アプローチと素振り

ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。

3本のウェッジに対してそれぞれで2種類のフィニッシュの高さ(左腰、左肩)を組み合わせた6種類の距離が何ヤードになるのか把握しておけば、クラブ選択に迷うことはそれほどないでしょう。

アプローチショットの場合、ピンまでの距離は眺めたイメージや歩測に頼るわけですから、精密度の観点からみれば大雑把な数字でしかなく、だからフィーリングの意味合いを含めて距離「感」と呼ばれているのでしょう。

ラウンド中のアプローチで距離感を生かす大きな手立てになるのが、ショット前に行う「素振り」です。

ボールの位置からピンまでの距離を目測してから、それに見合っただけの振り幅で素振りをすることが必要です。

この場合、バックスイングをどれくらいの大きさにするかは意識しません。ヘッドをまるで振り子のように左右対称にスイングしているでしょう。

その際のフィニッシュ位置が正しいかをチェックして、実際のアプローチショットでも素振りと同じフィニッシュの高さまでクラブを振ることに気持ちを集中させてゴルフスイングすることです。

素振りをすることはアプローチショットの前に身体の緊張感をやわらげるための意味だけではありません。

これから打とうとするショットをイメージしながら素振りをしてこそ、大きなアドバンテージが生まれるのです。打ちだしをどんな高さにして、グリーン面のどのエリアにファーストバウンドさせることを考えます。

ファーストバウンドからボールがどんなふうに転がってピンに寄っていくのかのイメージを頭の中で想像しながら素振りをすることによって、選択したクラブとスイング幅が正しいのかどうかも自然と判断できるでしょう。

アプローチショットの成否がスコアメイクに大きく影響するという意識が強く働くせいで、アドレスに入ってからなかなかスイングをスタートできない人も時々目にします。

スポンサード リンク


いわゆる長考アドレスとも呼ばれますが、その原因はメンタル的な緊張感ばかりではなく、ゴルフスイングのイメージをアドレスする以前に明確にできていないためということもあります。

002
アドレスに入る前に素振りをすることで明確なフィニッシュの高さとファーストバウンドの場所といったショットの具体的なイメージが整えたなら、長考アドレスに陥る心配はほとんどありません。

アドレスに入ったら、ファーストバウンドの場所に目線を送って、素振りの時点で決めたフィニッシュの高さにクラブを振り切ることだけに気持ちを集中させましょう。

こんな簡単なことを意識するだけでミスショットになることは間違いなく減るでしょう。

アプローチショットというものは、すべからくカップまでの距離を微調整する目的のゴルフスイングです。

そのため、どんなシチュエーションからでも打てれば実戦では非常に役立ちますから、それぞれのクラブ毎でどんな飛び方の違いになるかを理解しておく必要があります。

素振りだけではなく実際にボールを打ってみて、各々のクラブでどんな飛球線を描くかの違いを知っておきましよう。

具体的には5メートルくらいのパットを沈める感覚でアプローチ用のクラブを振ったときに、どの程度ボールが上がり、どの程度転がったかをチェックしてみることです。

これを、ウェッジとアイアンクラブに対して実行してみましょう。

ウェッジやアイアンではどうなるのかを試しながら振っていくだけで、どんなシチュエーションにも対応できるアプローチショットを作り上げることが可能になります。

パッティングでも言えることですが、ボールを目で追いかけようとするとヘッドアップしたゴルフスイングになってしまうため、ミスショットにつながりやすいことに気をつけましょう。

スポンサード リンク



最初はパターから始めるわけですが、これがしっかりとできていないと、パターでの感覚を基準にして他のクラブを振ることができないでしょう。

パター以外のゴルフクラブをグリーン上で使用するわけにもいかないので、どこから打つかが違ってくると距離の差もわかりにくいものです。

カップを意識しなくても構わないのでグリーンの端から打つことで比較しやすくしましょう。

ウェッジならば、ロフトが大きいため、ボールを高く上げられます。また他のクラブよりも強い逆スピンがボールにかかるので転がりは小さくなります。

うまくボールを上げられると、距離のコントロールがしやすくなります。頭が動きすぎるとトップになりやすいので注意しましょう。

7番アイアンだと、ある程度ボールが上がり、着地した後に少し転がります。飛距離はパターを使用した場合より少し落ちるといった程度で止まるはずです。

5番アイアンになるとロフトが小さくなるため、あまり高くはボールは上がりませんが、逆に転がりが大きくなります。

距離の長いアプローチショットで、転がして寄せるのに効果的なクラブだと言えるでしょう。

飛距離を稼ぐのが目的ではないので、安定性を高めすために短くグリップして打つ練習をしましょう。

練習場で打球がブレてきたら

練習場で打球がブレてきたら一旦は打席を外して構え直してみるくらいの気持ちの余裕が必要です。何も慌てることはないのです。

ゴルフの練習場は次から次へと、絶え間なくボールが出てきます。

それはそうです。その方がボールを早く使用してくれるので練習場にとっては収益増加につながります。

そのため、とにかく打ち続けることができるだけ続けてから疲れたら休憩という練習パターンを繰り返している人も多いのではないでしょうか。

からだにゴルフスイングを覚え込ませることが目的の連続素振りならそれでも構わないかもしれませんが、実際にボールを打つときにこれは必ずしも有効なトレーニング方法とは言えないでしょう。

ゴルフ練習場ではボールを打ったら、その弾道を眺めながら、必ずなにかを考えてしまうのが普通です。

その状態から再び意識がボールにいってしまうと、姿勢の乱れや力みにつながる可能性があります。

スポンサード リンク



大切なのはあくまでもゴルフスイングなんだということをついつい忘れがちになってしまうのです。

頭の中を1度クリアにして落ち着くためにも、練習場では最低でも5球に1回は打席を外して、再び構え直すような習慣をつけた方が良いと思えます。

実際のゴルフコースでも、連続してボールを打つ状況など起こることはありません。これは練習場で陥りやすい特別な罠なのです。

まだコースに出たことがない初心者も、いくらかはコースを意識したトレーニングをして、本番に備えておく意識を持っておいた方がいいでしよう。

連続してボールを打ち続けていると、だんだん意識がボールにばかり向かいます。

そのためボールをよく見ようとして、無意識のうちに上半身がボールヘ向かっていくフォームになってくるのです。

ゴルフのフォームの解説では、このように上半身が必要以上に曲がっていくことを「上体が突っ込む」と表現して腕に力が入って打ち込みにいくタイプの間違った姿勢の代表とされています。

この姿勢になってしまうのは精神的な影響が大きいので、適度に気持ちをリフレッシュしながら取り組むようにした方が良いでしょう。

5球打ったら打席を一度外し、アドレスから入り直す

繰り返しますが、ボールにばかり意識がいかないようにするために、5球打ったら一度打席から離れて、再びアドレスからやり直すように習慣づけましょう。

これならアドレスのズレに気づかない状態のままボールを打ち続けて、何の成果も得られなかったなどということは起きないでしょう。

練習場もタダで使わせてくれるわけではありません。時間を有効に使う意味でも効率の上がる練習をしましょう。

最初に目標にするのは手前からにして、徐々に遠くを狙っていく事も大切です。いきなり遠い目標めがけてゴルフスイングしようとすると、力んでしまいがちなのです。

最初はすぐ手前にあるものを目標にしていくといいでしょう。力をできるだけ入れずに届く距離からスタートすることで徐々にゴルフスイングをからだに慣れさせる効果があります。

これなら後から距離を伸ばしてもゆったりとしたゴルフスイングが自然にできるようになるはずです。

スリークォータースイングとブランコ

スポンサード リンク



スリークォータースイングでもブランコの揺れに合わせて左右対称に振るトレーニングが成り立ちます。

ブランコをメトロノーム代わりに見立てて、その揺れに合わせて素振りをしてみましょう。

ゴルフスイングの基本をマスターする手助けになるでしょう。

プランコは、まさに振り子そのものです。

5時-7時のクォータースイングから始めて、4時-8時のハーフスイング、3時-9時のスリークォータースイングでも、左右対称に揺れるブランコと同じように、トップとフィニッシュの腕の高さを同じにすることが大切なポイントになります。

ブランコは小さな揺れでも、大きな揺れでも、動く速さは変わりません。この状態は、ゴルフスイングにも応用したいものです。

5時-7時のクォータースイングも3時-9時のスリークォータースイングでもスイングの速さは同じなのです。

ただ、クラブの振りが小さいか大きいかの差があるだけなのです。

リズムのいいスイングを身につけるために、トップ→フィニッシュ→トップ→…、という具合に、ブランコに合わせて連続してクラブを振るとよい練習になります。

素振りの練習はくれぐれも危険の無いことを確認してから行ってください。

もし、ブランコの前でクラブを振ることができなくても、イメージを掴むだけでも効果があるでしょう。

頭の中で想像するブランコの振り子運動に合わせてスイングをすればいいのです。

パットと同じように打つ

パットと同じ要領で打つランニングショットを素振りから覚えましょう。これは、ストローク式のパットをおこなう時と同じ要領でする素振りです。

確実性のきわめて高い打ち方なので、緊張を強いられるバ万などに威力があります。ミスショットになる確率も低いオススメできるショットです。

しかし、パットと同じ打ち方になるためボールが沈んでいるなどライの状況が悪いときには向いていません。

また、芝に食われやすい状況も予想されるため、ボールからグリーンまでの距離が長い状況では不向きです。

しかし、冬場などグリーン周りなど枯れ芝になっている状況には効果を発揮します。

スポンサード リンク



このショットの素振り練習では、左脚5対右脚5の左右均等の体重配分でアドレスするところから開始します。

結局は、パットのときと同じ体重配分で同じ構え方をするわけです。ボールのセット位置はスタンスの中央とします。

使用するクラブは、7I~9Iくらいで自分が最も得意とするクラブで素振り練習しましょう。

使用クラブにはサンドウェッジは含めません。ボールが上がり過ぎるため、この打ち方には適していません。

クラブは吊り気味に構える要領ですから、両ヒジはピーンと伸びた状態にはせずに、少し曲げて身体をリラックスさせて構えましょう。機械的にシステマチックにスイングします。

そして、ストローク式のパッティングと同じ要領で、腕と肩で形成する5角形もしくは3角形のカタチを維持しながら、左右対称になるようにストロークしましょう。

スピンを加えるランニングショットのときの素振りのように、鋭角的にヘッドを落とすことは避けましょう。

ボールの手前から、芝の上を滑らせるようになイメージでヘッドを入れる感じにして、ボールの側面を払い打つ要領です。

ただし、払い打とうという意識が過剰に働きぎれば、左ヒジが引けてしまう状態にもなりかねませんから注意しましょう。

グリップは、通常のショット時の握り方でも構いませんし、パット専用のグリップで握っても構いません。

自分がストロークしやすいほうの握り方を選択してよいわけですから、気軽に素振りからスタートしましょう。

ランニングショットは、パットとほぼ同じ打ち方を基本的におこなうということは以上の説明でおわかりいただけたでしょうか。

こちらの記事もどうぞ!

  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • 冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」冬ゴルフのアプローチの基本は「転がし」 冬場のアプローチショットでは、転がしで攻めることが定石です。グリーン周りからでもパターや5Wを使ってみるのも良いでしょう。ゴルフスイングの […]
  • ウェッジでのコントロールショットウェッジでのコントロールショット アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイ […]
  • アプローチショットの種類アプローチショットの種類 アプローチショットやパットの技術が1打でも少なくラウンドしたいというゴルファーなら当然持っている願望を支えるものになります。ドライバーでの […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • ボール位置の最適化ボール位置の最適化 ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボ […]
  • ゴルフクラブいろいろフィニッシュまで振り切る 飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使 […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ