つま先下がりのゴルフスイング

ボールが足よりも低い位置となるのが「つま先下がり」のライです。ゴルフ場の斜面でよく遭遇するシーンですので、この場合のゴルフスイングについてマスターしておく必要があります。

このスロープでは、傾斜に沿ってヘッドをソールすると、ヒール側よりもトウ側が低くなった状態になります。

クラブのフェース面が右サイドを向くため、球筋は狙った方向よりも右に飛びやすいので、最初からターゲットよりも左方向に構えることが大前提です。

つま先側にウエートがかかりやすいため、かかと側にウエートを乗せるようにして体のバランスを調整します。

土踏まずのアーチを地面に押しつける感覚で、足全体にウエートを乗せるようにして安定したスタンスをつくり上げる必要があります。

足元よりもボールの位置は低くなるわけですから、膝の曲げを十分にして、上半身は背筋を伸ばして股関節部分から前傾させてアドレスの姿勢をとります。

膝を曲げず、背中を丸め込んだ状態でソールしてしまうと回転軸をゆがめてしまい、体のバランスが崩れてしまうことが多くなります。

この状態ではゴルフスイングの途中でフラフラになり、その上急傾斜ではボールにヘッドが届かずに空振りするという惨めな状況も考えられます。

つま先下がりのライの場合、テークバックはアウトサイドにクラブが上がりやすく、ダウンスイングからは傾斜の影響でインサイドに振り抜きやすくなります。

スライス系の弾道になりやすい点も考慮して、傾斜の度合いが強いほどアドレス方向をターゲットラインよりもずっと左サイドに向ける大胆な構えも必要になってきます。

つま先下がりのゴルフスイングで気をつけることはいくつかありますが、アドレス時の前傾姿勢をキープしたまま振り抜くことが一番大切かもしれません。

スポンサード リンク


特にダウンスイングで上半身が起き上がった状態になるとボールの上部に当たってしまいます。

このような失敗を避けるためにも、ダウンスイングからインパクトにかけて右肩がアゴに触れる状態になるまで上半身を浮き上がらせないイメージを強く意識しましょう。

大きなフィニッシュをとる必要はありません。グリップが左腰の高さで収まるくらいの、コンパクトなフィニッシュで良いでしょう。

キャリーが要求されるような状況ならばクラブの番手を替えることで対処して、ゴルフスイングはあくまで小さく抑えるようにして、無理に距離を出そうと大振りすることはいけません。

つま先上がりとつま先下がりをスロープを比較したら、どちらのゴルフスイングが難しいと感じる人が多いのでしょうか。

個人個人で、得手不得手はあると思いますが、プロゴルファーの場合は「つま先下がりの方が打ちやすい」と言う人が多いようです。

その理由は、グリップを平地と同じように長めに持てることにあるようです。

プロレベルのテクニックならロングアイアンやウッドを手にした場合でも前傾姿勢をキープして、コンパクトに振り抜いてボールをとらえることのがポイントのようです。

スライスもさほど問題にしていないところもアマチュアとはやはりレベルが違います。あるツアープロは「右方向から左方向に向かって下りの傾斜のホールの多いオーガスタは、絶対にサウスポーが有利」との説を述べています。

つまり、右打ちだとつま先上がりで、左打ちだとつま先下がりの傾斜になるというのが根拠でした。実際に、2003年、2004年には2年連続で左打ちがマスターズを制しています。

それはともかく、この2つのスロープからのゴルフスイングはアマチュアゴルファーにとってはトラブルと断じてもよい状況であることには間違いがありません。

トラブルショットですから、飛距離を欲ばってはいけません。何よりも脱出です。よりコンパクトなゴルフスイングをすることをを頭に入れて次につながるショットを狙うべきでしょう。

スポンサード リンク



ツマ先下がりのゴルフスイングのポイントを紹介しておきます。

  • スタンス
    下半身の安定感が大前提になりますので、肩幅より広目に構えます。それから膝を深く曲げて重心を下げて構えます。
    腰を浮かさないように気を配りましょう。腰を落としても、お尻だけが突き出した姿勢は問題外です。ウエートは左右均等に配分します。
  • ボールの位置
    スタンスの中央にボールをセットします。
  • グリップ
    ボールが身体から遠い位置にあるため、グリップを短く持つとヘッドが届かない可能性が高いので長めに持ちます。
  • スイング
    上体が起き上がらないように低重心で前傾姿勢をキープしたままスイングすることがキーポイントになります。
    基本的にスライスボールが出やすい状況ですが、スライスを避けようと無理をしてリストを返したりすると、今度はヒッカケが出てしまうので注意しましょう。

無理にボールを上げようとして、上体の開きを早くするとシャンクのミスショットにもなりやすいです。

これらの対策としては、残り距離は意識せずに、ロフト角の多い自分の得意なクラブを選択して立ち向かうことです。

仮に、4番アイアンならグリーンに届きそうだと思っても、得意なのが8番アイアンならば、それを選択して次のショットでピンを狙えるエリアにボールを運ぶ「勇気」を持って臨んでみてください。

スイングイメージの確認

つま先下がりのスイングイメージを再度確認しておきます。

第一にバックスイングをインサイドにとらない意識が大切です。アウトヘ上げる感覚でちょうど真上に上がって上から打てることになるでしょう。

つま先下がりはつま先上がりと比べると格段に打ちやすいものです。クラブが下に向かって引っぱられる状態にまかせればよいと考えても構いません。

ボールが足より低い位置にあるわけですから、重心を低く保った状態でボールに近く立っておきましょう。

アドレスにおけるクラブの角度がタテ方向に強まりますから、バックスイングは真上に上げて下ろす感覚になることで構わないのです。

この状況でのスイングで注意することはただ一点です。つまり、バックスイングをインサイドにとらないことです。

スポンサード リンク



バックスイングで土手にぶつかるほど極端にインサイドに引く人は珍しいと思いますが、ダウンスイングで右肩が前に出やすくなるはずです。

アドレスで前のめりにないように立っていても、バックスイングをインサイドに引いてしまえば、ダウンスイングで右肩が前に出てくる状態になりやすいため、バランスをくずしやすいと考えてください。

フルスイングはせず、いつの場合もスリークォーターのスイングに止めるようにしましょう。

ボールの位置はフラットな場所より少し内側(右)に入れるようにして、クラブをアップライトに上げます。

ただし、フルスウイングすることは避けましょう。大きくてもスリークォーターに止めておくのです。

状況にもよるでしょうが、初心者ゴルファーであれば、グリーンにのせることを考えず確実にボールを打って前へ進めることを意識しましょう。

フラットな場所と同じ感覚で番手選びをして振り回すゴルフスイングだと、バランスを失い、予想もしなかったミスが出やすいものです。

真上にバックスイングする状態を作るには、飛球線よリアウトヘ上げていく感覚でちょうどよいくらいでしょう。

両足のかかとはしかkりとつけたまま、アウト側ヘ上げていき、手打ちの感覚で打つ要領です。

フットワークを活かしたボディの回転は難しい状況ですから、バックスイングはコンパクトにすること、距離を欲ばらないことを覚えておきましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • つま先上がりの打ち方つま先上がりの打ち方 スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバ […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • スピンショットのゴルフスイングスピンショットのゴルフスイング スピンをかけてピタリとボールを止める「スピンショット」もまた、ロブショットと同様に特別なアプローチショットです。プロも多用するこのゴルフス […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ