ザックリ防止とバンス

ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。

グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大たたきのピンチの状況に陥ることになります。

ゴルフスイングの基本を思い出す必要があります。

ザックリやトップを恐れるあまり、手が動かなくなる「アプローチイップス」になるケースは、プロゴルファーでさえ見られることです。ザックリはボールをしっかりと打ち込もうという意識が働いて、クラブヘッドのリーディングエッジがボールの手前に入ってしまう状況のことです。
ゴルフは楽しい

トップは、ボールのセンター部分(赤道部分)より上側をヒットしてしまうミスショットです。一見するとザックリやトップは異なるミスショットのように思えますが、その原因は共通したものがほとんどです。

たとえばバックスイングが小さい場合などです。狙っている距離にマッチしない小さいバックスイングでは、それを補おうとする意識が働いてダウンスイングから急激にクラブヘッドを走らせようとします。

そして、リストを無理に使ったり、体が泳いでしまったり、クラブが正しいスイングプレーンから大きく外れてインパクトポイントがずれることでミスになります。

逆に大きすぎるトップ・オブ・スイングのせいでインパクト前にスイングスピードに緩みが生じるケースもあります。

それから、トップ・オブ・スイングよりも小さいフィニッシュになると、距離感ばかりではなく、ゴルフスイング全体のバランスを崩すことになりかねません。

アプローチショットでのザックリを防止する対策としては、クラブヘッドのソール後方の出っ張り部分であるバンスを有効に活用することです。

スポンサード リンク


アドレスの時点から、リーディングエッジではなくバンスを接地することで、ダフった状況になったとしてもクラブヘッドは滑ってくれて許容範囲内でボールを拾い上げることが可能になります。

トップの対策としては、ボールの赤道部分より下をしっかりと意識することかが必要になります。赤道部分の少しでも下をヒットできればボールは自然と浮きあがってきます。

どちらにしても打ち込むという感覚ではなく、長く低いインパクトゾーンでフトの角度通りにボールを上げることが大きなポイントになります。

そして距離に応じたバックスイングと同じだけの振り幅でフィニッシュをとることが大切です。

リズムのよいゴルフスイングで左右対称に振ることが必要なのです。

ここから、薄い芝の上からのアプローチショットに関して少し述べておきます。ボールの下にヘッドが入りにくい状況なので、クリーンにヒットしなければ打ち出せないように感じるかもしれません。

しかしクリーンヒットできるだけのテクニックを身に着けるには、かなりの練習を積んでそれ相応の時間も要します。

よそれりもずっと簡単な方法が、ダフってもヘッドを振り抜くゴルフスイングです。説明を始める前に、使用クラブとしてのサンドウエッジ(SW)の特性をもう一度確認しておきましょう。

アプローチショットでよく使用されるSWは、フェースをオープンにして打つケースがどうしても多くなります。

この目的はボールを高く打ち出すことにはなく、フェースをオープンにすることでソール後方のバウンスをより際立たせ、ソールを滑りやすくさせることにあります。

その代表的ショットとしてはバンカーショットを思い浮かべればよいでしょう。バンカーショットを基本に考えて、サンドウェッジを開き、ボール後方にヘッドを打ち下ろすことを考えましょう。

スポンサード リンク



ソールの滑りをうまく活用しながら振り切ることができたなら、薄い芝の上からのゴルフスイングでも容易に打ち出せます。

フェースを開く度合いは、グリーンやピンまでの距離によって違ってきます。

基本になるのはトウ部分を時計文字盤1時の位置にセットすることと覚えておけばよいでしょう。

ソールをうまく滑らせることが難しいと感じているアベレージゴルファーの多くは、フェースをオープンにできないケースが多いです。

グリップした状態でフェースを上方に向けてしまうとミスになる原因になります。トウ部分を、時計の1時方向にセットして最初からグリップすることを思い出してください。

クリーンヒットしようとしてダフリになることを経験すると、ヘッドの走りを止めてしまいがちになります。

しかし、バンカーショットと同様に意識してダフらせてソールを滑らせるゴルフスイングだと割り切れれば、ダフリ感は気にならずにフィニッシュまで振り切ることができるでしょう。

フェースをオープンにして構えてから、ダフって打つゴルフスイングだと割り切る気持ちが持てれば、そこからフィニッシュ位置まで振り抜きましょう。

バンカーではクラブを鋭角に

バンカーでのゴルフ初心者のミスは、多くの場合ではボールを上げようとしてすくい打ちのゴルフスイングをしてしまうことです。

この場合、アドレスでのウェート配分が変わって、右サイドが沈んだ状態になってしまいます。

結果的に、ボールの手前にザックリとクラブが打ち込まれてダフリのミスになったり、そうでなければ、ボールの上半分を打ってトップという典型的なミスショットにつながりやすいものです。

この対策としてはアドレスの構えをキープしたまま、トップ・オブ・スイングからそのまま元のアドレスの位置に戻すようなゴルフスイングができれば理想的です。

釘を打つ場合を考えてみると、金槌を同じ場所に落とす必要がありますが、そのためには真っ直ぐ上げて真っ直ぐ振り下ろすことが要求されます。

異なった場所に振り上げてしまえば、それだけ打ち損ないが出てくることはよくわかると思います。

バンカーショットが苦手だと感じているゴルフ初心者が多い理由としては、いつも利用する練習場などでバンカーショットの練習がやりにくい環境にあるということもあります。

スポンサード リンク



郊外の比較的大規模のゴルフ練習場まで行けば、バンカーの設備が整っている場合もよくありますが、都会の場合は無理なようです。

しかし、だからといって何もあきらめる必要はありません。自宅の庭でできる簡単な練習方法を紹介します。

まず、土の上に1本の線を引きます。そして、その線の真上を連続して削り取る練習をするのです。

この方法は、スイングの出来不出来がはっきりと現れますから、その効果は絶大です。

仮に、線の手前側が多く削られていたら、ダフリのミスショットであることを意味します。逆に、線より先が削られたらトップをのミスであることがわかります。

この練習方法のもうひとつのメリットは、実際のインパクト時の衝撃が手元に残るという点です。コースに出てからも戸惑いを感じることもなくなる訳です。

こうした日常のトレーニングによって、本当にある日突然に、見事なバンカーショットができるように生まれ変わります。

そして、このときの何ともいえない爽快な感覚が、あなたの心に絶大な自信を与えてくれるはずです。

こうなったらこちらのものです。バンカーなど、少しも恐れる必要はなくなっています。

ボールの手前でダフってしまうような初心者がおこしがちなミスショットは、ある意味では自信のなさがバンカーショットにそのまま表われているともいえるでしょう。

そのため、いったん自信をしっかりと持ってアドレスしてみると、過去の自分が、どれだけミスして当たり前の構えやスイングをしていたかに気づくはずです。

ボールを直接打ってしまうホームランが出る場合

ボールを右足寄りに置いてしまうと飛び過ぎになることがあります。バンカーから打ったボ一ルが思いもかけないところまで飛んでしまう現象を、「ホームラン」とよく呼んでいます。

ホームランが出るパターンは、バンカーショットであるにもかかわらずボールをダイレクトに打ってしまっているからです。

ホームランの状態をよく見ると、ボールをダイレクトにヒットしやすい右足寄りに置いているケースがよくあります。

スポンサード リンク



ボールをスタンス中央より左足寄りに置くことでホームランはほとんど出なくなるでしょう。

バンカーの中で構え、ヘッドだけをドンと落とすわけですが、正しいスイングができていれば、クラブヘッドはカラダの真ん中(最下点)に落ちます。

ホームランが出るのは、この最下点より右足寄りにボールがあるからと考えられます。つまり、体の中心より左足寄りの正しいポジションにボールをセットすることで、ホ一ムランはぜったいに起こりません。

ホームランが出る場合は、まずボールの位置を確認してみましょう。

バンカーショットというと、ボールの直前にヘッドを入れなければならないと考えてしまいがちです。

しかし、実際は、10センチくらい手前に入ってもボールは十分に出ますから、極端に神経質にならなくても良いでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
  • ピッチ&ランのゴルフスイングのポイントピッチ&ランのゴルフスイングのポイント アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ラ […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ゴルフクラブいろいろバンカーショットはだるま落としのイメージ バンカーショットに苦手意識を持っているゴルファーはたくさんいます。その最大の原因と考えられるのは、クラブヘッドを砂に打ち込んでしまい、ヘッ […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ