フックの原因と対策

フックボールはゴルフ経験をある程度積んだ人の方がよく犯すミスショットです。ゴルフ初心者が最初に突き当るミスのほとんどはスライスの方です。

フックボールの原因は、ボールをうまくとらえられるようになったゴルファーが、より強く打とうとして飛び出すミスショットだからです。

ゴルフ経験を積んでクラブを振る回数が増えてきますと、自然にゴルフスイングに無駄な部分が減ってきます。

体重の移動もスムーズに行なわれ、ダウンスイングの時点でクラブをシャープに身体の近くに引き下ろしてくることができるようになります。

そのために、インサイドからアウトサイドヘの振り抜きがうまくできてきます。

このとき、左サイドの瞬間的な緊張感も十分に意識できており、身体が一瞬止まるような体勢も維持できているものです。

しかし、これがときによってはインパクト時に両手を必要以上にターンさせることになってしまいます。

つまり、身体が止まって両手が強く返ってしまうためにボールがフックする原因になるわけです。主要な原因を3つのタイプに分けてみました。

  1. 【クローズドスタンスになっている】インパクトで身体が止まりやすく、リストが瞬間的に返ってしまう。
  2. 【左手のグリップのミス】左手がかぶって握られていて、右手のグリップが開いて握られているグリップになっていてフックが出やすい。これは、いわゆる「フックグリップ」でリストを強くターンさせてしまう典型的なパターン。
  3. 【クラブフェースの先端寄りにボールが当たる】ボールとクラブヘッドが物理的な″歯車アクション″が原因になり生じるフックボール。

「フックボールが出るようになればゴルファーとして一人前」ともいわれます。しかし、過度のフックボールはスライスよりも大きな曲がりになります。

巻き込むスイングの違いが「こすり球」に対して行われて、いったんフックが出始めたらショットすること自体に恐怖感を憶えるほどです。

スポンサード リンク


疲労がたまって手だけでボールを強打してしまう場合でも、突然フックが出初めてハッと気付くことがあるはずです。

したがって、フックを矯正するには両手だけが先行することなく、また、身体の動き止まらず、両手のターンと体のターンが一体化してフィニッシュまで持っていくようなイメージをはっきりと持つことが大切なポイントです。

スリークォーターのスイングチェック

スリークォーターのスイングチェックを7個のボールを用意して、正しいスイング軌道を描くかチェックしましょう。

ボール前方に3個、センターに1個、後方に3個配置してください。ボールを7個並べた状態で3時-9時のスリークォータースイングを行います。

バックスイングの段階で後方の真ん中のゴルフボールを後ろにまっすぐ転がします。

インパクトした後には前方の真ん中のボールもまっすぐに飛ばせるようにトレーニングしましょう。

以前に説明した右肩を止めるイメージと左肩関節つけ根の支点を不動にする意識でスリークォータースイングすることで体の開きを抑えましょう。

ダウンスイングの段階で右足の親指のつけ根で強く地面を踏みつける動作をすることで「左の壁」を作り出しましょう。

これらがしっかりできていれば、ゴルフスイングの基本に忠実なスリークォータースイングができるはずです。

スリークォータースイングでは、捻りを受け止める左右のしっかりとした壁、左足での切り返しのタイミング、右ひじの絞り込みの動作、左ひざの曲げのキープ。

こうした点に注意したトレーニングで3時-9時のスリークォータースイングでの大切なポイントをもう一度チェックしてください。

スリークォータースイングでは振り子運動に加えて回転運動が必要になるのでミスショットに悩む人も増えるようです。

スポンサード リンク



あごを軸とする振り子運動主体だった4時-8時のハーフスイングに、回転運動が加わったのが3時-9時スリークォータースイングです。

スイングが大きくなると、その分難易度も上がって、スイング軌道の誤差も大きくなりやすいのです。

結果的に、身体の各部の使い方のミスが、ショットにもはっきりと現れてくるのがスリークォータースイングなのです。

スリークォータースイングでよく発生しやすいミスを以下に紹介しておきます。

もし、ミスの度合いが大きいと感じたならば、もう一度4時-8時のハーフスイングの練習に戻って、ゴルフスイングの基本を見直してみると良いでしょう。

手先だけでバックスイングすると、肩の回転が不足します。結果的に、アウトサイド・インの軌道を描くことになります。

インパクトゾーンではフェースがかぶった状態(シャットフェース)になりやすく、ショートアイアンでは左への引っかけが、長いクラブ(ロングアイアンやウッドなど)ではスライスを起こしやすくなります。

バックスイングで右サイドのがまんが出来ないと、右肩が後ろに逃げてしまいます。結果的にインサイド・アウトの軌道を描いてしまいます。

インパクトゾーンではオープンフェース(フェースが開いた状態)になりやすく、ショートアイアンでは右へのプッシュアウトかスライスが発生して、ロングアイアンやウッドといった長いクラブではフックに悩まされます。

斜面(スロープ)でのフック

左足上がりの斜面(スロープ)では3時-8時スイングをしましょう。どんな傾斜がついていても斜面での大振りは禁物です。

左足上がりの斜面では、3時-8時のコンパクトなスイングを基本に考えましょう。傾斜のレベルによってはトップ-8時のスイングでも構いません。

いずれにしてもフィニッシュは8時の位置で終了です。基本的なゴルフスイングとしては今までと変わりませんが、状況に応じていくつか注意すべき点はあります。

アドレスの際は体重は低い方の右足に少し多めにかけてやります。そして、スイングでは大きく体重移動はしないことが大切です。

左足上がりの斜面からのショットでは、体の右サイドが止まってインパクトでフェースがかぶりやすいものです。

結果的には、左に曲がるフックボールが出やすい状況です。対策としてはスタンスの向きを通常の目標よりも少し右方向にとると良いでしょう。

左足上がりの斜面でのスイングを練習するには、左足をカゴに乗せてスイングしてみましょう。

スポンサード リンク



アドレスからフィニッシュまで右足内側に体重を感じたままを保って3時-8時、もしくはトップ-8時でスイングすることが大切です。

また、左足はずっと曲げを維持しておくことが大切です。左足が伸びてしまうと「ダフリ」か「空振り」になりがちです。

反対に、左足下がりの斜面(スロープ)では4時-9時でコンパクトなスイングにします。

左足下がり斜面では、コンパクトにトップ4時フィニッシュ9時でスイングするのが正解です。

傾斜のレベルによっては3時-9時くらいのスイングでもいいでしょう。アドレスでは低い方の左足に体重を多めにかけます。スイングでは体重移動は必要ありません。

また、この斜面の状況からはボールは上に上がりにくいのですが、意識してすくい上げようとしてはいけません。斜面(スロープ)に沿ってスイングすることが大切です。

左足下がりの斜面(スロープ)からは、右に曲がるスライスボールが出やすいものです。

対策としては、通常の目標よりもやや左方向にスタンスをとるように心がけましょう。

練習場では右足をカゴに乗せてスイングしてみると良いでしょう。ここで注意すべきポイントは、左ひざの曲げのキープと左側の我慢を意識することです。

左ひざの曲げが足りない場合、クラブヘッドがボールまでに届かずにトップになってしまいがちです。

適切に左ひざの曲げることは左足下がりの斜面(スロープ)から上手に脱出するためのポイントです。

フックボールを素直に受け入れる

まっすぐなショットを狙うというのは、じつは意識して打つのは非常に難しいはずのものです。

曲がりを少なくしたスライス狙いかあるいはスライスを打とうとしたときに偶然「まっすぐ飛んでくれた」ということで経験するくらいです。

おそらく、そのたまたまのまっすぐ飛んだボールを、意図して打てたものと思い違いしているケースもあるでしょう。

本来、ゴルフスイング無理にでもストレートにボールを飛ばす必要があるという状況はそう多くはありません。

スポンサード リンク



フッカーならフックボールが出ることを前提にして、それをどう有効に使うかを考えた方が有効です。

フックには、ふたつのタイプがあります。そして、それぞれに応じたティグラウンドの使い方といものを押さえておきましょう。

プルは、右に立って左の例えば林がある方向を目標にしてアドレスします。プッシュは逆に、左に立って例えば右の林を目標にしてアドレスするように意識するわけです。

そうすることによって、フェアウェイの幅を限りなく有効に活用することが可能になり、フェアウェイをキープ率が確実にアップするわけです。

ストレートボールを想定して、センターに立ってフェアウェイセッターにスクエアにアドレスしてしまえば、フェアウェイの左半分の幅しか使えないことになります。

こちらの記事もどうぞ!

  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • ラウンド前日の準備ラウンド前日の準備 ラウンド前日の準備 ラウンドに必要なものは予め前日までに準備しておくほうが慌てずにすみます。 コースを回るためには、ゴルフクラブ以 […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • アプローチの距離感をつかむにはアプローチの距離感をつかむには グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは […]
  • 左足上がりのライからのゴルフスイング左足上がりのライからのゴルフスイング ゴルフコースに出ると、練習場とは違ってフラットなライからゴルフスイングできるチャンスはほとんどないと考えたほうが良いでしょう。必ず傾斜があ […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ