ピッチ&ランのゴルフスイングのポイント

アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。

まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ランであることはご理解いただけていると思います。

確実にグリーンオンして、ランで寄せる一番使用頻度の高いアプローチショットです。

セオリーを理解してしまえば、ザックリのミスショットの恐怖からも解き放たれます。では具体的なゴルフスイングを説明しましょう。

ピッチ&ランについても、ランニングアプローチと同様に「アドレスの再現」という言葉を基本と考えます。

違いは、ランニングアプローチほどハンドファーストの構えはとらないことです。ロフトの角度に従ってボールを打ち出します。

グリップの方法から順にチェックしていきましょう。

グリップの方法は、スクエア気味か、あるいはウィークグリップになるように握ります。

これまでゴルフスイングはストロンググリップが今のグリップ方式だと説明してきましたが、それは飛ばすためのグリップ方式です。

飛ばすことよりも寄せることに重点を置くピッチ&ランのアプローチショットには不向きです。

左手のナックルが2個程度、自分から見えるように握ることをひとつの目安にしてください。

アドレスについてです。最初は、ボールに対して、両足をそろえて立ちます。

それから両足を徐々に広げていき、最終的にスタンス幅の中央にボールが位置するようにセットします。インパクトと同じ体勢のアドレスを作るために、ウエートは左足に多く乗せます。

スポンサード リンク


テークバックとトップについてです。グリップとヘッドのポジションが、体の正面から外れないように気を配ることが必要です。

体と手の動きをシンクロさせるイメージで手打ちにならないように手だけの動きは避けましょう。

インパクトでもグリップとヘッドの位置が体の正面にあるように意識しましょう。

ここでも繰り返しになりますが、「アドレスの再現」を強くイメージしたゴルフスイングをしてください。

フォロースルーとフィニッシュについてです。インパクトした後もグリップとヘッドの位置が、体の正面から外れないように振り抜く必要があります。

フィニッシュはトップ・オブ・スイングと同じ高さになるように意識しましょう。つまり、左右対称の振り幅にすることが必要なります。

手首の使い方としては、コックを利かしたり、手首をこねたりする必要はありません。

避けるべきです。最初のアドレスで作った少しハンドファースト気味の角度を最後まで維持します。

これまで触れてきたように体の回転に腕を同調させたゴルフスイングになるので、スイング中にリストの角度が変わったり、腕の振りが変化したりすると、インパクトにズレが生じてきて、ミスショットにつながる原因になりますので注意しましょう。

アプローチショットで自分の得意なパターンを一つ持っていれば、実戦のコースでの選択肢は大きく広がります。

自分に合ったゴルフスイングで、いちばん有利に取り組める確実なショットをマスターしましょう。

アプローチショットで一つでも自分の得意なショットをつくることができれば、間違いなくコースを回るときに大幅に楽ができます。

たとえば50ヤードからウェッジで寄せるゴルフクラブの基本に自信があるなら、残り180ヤードでグリーンをダイレクトに狙うのが難しいと思えば、手前に落として得意な距離のショットで勝負するという判断もなりたちます。

スポンサード リンク



一つのゴルフスイングに自信が持てれば、次に違う打ち方をマスターしていくことで選択肢も増えます。

当然セカンドショットは楽に攻めることができて、さらに遡ってティショットも楽に打てるようになるでしょう。

アプローチのたった一打に自信を持てるだけで、コースでのプレッシャーからどんどん解放されてプレーできるようになるものなのです。

またラウンドする際には、ドライバーの飛距離から足し算で計算するのではなく、カップまでの距離から引き算していくことができれば、精神的にも楽になります。

他のゴルフスイングが気軽にできるようにする意味でも、自分のウイニングショットをつくりましょう。

練習場や自宅でアプローチショットを練習していれば得意なゴルフクラブ、得意な距離と思えるものが見つかると思います。

その場合は、得意なクラブや距離での練習に多めに時間をかけて、自分なりのウィニングショットに磨きをかけていく方向で進めましょう。

アプローチのボールの軌道を大きく分類すると、上げて止める、転がす、上げてから転がすピッチ&ランの3種類になります。

上げて止めるならウェッジ、転がすならパター、ウッド、上げてから転がすならミドルアイアンもしくはウッドです。

ゴルフクラブを持ち替えて試してみて、感触や好みなどが自分に合ったアプローチショットを決めましょう。

グリーンエッジやフェアウェイからならパターでも十分役に立ちます。

パターの距離感や傾斜によるボールの動きが想像できるなら、自分の得意技のレベルまで継続して練習しましょう。グリーンエッジ以外では、ウッドを使ってみるのも良いでしょう。

上げて止めるショットの場合は、ウェッジのゴルフスイング感覚がしっかりマスターできていることが大きなポイントになります。更に距離感が掴めれば得意技として通用します。

ピッチ&ランは、上げてから転がるボールになることですが、最初にマスターすることの多い7番アイアンを使うと、この軌道になるでしょう。

7番に固執する必要はなく、他のクラブでも感覚がいちばんしっくり感じるミドルアイアンを選ぶといいでしょう。

ラフからワンピンに寄せる

ラフからのアプローチショットではボールはランが多くなる傾向があることをまずは認識しましょう。

スポンサード リンク



クリーンに打とうと言う意識は持たずにボールの手前からヘッドを滑らすイメージが大切です。

ラフからのアプローチをやさしくポイントとしては、上から打ち込まずにウェッジのソールを滑らすようなかんっかくを持ちましょう。

深いラフにすっぽり沈んでいるというケースは、実際のところほとんどないのです。

ところが、多くのゴルファーはラフともなると上からヘッドをぶつけていくゴルフスイングになりがちです。

これは、ラフの抵抗で思うようには距離が伸びないというという勘違いをすることが主な理由ではないでしょうかす

上からぶつけていくとボールが低く飛び出して、ラフの抵抗も強くなることが予想できます。

上からクリーンに打とうと意識せずに、ボールの手前からヘッドを滑らせるゴルフスイングをすればボールは自然に上がってくれます。

ボールが沈んでいるように見える場合でも、途中の草にひっかかっている状況も実際には多くて、ボールの下にまだ空間があることに気がつきません。

同じ沈んだボールといえども、ラフとディボット跡の違いはこの点が一番大きいのかもしれません。

ボールの下のスキ間を確認

ボールの下にまだヘッドを通すだけの空間が十分にあることが分かれば、ドスンと打ち込むスイングは避けるようになるでしょう。

どのくらいのスキ間があるのかについてはプライベートのゴルフプレーのときにでも確かめてみると良いでしょう。

親指と人差し指を使ってボールをつまむように入れてみて下へどこくらい入るかチェックしてみます。

人差し指がどこまで入るかを確認すれば、ボールの下にヘッドを通せる空間があることが分かるようになるでしょう。

ラフからのアプローチショットでは、フェースとボールの間に芝生がいくらかは入るのはどうしてもさけられないことです。

そのため、フェアウェイから打つようなスピンがボールにかかることはなく、ランが多くなります。

この点だけを頭の隅でも入れておけば、ロフトどおりに打つピッチエンドランのスイングを心がけることが出来るでしょう。下手に小細工をすると失敗してしまいます。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点としては、アッパーブローやハンマー投げのイメージばかりを極端に考えてしまう結果、右肩が下がり過ぎること […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • ランニングアプローチの変貌ランニングアプローチの変貌 日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを […]
  • ウェッジでのコントロールショットウェッジでのコントロールショット アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ