アプローチショット・ロブショット編

ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。

アプローチショットの中でもランが使えず、キャリーだけで寄せなければならない特別な場合のショットなのですが、マスターできると確かな武器になることは間違いありません。

ボールとグリーンとの間に何らかの障害物がある状況や、グリーン上でランが使えない場合など、キャリーだけでどうしても寄せなければいけない時に使うスベシャル・ショットだと認識しておきましょう。

但し、ピッチ&ランやランニングアプローチと比べると難易度は確かに高いと言われている打ち方です。マスターできるまでは少し練習を積む必要があるでしょう。

プロの公式試合ではロブショットであざやかにピンそばにつけるシーンがよく見られます。あれができたら、カッコイイんだがと憧れている人も少なくないでしょう。

ロブショットの理論と手順を説明していきましょう。

ロブショット成功のカギを握るポイントになるのは、最初に決めたフイニッシュのポジションに向けて、どれだけ大胆にクラブを振り抜けるかにかかってきます。

打ち方で大切なことは、フェースを思い切り開いて、オープンに構えるアドレスです。インパクト~フォローでウエートシフトを行なわず、フィニッシュを高くとるようにしましょう。

この打ち方では距離が出ないので、その分ちゅうちょせず思い切り振り抜く必要があるのです。

トップするかもしれないと不安になって、スイングスピードを強めたり、反対に弱めたりすると、インパクトが不安定な状態になり、逆にミスショットを誘発しやすくなります。

ゴルフスイングのミスを防ぐには、やはり正しいアドレスをつくることから始めましょう。

スポンサード リンク


アドレスでは、クラブフェースを開けば開くほどボールは高く上がりますが、基本的には時計の1時の向きに開けば良いでしょう。

仮に、余分に開いたとしても2時までが限度と考えてください。

大切なポイントになるのは、その右に向いたクラブフェースがターゲット方向と正対する状態のまま、スタンスだけを左方向に向けるオープンスタンスにすることにあります。

オープンフェースのクラブを目標方向に振り出すことがポイントのひとつです。これだけ開いているしまうと、右にボールが飛び出しそうに感じるかもしれません。

しかし、通常のロフトよりも実際はさらにロフトが大きくなっていることも手伝って、ボールは振り出した方向に飛んでいってくれるでしょう。クラブを信じて迷わず振り抜く強い意志が必要になります。

ボールは左足寄りにセットします。体重は最初から左足に乗せていきます。

もう1つのポイントは、過去に説明してきたアイアンショットは、どれもハンドファーストの構えが基本でしたが、今回のロブショットでは反対にハンドレイト気味の構えにすることです。
ハンドファースト
ダウンスイング~フォローまでは、芝の抵抗に負けないように、グリッププレッシャーと、アドレスの時に決めた手首の角度をキープしたまま、クラブヘッドを加速させます。

注意すべきことはオープンスタンスをとった両足のつま先にそったゴルフスイングにすることです。

フィニッシュでは、繰り返しになりますが、アドレス前に決めたフィニッシュ位置まで、しっかり振り抜くことです。

ロブショットとハザード越え

ロブショットが必要とされる条件としては、ボールとグリーンの間にハザード(バンカーや池など)があった上で、尚且つグリーンエッジからピンまでの距離が比較的短い場合など非常に限られたシチュエーションだけです。

スポンサード リンク



アマチュアゴルファーの場合、ハザードを越えることだけを意識するなら、安全性を最優先に考えればピッチ&ランのアプローチショットでも十分かもしれません。

無理にピンに寄らなくても、リスクはそれだけ回避されることになるからです。

その一方で、成功した時の快感が忘れられずにら、ボールとピンまでにハザードのないグリーンエッジからでも、ロブショットを使うプレーヤーを見かけることもあります。

それもゴルフをエンジョイする方法の1つかもしれませんが、おすすめはできません。

ゴルフの世界の有名な言葉に「得意なショットとスコアをつくるショットは違う」というものがあります。

まさに、このケースに当てはまる言葉でしょう。

たとえば、2004年のF・ミケルソンは得意であるロブショットを封じて、初めてのメジャータイトルとなるマスターズを制しました。

練習に練習を重ねてやっと習得した決め技を状況と必要性に応じて使うこと。これが、すべてのゴルファーに通じるゴルフスイングの基本のひとつでしょう。

ピッチ&ランのアプローチショットでカバーできるのであれば、無理にロブショットを使う必要性はどこにもないのです。

ロブショットを得意技にしてしまうと、これを頭の中から払いのけるには相当な強い意思が要求されることでしょう。

ある意味では、「ジェントルマン」であれというゴルフの根本解釈にもかかわってくる話なのかもしれません。

ハザード越え

ほとんどのアマチュアゴルファーの場合、バンカーや池などハザード越えのゴルフスイングはグリーン周りからのアプローチで一番プレッシャーを受けやすいシーンかもしれません。

ミスショットになってアゴの高いガードバンカーや池に打ち込むことを考慮すれば、少なくとも1打、場合によっては2打以上もスコアを崩す原因になります。

ミスの原因は、ボールを上げて越そうという意識が強く働くからでしょうが、ハザードを絶対に越えなくてはいけないという心理からです。

冷静に検討できたのであれば、ボールの高さはそれほど必要なく、バザードを越えるだけのキャリーを出せばいいことに気づくはずです。

スポンサード リンク



それにもかかわらず、ボールをすくい上げるようなゴルフスイングをするためにトップやダフリのミスにつながってしまうわけです。

また、ハザード越えのアプローチショットのシーンでは、ピンがカラーからすぐ近くにある場合には距離感を出そうとして、ついインパクトに強弱をつけたりするのもミスショットを招く原因になります。

有効なゴルフスイングを説明する前に、こうした状況での攻略法を考えてみましょう。

ピンそばに寄せようとリキミが入ることは避けて、ピンの根元から奥にボールをキャリーさせる気持ちが必要なのです。

もっと切り込んだ言い方をすれば、ピン手前にショートさせるのではなく、オーバーさせて着実にグリーンオンさせることを最優先したゴルフスイングを目指した方が良いのです。

この場合のゴルフスイングとしてはサンドウェッジを選択して、ボールは右足寄りにセットします。

ハンドファーストの構え、つまりヘッド位置よりもグリップがターゲット方向に出た形をつくります。

アドレスした時点で右手が自分から見て、「くの字」の形になるのが正しいフォームです。

こうして作った右手リストの角度をゴルフスイングの最中もキープしたままで左右対称の振り幅で振り抜くゴルフスイングをします。

バックスイングの振り幅よりもフォローの方が大きくなる分には問題はありません。

バックスイングが大きく、インパクト以降が小さいゴルフスイングになるのは、ボールを当てようとかすくい上げようとする意識が強い証拠です。

これではヘッドが走らないため、ミスヒットが生まれやすくなります。

ボールをヒットする意識よりも、ヘッドをフィニッシュ位置までしっかり振ることに気持ちを集中させることが、ハザード越えのアプローチショットを成功させる一番大きなカギとなります。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • ピッチ&ランのゴルフスイングのポイントピッチ&ランのゴルフスイングのポイント アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ラ […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • 左足上がりのライからのゴルフスイング左足上がりのライからのゴルフスイング ゴルフコースに出ると、練習場とは違ってフラットなライからゴルフスイングできるチャンスはほとんどないと考えたほうが良いでしょう。必ず傾斜があ […]
  • ウェッジでのコントロールショットウェッジでのコントロールショット アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ