、テクニックをしっかりと身に着けておかなければならず、付け焼刃ではボロが出ます。

ここで、頭の隅に入れて置いた方が良いことは、アプローチショットに「過大な期待」を持つことは禁物だということです。

ツアープロの思考では、アプローチをする前に「絶対にパーセーブする」という考え方になります。

しかし、アマチュアゴルファーであれば、「ここから3打以内でおさめる」と考えて大崩を防ぐほうがベターだと言えるでしょう。

ひと言で言えば「ボギーで十分、パーならラッキー」くらいの意識の持ち方です。
006
過大な期待をして、ランニングアプローチでチップインを狙ったはいいが、カップを大きくオーバーさせてしまうような状況は好ましくありません。

ピッチ&ランで「これを寄せなけらば」とメンタル面で緊張してザックリやトップのミスもいただけません。

スポンサード リンク



こうしたミスショットは、ドライバーやアイアンのミスショットよりもはるかに心理的なショックが大きくなるのは既に経験済みも方もいらっしゃるのではないかと思います。

さきほどのような「過大な期待」を持たない意識で臨むことができれば、テクニックの面でもスムーズに対応できるはずだと思います。

フルスイングの縮小版がアプローチショットの基本と覚えておけば、まず間違いがありません。

グリーン周りのラフからのアプローチでも、ヘッドスピードはインパクト前に減速させることなく、フルスイングと同様クラブヘッドを加速させながら打つのがゴルフスイングの基本です。

ラフにボールが沈んでいる状況では、芝の抵抗に対抗するためにグリップを通常よりも強めに握ることも必要になります。

だからといって、強めにグリップしたからゴルフスイングまで強く振ろうとしたのでは、ヘッドスピードは減速されてしまいます。

その上、ヘッドをボールにぶつけるようなゴルフスイングでは、ラフから打ち出せなくなるので注意するようにしましょう。

ヘッドスピードを加速させながらスイングする具体的な方法をどうすればいいのかがポイントになります。

その点で肝心なのが、アドレス時の右手のリストの角度です。ボールをスタンスのセンター、もしくはボール1個分程度右足寄りにセットするところからはじめます。

グリップの位置が左太ももの前に来るハンドファーストの構えを取ってから、右手のリストは前から見て「逆くの字形」にします。

この「逆くの字」形の右手リストの角度をフォロースルーまでキープしながらスイングすることが肝心です。

このフォームはラフからに限った話ではなく、グリーン周りからのアプローチショットでも重要なポイントです。

アプローチショットが苦手だと感じている人の多くは、ダウンスイングで右手のリストを手のひら側に曲げて「くの字形」になっていることが多いようです。

つまり、ボールをすくい上げるゴルフスイングになっています。ボールを上げるのは、ロフトの役割なのです。

ゴルフスイングでボールを上げようとする動作は必要ありませんし、やってはいけないことです。

スポンサード リンク



ボールを上げたいならフェース面をオープンにして上方に向ければそれで良いわけです。

こうした点がグリーン周りからのアプローチの基本となるゴルフスイングです。

ダウンスイングでは、テークバックでクラブヘッドを振り上げた軌道に沿う形でヘッドを振り下ろしてください。

そしてインパクト直後からは、体のターンと右手のリストの「逆くの字」を意識しながらボールを押し込むようなゴルフスイングをします。

このことだけに意識を集中させることで、手先に不要な動きをさせることを防いで、ミート率を高める効果があります。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
  • アプローチと素振りアプローチと素振り ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。 […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • 左足上がりのライからのゴルフスイング左足上がりのライからのゴルフスイング ゴルフコースに出ると、練習場とは違ってフラットなライからゴルフスイングできるチャンスはほとんどないと考えたほうが良いでしょう。必ず傾斜があ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ