フィニッシュ重視のゴルフスイング

テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。

特にグリーン周りからのアプローチショットのシーンではよく見られるものです。

ゴルフスイングの難しさを肌で感じることができます。

ピンはエッジからすぐそばに立っていて、うまくいけばチップインできるというシチュエーションでアマチュアのような下手なミスショットもあります。そんな時はカメラに撮影されなくてほっとしているということもあるようです。

まずはツアープロでもミスショットをするほど、アプローチは難しいゴルフスイングになるという現実を知っておくほうが、寄せのレッスンを姶める前には大切かもしれません。グリーン周りからの寄せをミスすると、精神的ダメージが大きいものです。

しかし、だからといって、「うまくボールを打とう、ピンに寄せよう」とすれば心理的な緊張が増加するばかりで、ミスを増長させるだけになります。「ゴルフスイングはうまく打てるはずもない」と腹を固めることも時には必要です。

ダフってもOK、トップしても問題なし。そのくらいの気構えでゴルフスイングに臨むほうが良いかもしれません。

ボールをクリーンに打とうと考えるから、インパクトの打球感に多少違和感を感じただけでスイングをやめてしまうことはありませんか。

それがチャックリやバックスピンがうまくかからない中途半端なトップのミスを招くのです。

最初は「うまく打とうとしないこと」。これがアプローチでのミスショット対策の第一歩と考えましょう。

この考え方を具体的に行うには、直前の素振りを大切に考えることです。カップまでの距離を目測したら、どれぐらいの振り幅ならきちんと寄せられるかをイメージしながら素振りをしましょう。

スポンサード リンク


何度も素振りを繰り返すうちに振り幅はコンスタントになってくるものです。

素振りの際には、フィニッシュ位置をきちんと決めて、実際のゴルフスイングではそのフィニッシュ位置までしっかりとクラブを振り切ることに専念することが大切です。

フィニッシュに集中することで、インパクトの結果には左右されず、意外と大きなミスは招かないものです。

インパクトは無視して、フィニッシュを重視するという考え方は他のゴルフスイングでも共通する考え方です。

ボールを番手通りに飛ばすにはクラブを振り切ることです。

そしてクラブをしっかり振れたかの目安になるのが、フィニッシュだという言い方も成り立ちます。

「ボールを打つ」だけのゴルフスイングでは、フィニッシュの姿勢がうまく取れません。

それとは逆に、「ゴルフクラブを振った」ゴルフスイングであれば右足から左足へのウエートシフトができて、左足に体重が乗ったフィニッシュの姿勢が取れます。
002
ナイスショットはインパクトでの感触に満足するだけでなく、フィニッシュの姿勢も崩れないショットです。それだけバランスよくクラブが振れたためだとも言えるのです。

練習場の打席で周囲の人の様子を見てみると、フィニッシュをしっかり取れていない人がかなり多いことに気が付くでしょう。

フィニッシュを取れている人は大部分が、バランスのよいゴルフスイングしているでしょう。

「ボールを打つ」から「クラブを振る」ゴルフスイングを採用することだ大切だと述べてきましたが、その完成形ではフィニッシュをきっちり取れる状態になるはずです。

フィニッシュをしっかり取るためには、自分のゴルフスイングに一番適したボール位置にすることが必要となり、フィニッシュまでクラブを振り切ることを最優先させましょう。

スポンサード リンク



もちろん、フィニッシュをつくり出すためにはウエートシフトは欠かせませんから、右足から左足へウエートを移動させる意識も必要です。

ボールを打つのではなくクラブを振ることができる状態であるほどウエートシフトはスムーズになります。例えば素振りをしてみてもわかります。

ボールがない状態ですから「打つ」意識は働かないので、ゴルフクラブを「振る」ことにだけ気持ちが向くでしょう。

クラブを振る意識が持てることで左足にウエートは移動するので、ゴルファーなら誰もがフィニッシュの姿勢を取れるわけです。

ボールを目の前にした状況でもこの素振り感覚を再現することができれば、フィニッシュ位置までクラブを振り切るゴルフスイングが行えます。

フィニッシュまでゴルフクラブを振り切ったら左足1本で立ったまま、右足のつま先で地面をトントンと2回叩くことをやってみてください。最初はボールがなくても、素振りでも良いです。

フィニッシュ位置に向かってゴルフクラブを振り切ることができたら左足にウエートが乗っているので、右足のつま先で地面を叩くことができるでしょう。右足つま先で地面を叩けるということは、バランスよくゴルフスイングができた証拠です。

アプローチの基本

5時-7時、4時-8時、3時-9時のゴルフスイングを使い分けてアプローチショットしましょう。アプローチショットの基本といっても、特別なゴルフスイングをするわけではありません。

ゴルフスイングの基本レッスンでマスターした5時-7時(クォータースイング)、4時-8時(ハーフスイング)、3時-9時(スリークォーター)のそれぞれのスイングとクラブの種類の組み合わせで、コース内でボールのおかれた状況と距離に合わせて使い分ければよいだけの話なのです。

グリーンに近い、10~30ヤードの距離のアプローチショットは、基本的に5時-7時のクォータースイングを使います。

転がして寄せる場合には、距離に応じて5番アイアンから8番アイアンを使い分けるのです。

少しボールを上げてから転がす場合には9番アイアンやピッチングウェッジを使うと良いでしょう。

30~60ヤードの地点からのアプローチショットは4時-8時のハーフスイングが中心になるでしょう。

スポンサード リンク



クラブの種類は9番アイアンやピッチングウェッジになるケースも多くなるでしょう。

50~80ヤードの距離で、特にボールを上げたいときは3時-9時のスリークォータースイングでアプローチします。

使用クラブはピッチングウェッジやサンドウェッジなどが主になるでしょう。

振り子スイングのランニングアプローチで転がして寄せる状況もあるでしょう。

グリーンの近くからボールを転がして寄せられる状況では、5時-7時のクォータースイングで、いわゆる「ランニングアプローチ」を試してみると良いでしょう。

クラブは5~9番アイアンの中から選択しますが、もしも練習の際になじんだクラブが7番アイアンであったら、そのクラブを中心に使えば良いでしょう。

さらに上り傾斜へのアプローチショットではランが出やすい5番アイアンを基本的に使い、下り傾斜のケースではボールが止まる9番アイアンを使用するという具合に使い分けできれば上級者の仲間入りといっても良いでしょう。

狙いは次のパットが打ちやすい上りのラインになる場所として、カップから1クラブ以内の範囲を目標にしましょう。

このアプローチショットでは下半身を不動にして左肩つけ根を支点とした振り子運動でスイングしましょう。

あごの向きを変えないことはアプローチの基本としても大切で、左手の甲をつねに目標方向に向けたままでスイングするように意識を思い出してください。

スタンスはややオープンぎみが良いでしょう。

ボールはスタンスの中央にセットアップするのが、ランニングアプローチの基本と考えます。

アドレスから5時のトップ、7時のフィニッシュまで、クラブヘッドが飛球線をなぞるように動いてくれるはずです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • ゴルフクラブいろいろフィニッシュまで振り切る 飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ