90を切れるゴルフスイング練習法

ゴルフスイングの練習法にちょっと手を加えるだけで簡単に90を切れるようになる練習法があると言われて、信じられますか。

誰でも実はそれほど難しいことだと思っているかもしれません。簡単に90が切れるくらいなら、それほど楽なことはないというのが感想でしょうか。

毎日ゴルフの練習をしていれば上達することは確かなことではありますが、サラリーマンの初心者にそれが務まるはずはありません。しかし、そのような90を切れる練習法が実際にあります。

ゴルフ初心者は基本をゴルフスイングのマスターすることからスタートしなければなりませんが、それが逆にいい結果に結びつくのです。つまり、ゴルフスイングに対する先入観がないことが良い方向へ働くのです。

ある程度ゴルフ経験を積んできた人たちは、ゴルフスイングについてのレッスンなどを必ず受けています。

書籍からそれを吸収している人もいるでしょう。こうしなければならないと言うイメージがこの段階で既に頭の中で出来上がっていることになります。

ゴルフスイングは基本に忠実にしていれば間違いないのですが、現代のゴルフクラブは材質や構造が大きく変貌しました。

以前は飛ばなかったけれど、手持ちのカード(技術)でカバーできることが可能になったのです。

基本的なことをマスターさえすれば、ゴルフ初心者もがある程度のスコアを出せる時代になったというわけです。

当然、道具の進化だけでプロゴルファーに追いつけるはずはありません。それは話は別です。プロには本当に素質が求められるからです。

ゴルフ初心者は基本を守りながら、ゴルフクラブの性質を十分に活かしきったゴルフスイングを学ぶべきです。

スポンサード リンク

ゴルフクラブを選ぶことがスタートになりますから、ゴルフクラブに合ったスイングをすることも基本的な考え方なのです。

以前のゴルフスイング理論が今の時代は役に立たなくなってきたことになります。

アドレスの両腕の形

正しいグリップと正しいアドレスを作ることがゴルフ初心者にとって上達の早道になります。

アドレスでの両腕の正しい形は右腕は肘を下向きなるようにして軽く曲げると良いでしょう。

両腕と肩は三角形を描きますが、そのままでは、脇が空いたゴルフスイングにしかなりません。ゴルフ初心者の方はこの点を注意しましょう。

アドレスの段階で、脇が空いてルーズになるのは好ましくありません。両腕をセットしておくことが必要となるのです。

特に気を付けたいのが右腕のセットです。これはグリップ方式とも関係がありますが、地面に向かって右手は左手よりも下に位置します。

そのため、そのままのアドレスの姿勢だと右肩が下がりすぎたフォームになります。これではスクエアなアドレスはできません。

右肘を地面に向け、軽く曲げた形にする状態が正しい右腕の形です。この姿勢では、はじめは右脇が少し窮屈な感じがするでしょうが、その感じで構いません。左腕は、あまり伸ばさない形にします。

まっすぐ伸ばすことを意識しすぎる弊害として、左腕に力が入ってしまうため、クラブヘッドのスピードが遅くなり、スライスを生み出す原因になります。

両腕は力を入れないようにして、肘の部分は特にリラックスさせた状態にします。

飛球線の後方から見た場合、両手の手の甲がターゲットラインとスクエアになるようにします。この位置関係が保てると、右腕に不要なリキミがはいったりしません。

スポンサード リンク



右肘が左肘よりも前方に出ている姿勢だと、右肩も前方に出たアドレスのフォームになります。

右肩が前に出るのは、スライスボールの出やすい悪い姿勢です。

両腕の形は三角形をキープするのですが、必要のないリキミがはいらないようにセットすることが肝心です。

アドレスの形がきちんと取れないと後々のゴルフスイングも正しいフォームになりません。ゴルフ初心者の場合は、しっかりと時間をとってアドレスの形をチェックするようにしましょう。

スウェイを防ぐ方法

ゴルフ初心者のなかにはスイングの土台となる下半身を安定させる意識が強く働いて、両膝を少し内側に折り曲げて構える人が多いようです。

確かに膝を絞って構える方が、体のスエーを防ぐ効果はあると考えやすいものです。しかし、実はこの考え方は正しくありません。

膝を内側に絞った姿勢を取ると、両極端のミスの原因になることが考えられるのです。

ひとつは右膝を外側へ絶対に流さないように考えて、右膝を内側に絞ったままバックスイングに入ると、ウエートは右足の内側にかかったままの状態になります。

この姿勢では下半身を固定しすぎた状態であるために、顔を上からボールをのぞきこむ姿勢のトップ・オブ・スイングになってしまい、ダウンスイングではその反動として、右サイドにウエートが逆に移ってしまい、ウエートを左サイドにうまくシフトできなくなるのです。

2つ目に考えられるミスは、右膝を内側に押し込んだアドレス姿勢をとったために、それだけでスウェイにはならないという思い込みが強く働いて、スイングの開始とともにかえって右膝を外にスウェイしてしまうことがよく起こしてしまうことです。

右膝が右足の真上のポジションにくる程度ならスウェイとして意識する必要もありませんが、右膝が右足よりもっと右サイドへ流れたスウェイになるために、右腰が伸び上がった状態になります。

こうなると、完全にスウェイです。右サイド全体が伸びてしまうために、体を巻きバネのようにねじるトップ・オブ・スイングを作れなくなります。

つまり、アドレスではスウェイを余りにも警戒しすぎて、両膝を内側に絞って構えることは良くないということです。

アドレスでは両膝を内側に向けて固定させる意識ではなく、逆にリラックスさせた姿勢の方が、よりゴルフスイングに躍動的な動きを加えることにができるのです。

スポンサード リンク



ゴルフ初心者の方はこの点を頭の隅に入れておいてください。その方が、間違いなくゴルフスイングの上達に役立つと思います。

ゴルフスイングとクラブ

ゴルフ初心者がスイングの基本をマスターするには練習することが一番です。

練習をする上で、気を配るべきところは、単純に誰かのゴルフスイングの真似をするだけに陥らないようにすることです。

ゴルフ初心者のスイングで特徴的な欠点として、使用しているゴルフクラブが自分に合っていない人が多く見られます。

ゴルフスイングの基本のひとつは自分に最適のゴルフクラブを選ぶことではないでしょうか。

ゴルフスイングの基本をしっかりと身に着ける練習方法をとらなければいけません。

ゴルフスイングの基本はレッスン書も良いですが、DVDなどで動画で説明してくれるものも役に立ちます。

そして、可能ならば自分のゴルフスイングを動画に撮って見比べてみるのも参考になるでしょう。自分の悪いところが無いかをしっかり確認しておきましょう。

ゴルフスイングの基本となることの一つはクラブヘッドの軌跡にぶれがないことです。ボールを正面から叩くような気持ちでスイングしてください。

足をセットする位置と肩、ボールをインパクトする時のクラブフェースの角度など気を配るべき点は数多くあります。

ゴルフの基本をしっかりとマスターしないうちにコースに出たがるゴルフ初心者や、飛距離だけを躍起になって伸ばそうとする人が多く感じられます。

ゴルフ初心者のレベルなら、パワーだけのゴルフスイングでもある程度の成果は出せるでしょうが、いずれ行き詰まってしまうのは目に見えています。

最初に間違った悪い癖がついてしまうと、それを矯正するのは簡単なことではありません。ゴルフ初心者は初心者らしく基本を学ぶ謙虚な姿勢が重要です。

スポンサード リンク



これまでも多くのゴルフ初心者がスイングをどうすれば良いのか悩んできました。

ゴルフ初心者が簡単にマスターできるほどゴルフは簡単ではありませんが、練習することで必ず上達することを信じましょう。

ゴルフ初心者は、まずはゴルフ練習場でボールを打ちましょう。家庭用のビデオで録画するのも一つの方法です。

少し練習をしてから、初心者教室に参加して自分に必要なアドバイスを受けると無駄な練習を無くすことができるのでお勧めできます。

初心者教室や、ゴルフの先輩、レッスンプロなどから受けたアドバイスを謙虚に受け止める姿勢が大切です。

ゴルフの基本が身に着くと、ボールの飛び方が違ってくるのがわかるはずです。それがゴルフの楽しみ方に結びつくのです。

こちらの記事もどうぞ!

  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • インターネットとゴルフスイングインターネットとゴルフスイング インターネットの動画を利用したゴルフスイングの覚え方も最近は増えてきているようです。しかし、動画だけでは物足りないと感じている人も少なくな […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフのグリップの右手のトリガーゴルフのグリップの右手のトリガー ゴルフのグリップの右手のトリガーに関して興味がある人が多いと耳にしました。トリガーうんぬんも大切ですがまずはグリップの種類から復習しておき […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ