スライスとアドレスの入り方

ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。

このルールを十分に活かす方法を選択するだけでもゴルフスイングやパッティングが改善されて、スコアアップに結びつく可能性があります。

その一例として、ボールヘのマーキングすることが挙げられます。ボールの赤道をクロスするように真っすぐのラインをつける方法があります。

ターゲット方向やパットラインに対して今以上にスクエアに構えやすくするための工夫として採用しましょう。

練習場の打席とは異なり、コース上には目印となる直線的なラインが存在しません。自分なりにラインを想定して、そのラインに対してスクエアにクラブフェースをセットする必要がありますし、アドレスする動きをとらなければいけません。

クラブフェースの向きやアドレスがスクエアでなければ狙った場所までボールを飛ばすことはかないません。

多くのアベレージゴルファーは、スライスに悩んでいるという統計的データがあります。

パッティングの3大要素は「ライン・構え方・ストローク」の3つですが、それと同じでショットの場合は、「ライン・構え方・スイング」が正しくできていなければボールは曲がることになります。

自分で決めたラインに対してスクエアに構え、インサイドインの軌道でスイングができれば、ボールは大きく曲がることはありません。

アベレージゴルファーの多くは、ショットラインに対して右方向に向く傾向があることは統計的な数字からも明らかです。

これが原因となってゴルフスイングはアウトサイドインのカット打ちの軌道となり、スライスボールが出るのです。

スクエアに構えることができるだけでも、スライスする程度を抑えられるプレーヤーが多くなると思えます。では、どうやって右向きのアドレス姿勢を矯正するかについて説明しましょう。

スポンサード リンク


まずはボール後方から狙うラインを定めたら、体の左サイドを少し開き気味にして、半身の状態でボールのある位置に向かうことです。

それからライン上のスパットに対してフェースをスクエアにセットしましょう。このクラブフェース向きに対してスクエアに構えるようにしましょう。
ゴルフは楽しい
この場合に役立つのがボールにあらかじめマーキングしたラインです。これを最初からショットラインに向けておけば、スクエアにアドレスがとりやすいのです。

クラブフェースをスクエアにセットしてから、フェース向きを基準にアドレスを取るようにしてみましょう。

かなり左に向いている感じがするのであれば、これまで右方向を向いていた証拠になります。

スライスを防止する特効薬

スライスの原因になるのがターゲットラインよりも右方向に構えてしまうことです。

右向きのアドレス姿勢でターゲット方向に打とうとすると、ゴルフスイングの軌道はアウトサイドインになりやすいものになります。

スライスを避けるようにして、ボールをつかまえようとフェースを極端に返してしまうと今度はフックが飛び出します。

ターゲットラインに対してクラブのフェース面をスクエアにセットして、それからスタンスをスクエアにセットすることはボールの曲がりを防ぐ有効な対策です。

しかし、スクエアのアドレスができたからといって、即座にスライスが矯正されるわけではありません。

その理由は、スライスの原因としては振り遅れに起因しているケースもあるからです。

スポンサード リンク



どんなにスクエアスタンスをとっていても、ダウンスイングに入ってクラブヘッドが振り遅れた状態では、クラブフェースがスクエアに戻る前にインパクトになってしまうでしょう。

フェースがオープンな状態でインパクトしてしまうとスライスボールしか飛び出さないでしょう。

こうしたゴルフスイングの振り遅れを解消する手段としては、ゴルフスイングのイメージを今の状態から変えることが必要です。

野球やテニスといったスポーツと違う点は、ゴルフは静止状態のボールを打つということです。

ボールが止まっているにもかかわらず、ダウンスイングで振り遅れてしまう原因は、体と腕の振りのタイミングが一致しておらず、腕が詰まった状態になっていることが原因と考えられます。

野球のバッティングであれば、胸元の高さに投げ込まれたストレートボールを打とうとして体だけが回転して、両腕が詰まった状態で、バットを振り出せないことと同じです。

この状態がゴルフではスライスに相当するのです。逆に外角低めのスローボールなら体を開き過ぎることなく、腕を伸ばした状態でバットを振れると思います。このイメージをゴルフスイングにも応用してみることを考えましょう。
ゴルフは楽しい
ドライバーショットの場合は、練習場で普段よりも左方向を向いてオープンスタンス気味に構えて、右方向に打つイメージでスイングしてみましょう。

体のターンと腕の振りがうまく合ってきて、ボールがつかまり出す状態になったらスクエアなアドレスに戻してボールをターゲットラインに沿って打ち出すように工夫してみましょう。

最初からフルスイングするのではなく、ハーフスイングかスリークォーターくらいに振り幅を小さくして、ボールをストレートに飛ばすことだけを優先しましょう。

体の回転と腕の振りとが一致すれば、スライスボールは出なくなる可能性が高くなります。これがスライスを撃退する特効薬になるはずです。

かなり多くのアベレージゴルファーはスライスボールに苦しまされて、ゴルフ練習場では真っすぐ飛ばそうと一生懸命にボールを打っています。

しかし、上に述べた練習法ではほとんど効果が出ないゴルファーもいます。そこで、スライス改善のヒントを付け加えておきます。

特効薬として有効なのは、ゴルフスイングを意図的に曲げて逆球を打つことです。この練習をぜひトレーニングのメニューに加えてみましょう。

スポンサード リンク



スライスボールに悩んでいる状況であれば、その真逆のフックボールを打つとレーニングをするのです。

意識して正反対の球筋を狙うゴルフスイングをするためには、ゴルフスイングの感覚を180°変更する必要があります。

大きな変更点としては、グリップの握り方、アドレスの方向、クラブフェースのセットの仕方、トップ・オブ・スイングの位置などを思い切り、極端に変更することです。

ターゲット方向に対して「こんなに右を向いて大丈夫だろうか」と不安を感じるでしょう。

「こんなにクラブフェースをかぶせてうまくいくだろうか」、更には「トップ・オブ・スイングをこんなにフラットにして良いのだろうか」と最初は困惑することもあるでしょう。

しかし、それぐらい大幅にセットアップを変えることで、初めてゴルフスイングにも変化が生じるのです。

ここまでやっても、周囲の人から見たら、ゴルフスイングはさほど変化していないといわれるかもしれません。

これは、自分のゴルフスイングのイメージと実際のゴルフスイングの間には、大きなギャップがあるためです。

しかし、これまでとは別物のグリップやスイングを体得して、どのようにすればフックボールを打てるかを理解することで、スライスを矯正するのに一番役立つ練習になるのです。

このような練習を繰り返していくことでゴルフスイングでのボールの左右への曲がり方を徐々に縮めていくようにすると、ゴルフスイングの方向性の精度がアップして球筋がしっかりしてくるのです。

スライスに悩むゴルファーならこのようなフック打ち練習を行い、逆にフックに悩むのならスライス打ちのトレーニングをしこれまでとは逆方向の球筋を習得することで、スコアアップする確率は高くなります。

プロゴルファーの多くは、試合のないオフシーズンの時期にゴルフスイングの改造に取り組んでいるようです。

アマチュアゴルファーも、シーズンオフにじっくりスイングづくり励んでみるのも良いでしょう。

空振りのミスショットはゴルフスイングの感覚がつかめていないことが原因ですが、スライスを含めてそれ他のミスショットの原因はじつは一つに絞り込まれます。

突き詰めていけば、自分ではなかなか気がつかないかもしれませんが、ミスショットは「振り遅れ」が原因なのです。

スポンサード リンク



アドレスで方向のズレがあれば別ですがそうでない限り、どのミスショットも振り遅れが引き起こしているものです。

リラックスして自然にゴルフクラブを振っている状況では、振り遅れにはなりません。振り遅れの大多数の原因は、身体の特定の部位によけいな力が入ることが考えられます。

振り遅れには、何種類かに分類できます。からだの回転より遅れてクラブが下りてくるケースとクラブだけが遅れて下りてくるケースが基本的な種類です。

そこから派生するものとしては、その遅れを取り戻そうとして、伸び上がったり開いてしまうケースやリストだけ返して状況を打開しようとするといったことも考えられます。

これらのパターンがあることで、インパクトの状況に違いが生まれるせいで、ミスショットの種類もたくさんあるように感じるわけです。

スライスになるのは必要以上に下半身を動かしてしまうことで、クラブがからだの動きについてこれなくなりフェースが開いていることで生じるケースもあります。

アドレスができたら

アドレスが正しい姿勢でできたら、次は姿勢を安定させた状態で胸と肩甲骨が動くという動作にいち早く慣れることを考えましょう。

腕をゴルフクラブと一体化させた状態で振るだけで構わないのはハーフスイングまでの範囲です。

それは、その高さから無理に腕を高く上げようとしても、ゴルフクラブの下りてくる位置は不安定になるし、クラブヘッドは加速が期待できないためです。

そこで必要となってくるのは体幹の強さです。具体的には、肩甲骨と股関節がそれに相当します。

体幹も強い力が加わればしなる動きになります。このイメージが肩甲骨や股関節を動かす際に必要になります。

ただし、これは日常生活では行わない動きであるため、運動不足で肩が高く上がらない人や筋肉が硬い人には難しいと感じるかもしれません。

とは言え、腕や手首のリードでクラブを上げたらブレやすくなるだけですし、ストレートボールも出なくなりスライスも増えます。

ストレートに飛ばすためのインパクトゾーンに安定的にクラブを振り下ろすことができません。

その上、初心者のうちはスイング動作に慣れるまでは反動で身体が引っ張られて、体幹を安定させることも簡単ではありません。

スポンサード リンク



そこでまず必要なことは、体幹を安定させることです。

それぞれの部位が連動したスムーズなスイング動作を作るためにはストレッチ運動も効果的です。

その際に、意識したい部位は肩甲骨です。肩甲骨の動きがスムーズになれば、スイングスピードはあっという間に上がるということも期待できます。

肩甲骨の正しいストレッチをするには、胸が動くように意識すればよいでしょう。

その一方で体幹は安定させた状態を保てるようなら、たとえ強い遠心力が身体に加わったとしてもブレが少なくなりスライスも減ります。

この2つが出来上がればスムーズなゴルフスイングの基本が完成に近づくことになるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • ボール位置の最適化ボール位置の最適化 ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボ […]
  • persimmon正しいアドレスがナイスショットを生み出す シーズオフの期間には、練習場でゴルフスイングやパッティングの精度を高めておくことは非常に大切な心がけです。その場合にぜひチェックしておきた […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • フックの原因と対策フックの原因と対策 フックボールはゴルフ経験をある程度積んだ人の方がよく犯すミスショットです。ゴルフ初心者が最初に突き当るミスのほとんどはスライスの方です。 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ