風に強くなるゴルフスイング

風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるというパターンでしょうか。

さらに、弾道は曲がるとなるれば、スコアに関しては言わずもがなでしょう。こうした状態のままでは、ゴルフプレーが楽しく感じられないことでしょう。

プロゴルファーや上級者レベルの人の中にも風が苦にならない人と苦手だといういう人がいます。

問題は、どうやって風に強くなれるのかを知ることにあるでしょう。風に強くて飛距離が出る力強いボールを打てるゴルフスイングとはどういうものか考えてみましょう。

スライス対策を活かして風対策に応用する

まず言えることは、グリップを深く握ることで力強い球筋のゴルフスイングが出きるようになります。

ゴルフの解説では「球がつかまる」という表現が良く使われています。この場合の「つかまる」という意味はしっかりとボールをとらえて力強く飛ばすことと同じ意味だと考えても良いでしょう。

スライスのミスショットに関しては、スライスが出るのはボールが「つかまっていない」という解釈をしても構わないと思います。

そのため、ボールを力強く飛ばしたいという風に対する対処法としても、ボールがつかまる、つまりスライスしにくいゴルフスイングをすればいいと考えても差支えないでしょう。

まずは、左手の甲の半分以上が正面を向いてしまうくらい深くグリップすることで効果が見られることでしょう。

スポンサード リンク

ボールをつかまえたいと考えるのは何もアマチュアゴルファーだけとは限りません。プロにとっても、こうしたフックグリップを採用する選手が相当数いるという事実があります。

クローズドスタンスで構えてみる

通常のゴルフスイングでは、ターゲット方向に対して両足をスクエアにして立つのが常識ですが、風に対処する意味では右足を半足分くらい引いたクローズドスタンスにするのも有効な方法になるケースが少なくありません。

このアドレスをとることで、ボールに左向きのスピンがかかりやすくなります。ドロー回転ですから、力強いボールになるということを意味します。

この場合に、注意すべきポイントとしては、両足のラインはターゲットラインと交わる形になりますが、肩と腰のラインは通常と同じく、ターゲット方向に対してスクエアに構えることです。

また、クラブフェースの向きもターゲット方向に正しく向けられるようにセットすることが大切なところです。

風を楽しむ気持ちを持つ

以上のような対策を取る前に、まずは風を楽しむくらいの精神的な余裕を持つことも必要だと言えるでしょう。

風を苦手に感じているゴルファーが、まず認識すべきことは、ゴルフプレーとは環境の影響から逃れられない屋外競技だということです。

地球という我々が暮らしている星は常に回転していると事実があります。そして、風が全く吹かないと海では潮もありませんし、波立つことも起こりません。

空の雲は流れていかないし、雨も降らないことになります。つまり、我々がゴルフを楽しむ地球環境とはそうした大きな流れの中でしか行えないという事実があるわけです。

スポンサード リンク



「今日は風がないね」と言われる日であっても、ほんの少しは空気の流れ、風の流れというものはあるわけです。

この地球上でゴルフプレーをする以上、風がまったく吹かないという状況自体が非常に珍しいことなのです。

もちろん、立っていられないようなひどく強い風ならプレーもまともにできません。これは例外です。

しかし、ゴルフプレーが上手くいかない理由を、よくある程度の風のせいにするのは筋違いというものです。

風に強くなりたいというのであれば、まずは風に対するイメージを変えることが必要でしょう。

風という自然環境もゴルフをプレーする上での一部を占めているということです。風は吹くのが当前のことなのです。

その風の中でプレーするのがゴルフというスポーツでは避けられないことなのです。少しくらい強い風が吹いたら、逆にそれを楽しんでみるくらいの精神的な余裕が持てるようになりましょう。

風が吹いている中で思い通りのゴルフスイングができて思い通りの球筋が打てたら、それは風が無い日に上手く打てたときとはまた別も達成感が感じられるでしょう。

スイングで生まれる身体からのエネルギーをボールに適格に伝える

一般論になってしまいますが、風が苦手だという人の特徴としては手先だけでゴルフクラブを操りボールを打つタイプの人が多いようです。

体のエネルギーを的確にボールまで伝えられないせいで、風の影響をもろに強く受けてしまう傾向があると考えても良いでしょう。

また、ゴルフスイングの間に、クラブフェースが開くタイプのゴルファーも先ほどの説明とは逆の意味で風に弱い傾向があるでしょう。

バックスピンやスライススピンのかかったボールは、強い風が吹くと飛距離が落ちることになりますし、方向性も大きく影響されます。

そう考えると、まずはトップ・オブ・スイングを小さくして同じ距離を打つトレーニングを積んでみるというのも悪くはないでしょう。

コンパクトなトップ・オブ・スイングから飛距離を伸ばそうとする場合、どうしても自然に体のエネルギーを使うようになってきます。

スポンサード リンク



実際には同じ飛距離は望まないにしても、体のエネルギーでボールを打つ感覚を知り、そうする意思を持つことに意味があるのです。

先ほど述べたようにスライスボールしか出ないゴルファーは、フック系のボールが打てるように努力するのが効果的です。

スイングしている間にクラブフェースが開かないように意識して、スピン量を減らすことが非常に効果的な風対策なると考えて良いからです。

こうした改善や意識も後かたが、風を苦手に感じないための基本的な準備になると考えても良いのではないかと思います。

風を利用するようなコール攻略を考える

そこで、実際に風に強くなるための有効な対策として考えられる方法のひとつは、何よりもマネジメントに工夫を凝らすということです。

まず、マネジメントの基本になるのはゴルフスイングに入る前に風のラインを読むテクニックを身につけることです。

グリーン上には傾斜があってパットではそのラインを読むわけですが、空中にも風のラインがあると考えるわけです。

これから自分が打つボールがどのように風に影響されてどのように曲がるのかをイメージすることから風に対するマネジメントが始まると考えることです。

ここで大切なのは、常に風を自分の味方につけるコース攻略を意識することです。

ティショットでフォローの風ならば、風に乗せれば飛距離が伸びるのは道理です。ティは意図的に高めにして、グリップは柔らく握ります。

リズムはどちらかと言えばスローにして打ち出し角度を上げる工夫を凝らすのです。

サイドからの風が吹いているのであれば、風が吹いてくる側寄りにティアップすることで、風に乗せやすくなるでしょう。

スポンサード リンク



球筋がきちんと打ち分けられるレベルのゴルファーなら、右からの風はフックボールで、左からの風はスライスボールを攻めるという方法もとれるでしょう。

向かい風の状況であれば、ここは飛距離が伸びないことは覚悟のうえで、ミート率のアップを優先して攻める方法もあります。

クラブは短めに握って、コンパクトなゴルフスイングでフェアウェイキープを心がけるという戦略をとるわけです。

アプローチショットの場合は、フォローよりも向かい風の方が、球は止まりやすい状況になりますから、ピンを狙う際には、悪くても風下に外れるように狙います。

この攻め方にすれば、リカバリーショットになっても攻めやすいというメリットが生まれてくるでしょう。

これからシングルプレーヤーを目指そうというレベルのゴルファーなら、パンチショットをマスターして距離を落とさずに打つテクニックも必要になってくるところでしょう。

ボールのセット位置はやや右にして、アイアンクラブを少し短く握り、強めかなという程度にします。

そして、普段よりも少しボール寄りに立って、肩から肩の範囲のスイング幅として体全体のエネルギーで打つ気構えが必要です。

弾丸ライナーになることを想定して、7番アイアンでも3番アイアンくらいの高さで打ってみます。

こうした球筋を描ける腕前になったら、少しくらい風があっても、それ程苦には感じなくなるでしょう。

風に強くなるに関する考え方と攻め方について、少しは理解が深まったでしょうか。

まずは、風を嫌がってばかりというのを止めて、風をうまく利用する方法がわかれば、今よりもずっと風を生かせるようになることでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • アドレスとクォータースイングアドレスとクォータースイング 不自然なアドレス 最初に不自然なアドレスと言うものについて説明しておきましょう。ここからがゴルフスイングのスタートとなることを肝に銘 […]
  • インターネットとゴルフスイングインターネットとゴルフスイング インターネットの動画を利用したゴルフスイングの覚え方も最近は増えてきているようです。しかし、動画だけでは物足りないと感じている人も少なくな […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフスイングのムダとはゴルフスイングのムダとは ゴルフスイングにムダが多ければ多いほどクラブヘッドが正しい軌道からはずれる可能性は高くなり、スイングのムダがすべてを台なしにしてしまうでし […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ