SWのフルスイングでバランス改善

当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。

体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに無駄がないからです。

ゴルフスイングに無駄がないということは、バランスよくクラブを振っているということでしょう。

それを裏付けるのはフィニッシュで体のバランスは絶対に崩れないことです。公式の試合ではもちろん100%の力でスイングすることは滅多にないようです。

通常で6~7割、飛ばしたい時でも、せいぜい8割程度の力でスイングしているので、フィニッシュがしっかり取れるのでしょう。

その一方で、飛距離が伸びないことで悩んでいるアマチュアゴルファーほど、ゴルフスイングのバランスが悪いように思えます。

飛ばそうとリキミが体に入るせいでゴルフスイングのバランスが乱れてしまいフィニッシュがうまく取れないのです。

ゴルフスイングのコツは、飛ばすには余分な力を取り去ってゴルフスイングのバランスを整えることにあります。効率よくボールにパワーを伝えて飛距離を伸ばす秘訣なのです。

オフシーズンの練習で効果的なのが、SW(サンドウェッジ)によるフルスイングでのショット・トレーニングです。

ロフトが一番大きいクラブですから、飛距離は当然出ません。逆にその特性を利用して、飛距離を気に止めずにフィニッシュのポジションまでクラブを気持ちよく振ることに専念できます。

これによってゴルフスイングのバランスを整えることを心がけることです。特に注意が必要なのは、バックスイングで左足を動かし過ぎないことと、右腰が必要以上に回り過ぎないことの2つです。

スポンサード リンク


バックスイングの動きに伴って左足が右足に寄り過ぎる弊害は、右腰がオーバーターンしやすくなり、結果的にオーバースイングに陥ってしまうことです。

サンドウェッジは飛ばないクラブと割り切ることができれば、バックスイングでは左足が余計に動き過ぎないようにしやすいでしょう。

これによって右股関節をアドレス時のポジションにキープすることができて、下半身と上半身との捻転差が大きくなります。

特別に大きなトップ・オブ・スイングをつくらなくても、これまでのフルスイングと同等以上の飛距離を出せることに気が付けばしめたものです。

余分な力を加えなくてもフルスイングできるというイメージを、このサンドウェッジのフルショットトレーニングで体得すると良いでしょう。

オーバースイングを矯正できればゴルフスイングのバランスもかなり改善されると思います。

ゴルフスイングを上達するには毎日練習するのが一番なのは確かですが、実際にはなかなか難しい人が多いでしょう。

そのため練習のときは、まずスイング感覚を思い出すことからスタートする必要があります。

ウェッジは、他のゴルフクラブと比較してヘッドが重くなっているので、ヘッドの重みの感覚を思い出すには最適です。

練習でもウェッジからスタートすることで、手の感覚を早く思い出すことができると思われます。
007

この場合も、いきなりフルスイングするのではなく、ゆっくりと振ってみると感覚が戻りやすいと言えるでしょう。

そこから先は、徐々にスイングの幅を大きくしていき、フルスイングの感覚を思い出していくようにしましょう。

ウェッジでスイングの感覚が戻ってきたら、徐々に長いクラブに持ち替えて練習を進めてしていきましょう。

フルスイングした際に、ヘッドの重みを活かす感覚が薄れていく感じがしたら、ゴルフスイング自体の感覚やからだの使い方をもう一度確認することが、上達につながります。

スポンサード リンク



左右の手を離してグリップしてみましょう。

これによってゴルフスイングは難しくなるのでどこかに少し余分な力が入るだけでゴルフスイングの感覚はバラバラに感じるでしょう。

リラックスしてゴルフスイングできているかを確認する方法として有効なのでぜひ試してみてください。

クラブを逆さに握る方法もあります。

これだと、ヘッドの重みは当然感じません。ビュンと音を立てて振り、ゴルフスイングの感覚を取り戻すことに専念しましょう。

音が出たポイントが最速になっている場所です。からだの正面で音がすれば、問題ありませんが、そうでなければスイングを調整する必要があるでしょう。

球筋はインパクト直前が決め手

1球ごとに球筋を打ち分けるゴルフスイングのドリルを体験してみると色々なことがわかってきます。

スライスはうまく打ててもフックが苦手なゴルファーが多かったでしょう。

具体的な打ち分け方を説明されていない不満な人もいるかもしれません。レッスンを受けさえすれば皆が上達する魔法のような話はまずありません。

たとえ他人から教わったその場でうまく打てたとしても、それはその場限りのものに過ぎません。昔の職人さんのように教わるよりも盗めという思考が本筋です。さもなければ、教わるよりも体で覚えろと腹をくくるのがゴルフスイングの上達への近道になります。

だからこそ、以前の球筋の打ち分けドリルでは恣意的にスイングの方法を説明しませんでした。まずは、自分の感覚を使ってスイングして球筋を打ち分けていただきたい狙いがあったのです。

仮にうまく打ち分けができなくても、自分の癖やスイングの違いを体感することによって、はじめてゴルフスイングの上達は早まるのです。

ここでは練習方法をアドバイスしておきましょう。練習場のMサイズのゴムティーに乗せたボールを7番アイアンで打ってみましょう。高さの程度は指2本分くらいにします。もちろん、1球ずつスライスとフックの球筋を打ち分けてみます。

その際インパクト手前の2クラブヘッドの位置でのヘッド軌道を明確にイメージしてからショットするようにしましょう。ライスならアウトサイド・イン、フックならインサイド・アウトの軌道で打つわけです。

そのため、当然インパクト手前のヘッド軌道も同じにはなりません。このヘッドの入り口の違いが球筋によって違ってくることを肌で感じ取ることが大切なのです。

ただ漠然と球筋を打ち分けようとするのはおすすめできません。インパクト手前2クラブヘッドのポイントでヘッドがどこを通過すれば狙った球筋になるのかを体で覚えるのが一番です。

スポンサード リンク



スライスとフックとでは当然ゴルフスイングに違いが生じてきます。

たとえば、スライスの場合はヘッドが上方(もしくはターゲットラインの外側)から下りて入り口に向かうでしょう。

その一方で、フックの場合はヘッドの入り口に向かって下方(ターゲットラインの内側)から振っていくという感覚になります。

ボールをティーアップしている状態を作ることで、より鮮明に両者の違いが理解できるはずです。

このヘッドの入り口が明確に理解できるほどヘッドの出口となるフォーロースルーの方向も安定して、ボールの打ち出しである出球が揃ってくるでしょう。

結果的に、ショットの曲がり幅が抑えられて、球筋はストレートに近いものになっていくのです。

ゴルフスイングをする上で一番の敵はリキミです。自分では全然力を入れていない気持ちでいでも、いつの間にか力が入ってしまったゴルフスイングになってしまいがりです。

からだの小さな部位にしかリキミが起きなかったとしても、それがからだ全体の動きに影響を及ぼします。

たとえば足にリキミがあると、身体のターンが自然にできなくなり、腕にも力が入ってしまうものです。このおかげでミスショットになるわけです。

さらに、リキミは、メンタル面とも大きく関係があります。素振りする際は力まなくても、そこにボールがあるだけで力が入ってしまう現象がそれです。

またコースを回る際にも、緊張感が生まれるためにからだは自然に力んでしまうことが多いものです。

そんなときにも役立つ練習方法を紹介しておきます。自宅ばかりではなく、コースや練習場でミスヒットが増えてきたら、やってみるのもいいでしょう。

身体にリキミのないゴルフスイングを思い出させ、新しい気分に切り替えて楽しく続けてみるとよいでしょう。

ヘッドを交互にしてクラブを2本持って、左右にゆっくりと大きく振ってみましょう。両端にヘッドがあるため、クラブの重みがほどよく感じられるでしょう。

この練習では力を入れずにバランスよくスイングできるため、ゴルフスイングの感覚を正確に確認できます。

片手に1本ずつクラブを持ってスイングしてみると、力みのないゴルフスイングでないと振れなくなります。この練習では、長さの近いクラブを用意しましょう。

ゴルフクラブを逆さに持って振るとヘッドが先にないぶん、楽にスイングでき振れます。この持ち方で力まずビュン、ビュンと音を立つくらいに振ってみましょう。

それから普通の持ち方でスイングすることで、クラブの重さが再認識できると思います。

自分のスイングと弾道を知るべし

スポンサード リンク



ゴルフクラブのメーカーもゴルフ雑誌も自分ぴったりに本当に合うスイングを教えてはくれません。

それはある意味当然のことです。

なぜなら、実際のップレーヤー個人個人のスイングがどうなのかを知らないからです。

自分に本当に合うゴルフスイングは自分がどんな打ち方をしているのかの傾向を知らなければ導き出すことは不可能です。

では、誰に質問すれば自分に合ったゴルフスイングを教えてくれるのか?

その可能性がありのは、自分自身と、ゴルフスイングとクラブ両方の知識を持ち、なおかつあなたのスイングの特徴を知っている人に限定されます。

近所にゴルフのレッスンスクールがあったり、ゴルフスイングに詳しいティーチングプロにレッスンを受けている場合であれば、すぐにでもあなたに最適なゴルフスイングを教えてくれるかもしれません。

しかし、なかなかそんな恵まれた環境は見つかるものではありません。それに今後さらなる上達をし目指したいと考えているなら、もう一人の可能性を持つ自分自身に聞いてみるしかありません。

もちろん自分で何もかも勉強しろと言っているわけのではありません。自分に最適なゴルフスイングを導き出すには自分のスイングの傾向と自分が打ちたいと思う理想の弾道、そしてクラブの知識が欠かせません。

この項目のうち、自分のスイングの傾向と自分の理想の弾道を一番詳しく知ることができるのは、結局のところ自分自身なのです。

しかし、もっと飛ばしたいと考えているゴルファーのほとんどは、自分のスイングの傾向や、弾道の傾向を把握していないでしょう。

自分のゴルフスイングと弾道は、自分が作りだしているものなのですから、自分がもっとも把握しやすいポジションにいます。

その二つを掴んでおけば、次には自分が気になるクラブの情報をショップの店員さんやゴルフ雑誌から集めて、照合することで、かなり意識が違ってきます。

間違えないでほしいのは、スイング理論を詳しく学べと言っているのではなく、自分のスイングの傾向と自分の弾道の傾向を知っておくべきだということです。

詳しく知るに越したことはありませんが、まずはスイング軌道がアウトサイドイン軌道で、インパクト付近のヘッド軌道はダウンブロー気味、弾道はスピンが多めでスライス系とか、そんなレベルで良いのです。

自分がクラブを振るスイングと自分が打つボールの弾道は、自分自身が生み出しているのですから、自分自身が変わらない限り変化しません。

それを把握しておくことが自分に最適なゴルフスイングに出合える可能性をかなり高めることになります。

スポンサード リンク



こちらの記事もどうぞ!

  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • アイアンの番手選びのコツアイアンの番手選びのコツ アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題に […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
  • persimmonエチケットを守る ゴルフというスポーツはエチケットやマナーに厳しいと考えている人も少なくないでしょう。昔と比較すればかなりラフになったとはいえ、ゴルフは紳士 […]
  • ラウンド前日の準備ラウンド前日の準備 ラウンド前日の準備 ラウンドに必要なものは予め前日までに準備しておくほうが慌てずにすみます。 コースを回るためには、ゴルフクラブ以 […]
  • DVDや動画などを参考にするDVDや動画などを参考にする ゴルフ初心者のスイングマスター術 ゴルフ初心者にとって、ゴルフスイングの基本をマスターすることは必ずしも容易ではありません。これは経 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ