ゴルフスイングのアプローチは状況次第

グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。

当然ラフからのケースもありますし、時には土がもろに露出したベアグラウンドやディボット跡からというケースも考えられます。

そんな悪い状況下であわてずに対処できるように、ゴルフスイングの考え方と打ち方を少し説明しておきます。

花道やフェアウエー以外からのアプローチになると、途端に戸惑ってしまうアマチュアプレーヤーもいると思います。

グリーン周りがすぐにラフというケースは決して少なくはありませんので。まずはラフからのアプローチのゴルフスイングから説明します。

ラフにボールが沈んでいる場合
クラブフェースは閉じ気味にします。オープンスタンスにしてハンドファーストの構えを作ります。

アドレス時のリストの角度は維持し、ボールの真下にリーディングエッジからヘッドを打ち込むゴルフスイングをします。
インパクト以降は左方向に振り抜くイメージです。インサイドインの軌道となります。

インサイドアウトの軌道では、ボールが飛びすぎてしまうので注意しましょう。ラフにすっぽりボールが沈んだ状況について、もう少し説明を加えておきます。

グリーンを狙うアプローチショットの中でも、30ヤードくらいの距離は扱いが非常に面倒です。

この距離でラフからなら上級者でも慎重なプレーになります。フェース面とボールとの間に芝草が挟まりやすく、バックスピンを利かせてグリーン上にボールを止めることが難しくなるためです。

場合によっては、芝草の抵抗を受けて飛距離をロスする状況を招く危険性もあります。ラフにつかまった状況では、最初にライの状態を必ずチェックしましょう。

スポンサード リンク


ボールがラフに浮いて比較的容易にゴルフスイングできる状況であれば別ですが、スッポリ沈んでいては悩んでしまうのが普通です。

ボールがラフに深く沈んでいる状況では、ボールを上方に打ち出さない限り脱出することはかないません。

そんな時の使用クラブはサンドウェッジを選択し、フェース面が上を向く形でグリップしてください。SWを使うのはロフト角が一番大きいためです。

フェース面はオープンにするほどフェースがターゲット方向よりも右側を向きます。具体的には、ターゲット方向が12時方向なら、開いたフェース面は1時方向を指します。

この場合、11時方向にオープンスタンスで構えます。バンカーショットと同じと考えて差し支えありません。

両足つま先を結んだスタンスラインに沿ってスイングすると、ちょうど12時方向にボールは飛んでくれるでしょう。

このゴルフスイングのポイントは、ボール手前の芝草ごとごっそり打ち出すようにすることです。

ボールをクリーンヒットする意識は捨てて、ソール部分からボール手前に接地させてヘッドを大きく振り抜く要領でのゴルフスイングをするです。

ラフからのゴルフスイングを苦手にしている人はインパクトを意識し過ぎて、フォロースルーを大きく取ることを忘れていることが多いようです。

クラブヘッドをきちんと振り抜けない影響で、ボールを打ち出せずにミスショットになるのです。

ラフからのゴルフスイングでは、インパクトの強弱で打ち出そうと考えるのではなく、ボールの周囲の芝ごと打ち出して、フォロースルーをバックスイングよりも大きく取るイメージで成功する確率が高まります。

ラフにボールが浮いている場合
クラブフェースの開き過ぎにならないように注意してください。

開いた方がボールが上がりやすいように感じるかもしれませんが、実際に開きすぎるとクラブヘッドがボールと地面の間をくぐるように抜けてしまう「ダルマ落とし」になることがあるからです。

開いたとしても時計でいえば1時を指すくらい、全く開かずにロフト通りにクラブをセットする意識を持つことが大切です。

スポンサード リンク



左足体重にして、クラブは上から鋭角に振り下ろします。

ボールの真下にリーディングエッジ(刃)からヘッドを打ち込む感覚です。

ベアグラウンドの場合
芝と違ってヘッドが滑らないのがやっかいです。
なので、ボールの手前にヘッドが着地すると、すぐにダフリになります。

基本のゴルフスイングはフェースを閉じ気味にして、ボールのセット位置は右足寄りにします。

ハンドファーストの度合いを強くして、外側に置くことでダフリの対策とします。

インパクト以降はグリップエンドが常におへそに向いたままの状態を維持して振り抜くようにしましょう。

ディボット跡の場合
ディボット跡の状況も、ダフリ対策としてボールを通常よりも右側にセットします。

ウエートは左足に乗せて、アドレス時の形を維持したままヘッドを上からボールに向かって鋭角的に振り下ろしましょう。ボールの真下にヘッドが入りにく
いわけではないので、ボールの赤道部分より下をリーディングエッジで斜めに入れる感覚でインパクトを迎えます。

そうすれば一瞬、トップしたように感じるゴルフスイングでも、バックスピンがかかるのでボールは止まります。

ヘッドをスムーズに振り抜くことは困難なので、インパクトがそのままフィニッシュと考えても間違いではありません。

以上のようにそれぞれの状況次第でアプローチの打ち方が異なりますが、一番大切なことは、その状況をあまり強く意識しないことだと思います。

コンディションの整った場所と同様に、しっかりインパクトすることができれば、ポールはイメージ通りに浮き、転がり、止まるでしょう。
ハンドファースト
ミスばかりを怖れていると、体も腕も緊張して思うように動いてくれません。

反対に「グリーンに乗らなくても、この状況を脱出できればいい」と思えるぐらいの気持ちの余裕があれば、良い結果もついてくるものです。

焦らず、気楽に悪いコンディションに立ち向かいましょう。

ガードバンカー越えのアプローチ

スポンサード リンク



ゴルフスイングには、いくつもの格言があります。たとえば、「人が居る場所にボールは飛ぶ」という言葉を聞いたことはありませんか?

よくあるパターンがティーショットする時に、前組のプレーヤーの姿が目に入ってしまうと不思議なことにボールはその方向に飛んで行くという現象を経験したことのある方もいらっしゃるでしょう。

無意識のうちに視線が前方のプレーヤーに奪われることで、アドレスまでその方向を向いてしまって、結果的にショットも自然に人のいる方向へ飛ぶというのが真相だと言う説があります。

ゴルフはそれだけ目線の向きがゴルフスイングの結果に影響を与えます。逆にこれを上手く利用してアプローチショットなどの成功率を高めることもできるのではないでしょうか。

とりわけ有効だと思えるのがバンカー越えするアプローチショットの状況です。

構えた時点で視界の中にバンカーが目に入ると、多くのゴルファーはミスショットになるとバンカーに入ってしまうという不安感が湧きおこります。バンカーだけは何としても越えたいと考えるのではないでしょうか。

その気持が強くなるとついバックスイングを大きく取ってしまうことになるかもしれません。

ところが、大きなバックスイングにするとバンカーどころの話ではなく、グリーンオーバーまでしてしまうと急に心の中でブレーキを踏んでしまいます。

その結果としてダウンスイングでスピードを緩めてしまい、簡単に避けることのできるはずのバンカーの中へボールを打ち込むというケースも考えられます。

こうした失敗にならないためには目線を活用するのです。最初にすることは、アプローチショットでどの位置にファーストバウンドするのかを自分で明確にします。

そして、そのファーストバウンドの場所にボールを打ち込めるクラブ選択をしてフィニッシュの高さを決める手順を踏みます。

ここまでできれば、準備は完了です。目線はファーストバウンドの地点に意識してセットしながらアドレスして、構えてから後も目線を他に移動させないようにしましょう。

スポンサード リンク



それから、準備段階の素振りの時に決めたフィニッシュの高さまでクラブを振り切ることだけに意識を集中させるようにします。
006
身長を超すような砲台グリーンでと話は違いますが、そうでない場合にはバンカー越えを果たすにはショットの高さは要求されません。

バンカーを越えるだけに十分な距離とキャリーさえあればそれでOKですから、ボールを無理に上げようという意識を持つ必要どこにもありません。

グラウンドに沿ってクラブヘッドを振り抜くことと、素振りと同じ高さのフィニッシュまでスイングすることを考えましょう。

これだけでバンカー越えを狙うアプローチショットはまんまと成功するでしょう。

バンカーに入ってしまうことを恐れる気持ちを解消す出来ない状況が生まれるのは、これから打とうとするショットの細かいイメージができていないせいです。

ボールの打ち出しの高さとファーストバウンド場所を鮮明に意識しましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • アプローチと素振りアプローチと素振り ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ラフからのフェアウェイウッドラフからのフェアウェイウッド フェアウエーウッドは、その名前からフェアウエーだけで使うゴルフクラブだと誤解されている節があります。状況次第でドライバーやアイアンよりもず […]
  • つま先下がりのゴルフスイングつま先下がりのゴルフスイング ボールが足よりも低い位置となるのが「つま先下がり」のライです。ゴルフ場の斜面でよく遭遇するシーンですので、この場合のゴルフスイングについて […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ