アプローチショットの重要性

今回はアプローチショットの重要性とスコアの関係、ミスショットの原因などについてまとめてみました。ゴルフスイングの基本としてアプローチショットを取り上げます。

「パッティングがゲームを制する」という言葉はよく耳にします。

確かにプロゴルファーの大会の最終ホールでの攻防を見ていると、まさに言いえて妙と納得させられる場面が多いものです。

しかしよくよく考えてみれば、最終パットというものは、それ以前のアプローチショットもしくはやパットの積み重ねの結果なのです。

実はそこに到達する以前に勝利をきめる決定的なショット、逆に言えば敗者となる致命的なミスショットがあったとも言えます。

余程切羽詰まったシチュエーションでないかぎり、狙い目になるのは「グリーンのセンターライン上でピンの位置より手前」となるアプローチショットでしょう。

いわゆる「グリーンセンター狙い」のゴルフスイングの基本よりももっと積極的なコース攻略です。

この道を選ぶ意味は、アプローチショットが左右にぶれるケースを考慮して、安全で尚且つ上りのラインを残したい点にあります。

ピンの真横に仮に止まってしまうと最悪のパットを残すことになります。

仮に、もしピンがグリーン手前に切ってあったケースでは、無理にグリーンオンを狙わず、花道で止めるかガードバンカー手前のフェアウェイに止めるアプローチショットにするくらいの勇気が要求されます。

その方が過去のデータを紐解いてみても好結果につながるケースが多く、このアプローチショットがゴルフスイングの基本だと言えるのです。

ところで、ティーアップのケースを除くすべてのショットに共通して言えることですが、ライの状況について判断することは非常に重要な要素です。

スポンサード リンク

特にアプローチショットの段階になると、ライの状態次第で取り返しのつかないミスショットにつながる可能性が高まるので、細心の注意が必要です。

フェアウェイでは、芝の上にボールが浮いた状態のアプローチショットなら問題ありませんが、ベアグラウンドやディボット(ボール跡の凹み)などに運悪く止まった場合には、ボール位置を右側に寄せてハンドファースト気味のゴルフスイングにするのが基本でしょう。

グリップは短目に握って芝に負けないようにします。

当然ボールは低い弾道になるのでランを考慮することと、短くグリップして距離が落ちる分を考え合わせるとクラブの番手を上げて調整する必要があります。

また、スタンスを狭くすることで正確さが増加します。

アプローチショットとスコア

100ヤードのフルスイングは完璧だと感じられたなら、ゴルフスイングの基本の第一歩は進めたと言うことでしょう。

次は、トップ・オブ・スイングのグリップが腰の高さと肩の高さの練習に移ります。アプローチショットの幅が広がります。

さらにインパクト時のグリップを飛球線前方に出すことでロフトを殺し低い球筋、反対に高い球筋のゴルフスイングを練習します。

それぞれのゴルフスイングで飛距離がどう変化するのかも覚えるようにしましょう。

実践するゴルフコースで風やライに応じてさまざまな対処方法が可能になります。

一本のアイアンクラブで多彩なボールを打ち分けるトレーニングは、意外にゲーム感覚で楽しめる練習です。

苦手なクラブの練習

スポンサード リンク



それから、ゴルフ練習場で良いショットが二~三球続くと、次から次へとゴルフクラブを取り代えて苦手のクラブを中心に打ち込んでいるゴルファーが大勢います。

レッスン書の中には得意なクラブをひとつ作ったら苦手なクラブの練習をするようにと書かれているものもあります。

しかしながら、それはまったくの逆効果となって、悪い癖を付けているだけだという意見もあります。

ゴルフ練習場では得意なゴルフクラブを中心に練習して、良いリズムとタイミングを身に付ければ、苦手のクラブも打てるようになるという考え方です。これにも一理があるでしょう。

また、ショートアイアンがうまく打てるようになったら、今度はミドルアイアンの中心クラブを作るのが良いでしょう。

150ヤードの距離をねらうクラブを選んでもよいのですが、6番アイアンを中心クラブに考えると丁度良いかもしれません。

その理由は、6番アイアンなら5・4・3番のロングアイアンにもつながりますし、逆に7・8・9番アイアンとの中間にあり、両者のトレーニングに移行しやすいと言うメリットがあるためです。

ゴルフスイングの基本から応用までアプローチショットの幅が広がれば、コース攻略にも有利に働きスコアメイクも随分と楽になるでしょう。

ボールが思った方向に出ていかない

ボールが思った方向に出ていかないという基本的なところで悩んでいる人が意外に多いようですが、これはクラブフェースを開くことで難しくしているケースが少なくありません。

アプローチショットではクラブフェースを開きすぎないように注意しましょう。というのも、フェース面を目標に向けて打った方が、簡単に真っすぐ打てるからという基本的な話だからです。

できるだけシンプルに打つというのがアプローチショットに限らずゴルフスイングの基本です。

思った方向に転がしたいと誰もが考えるでしょうが、まずはきちんとクラブフェースの向きを合わせることを忘れないでください。

フェース面の下のリーディングェッジが、ターゲットに対してほぼ垂直になるように構える必要があります。それと、クラブを真っすぐ引いて真っすぐ出すということも大事なことです。

スポンサード リンク



実際は、クラブの動きは少しインサイドに動いて、インパクト後に再び内側に動くインサイ・ドインの軌道なのですが、イメージとしてはパターのように真っすぐから真っすぐ感覚です。

こうした点をしっかり守り、ボールをきちんととらえれば、確実に思った方向にボールは向かっていってくれるでしょう。

アプローチショットでのダフリ

アプローチショットでのダフリは、インパクトを想定したセットアップと手との関係が大きく係ってきます。手の位置はあくまでも左太ももの前にセットすることを覚えておいてください。

アプローチショットのミスの中で非常に多いのがダフリのミスショットです。こうなる原因としては、手首を使ってしまうことがその大半でしょう。

では、手首を使わないようにすれば問題は解決するという単純なことのように思えますが、そうすると今度はスイングすることを忘れてしまう人が実に目立ちます。

ボールをヒットしようとすればダフリになって、リストを使わないように意識すれば、思うようにヒットできなくなるというジレンマに陥ることが多いようです。

こうなる理由は、はじめからダフリやすい構えをしているとも言えるわけです。リストを使わなくても、体の回転運動でボールをヒットできるアドレスフォームができていないのです。

ダフる人に共通しているのは、手の位置が真ん中にあるアドレス姿勢です。手は左脚太ももの前にないといけません。

しかし、ダフる人に共通しているのは、手の位置がそれより中(右寄り)にあるアドレスになっています。手が内側に入ってくるほど、ダフリやすくなるのです。

ハンドファーストという表現をよく耳にすると思いますが、ボールの位置よりも手が左にあることを意味しています。つまり、インパクトを想定した構えでないといけないのです。

シャフトが左わきに抜けるようにする

スポンサード リンク



自分のショットを確認する方法としては、アドレスしたら手の位置は変えまま、ゴルフクラブを短く持ってみる方法があります。

少しずつ短く握ってみてシャフトを持つようにします。このときグリップエンドが体に触れずに、左腰のわきに抜ける状態になっていないといけません。

オープンスタンスに構えて、左脚太ももの前に手をおくことができていれば、シャフトは左腰のわきを通るようになるでしょう。

たぐりよせる感じで短く握って、体に当たるようでは、手の位置が中央により過ぎています。つまり、インパクトを想定したセットアップができていないことになります。

この確認方法で、インパクトの形ができていたら、体の回転で振り抜けるようになっているはずです。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチと素振りアプローチと素振り ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。 […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • ランニングアプローチの変貌ランニングアプローチの変貌 日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを […]
  • ラフと林からのアプローチショットラフと林からのアプローチショット ゴルフスイングの基本を試されるシーンは、コース攻略における、最大の難関とも呼ぶべきなのはラフからグリーンをねらうアプローチショットです。 […]
  • ピッチ&ランのゴルフスイングのポイントピッチ&ランのゴルフスイングのポイント アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ラ […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • ゴルフコースの傾斜地ゴルフコースの傾斜地 ゴルフコースは遠くから眺めるといかにも平坦に見えますが、必ずしもそうとは限りません。 丘陵コースは起伏の激しいのでもちろんですが、完 […]
  • アプローチショット・ロブショット編アプローチショット・ロブショット編 ボールを高く打ち上げ、そのボールの自重だけでターゲットの近くにボールを止めるテクニックがロブショットと呼ばれるゴルフスイングの一種です。ア […]
  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ