雨の日のラフ

雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。

ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り込んで、ボールにほとんどバックスピンが加わらずに変な飛び方をするフライヤー現象と呼ばれるミスがあります。

これに似た状態が、雨の日にも起きやすく、グリーンを狙ったアイアンショットが、予想して以上に飛んでしまうことがよく起こります。

ボールとフェース面や溝にも水滴が付着した状態だと、インパクトでは水で作られる薄い膜によってバックスピンがかかりにくくなる状況です。

ラフからのゴルフスイングほどではありませんが、普段よりもに飛んでしまうのです。

また、飛び過ぎるばかりではなく、水の膜によるスリップ現象が起きてボールをうまくつかまえ切れずに、予定していたラインよりも右方向に飛び出しやすくなるミスも梅雨の季節時などにはよく起こります。

とはいっても、降雨量や芝の濡れの度合いによってフライヤーや右へのスッポ抜けの程度はばらばらです。

これを見極めるためには、ラウンド経験を重ねるしかうまい方法が見つかりません。

ゴルフは経験が大きくものを言うスポーツですから、データ(経験)をたくさん持つほどミスは少なくなるという面があることを認識してください。

雨の日のゴルフで一番問題になるなのは、ラフからのゴルフスイングです。雨に濡れた芝草は普段以上に抵抗が増して重い状態となり、クラブを振り抜くのに大変苦労するからです。

最初にボールのライと同じような場所を見つけて素振りをして、クラブヘッドの振り抜きがどの程度スムーズかを確認しましょう。

スポンサード リンク


005
振り抜くのが難しそうだと感じたらロフトの大きい大きな番手のクラブに持ち替えるようにしましょう。

そしてグリップを指2本分以上短く握って、グリップが滑らずに、フィニッシュまできちんと振り切れるだけのスイングスピードで、もう一度素振りを繰り返してみるのです。

ボールをなんとか打とうとしてダウンスイングでグリップを強く握りり過ぎて、クラブヘッドを打ち込むようなゴルフスイングでは、芝草がクラブに絡みつきやすいので、ヘッドスピードにブレーキがかかります。

ラフからボールをなかなか打ち出せません。フィニッシュまで確実にヘッドを振り抜くことが、雨の日のゴルフに限らずラフから脱出するための絶対的な条件と言えるでしょう。

このポイントさえ理解しておけば、雨の日のラフもそれほど恐れる必要はありません。

梅雨時のゴルフスイング

梅雨時のゴルフスイングでミート率を高める方法は指2本分だけクラブを短く握ることにあります。

梅雨は雨がシトシト降っていて、レインウエアを着用してのプレーでは通常よりも体が動きも鈍くなり、普段どおりの飛距離は期待できません。

プロゴルファーは雨が降っていてもレインウエアを着用することはほとんどないようです。

雨でビシャビシャになる不快感よりも、ゴルフスイングのしやすさ、体の動きやすさを優先させるそうです。レインウエアの着用は、雨で濡れることよりも体温が下がりそうだと感じた時に着るようです。

雨の日は身体よりもグリップをいかに濡らさないかに細心の気配りをしてプレーすることが大切です。

スポンサード リンク



グリップはクラブと体をつなぐ接点ですので、雨で濡れてしまえばスイング中にクラブがズレたり、すっぽ抜けてミスショットになることもあります。

これを避けたいと考えてグリップを強く握りたくなる心理はよくわかります。

しかし、グリップを強く握るほど腕は硬直してきて、体は動きにくくなりスムーズなゴルフスイングは難しくなります。

さらには、芝草はたっぷりと水を含んでいてヘッドの振り抜きが格段に難しくなってしまうののです。

悪条件に満ち溢れている梅雨時のゴルフプレーでは、ミート率を高めることがスコアメークのコツと言えるでしょう。

たとえばフェアウエーに水溜りができるほどの雨天の日なら、ランは伸びません。そこでティーショットではドライバーを使用せずに、3番か5番ウッドで打つのも一つの作戦です。

005ロフトの大きいゴルフクラブほどボールのつかまりが良くなるためです。さらにドライバーよりもシャフトが短く、コンパクトなスイングでミート率が上がることでしょう。

その上、指2本分くらいクラブを短くグリップして、グリップのズレが起きないスピードと振り幅でゴルフスイングするとミート率が高まります。

フィニッシュをしっかり取れないほどのフルスイングでは濡れたグリップが滑り、インパクトではクラブのフェース面が変わってしまうでしょう。

素振りの時点でグリップが変わらない、滑らないスイングスピードと振り幅を事前にチェックしてから本番に臨んでみてください。

ゴルフは確率のゲームということもできるでしょうが、梅雨の時期のゴルフスイングこそ、いかにしてナイスショットの確率を高めるかの工夫をするかでスコアの明暗が分かれるのです。

梅雨の季節のパッティングのコツを知りたいですか

梅雨の季節のゴルフプレーでは、グリーン上で大叩きしてしまうアマチュアゴルファーの姿目立ちます。

芝はたっぷり水分を含んでいるせいでボールの転がりが極端に遅くなり、距離感を維持することが難しくなるせいだと思われます。

スポンサード リンク



ゴルフコース自体も雨の予報が続くとグリーンが水浸しになることを配慮して、グリーン面の中でも高いポイントにカップを切る傾向が生まれるため、どうしても上りのパットを打つケースが増えてしまいます。

当然、雨量の違いによってグリーンの速度は大きく違ってきます。ラウンドの前日から雨が降り続いているようであれば、グリーンは相当に遅くなりますし、スタート直後に雨になる程度でしたならそれほど遅くはならないものです。

そこで、今回はどのようにして雨のゴルフプレーでパットのタッチを出したらいいのかを考えてみましょう。

基本的には、雨のグリーンでもいつもと同じパットストロークとタッチで十分に対応ができるものです。

この場合、仮に想定するカップの位置とパットラインに一工夫を足すことによって、グリーン上で無駄にストロークを繰り返さずに済ませられると考えて構いません。

当日のグリーンが遅いと感じたなら、最初にカップよりも遠い位置に仮想のカップを想定しましょう。距離的には50センチか1メートル程度奥側に仮想のカップを定めるのです。

パットラインはグリーンが遅い状況なわけですから、傾斜がかかっている状況だとしても晴れの日と較べてそれほどは多くカーブしないので直線的に設定して構いません。

これで準備段階としてはOKですが、実際にボールを目の前にするとボールをしっかりヒットしなければカップまで届かないという意識が強く働く傾向が生まれます。

こうした意識があると、実は雨の日のゴルフでのタッチを狂わす一番大きな原因になりやすいのです。

実際には、インパクトで手首を使ってパターヘッドを走らせてしまうプレーヤーが多く見受けられます。

パンチを加えてボールにインパクトすることによって、しっかりヒットすることを実現しようとしてしまうわけです。

ボールにパンチを加えるパッティングは、いかにも距離が出せるように錯覚しますが、実際のところはバックスピンが多くかかるので、手応えほどの距離は伸びないものです。
010

パットで距離を伸ばそうとするには、ボールにパンチを加えて打つ方法はとらずに、ストロークを大きくすることが大きなカギになります。

アドレス時のリストの角度をキープしたまま、ストローク幅を大きくすることによって距離を伸ばそうとするのが正解です。

これが雨の日のゴルフでのパットのコツだと言えるでしょう。梅雨の季節にはグリーン上でぜひ試してみてください。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • ラフからのフェアウェイウッドラフからのフェアウェイウッド フェアウエーウッドは、その名前からフェアウエーだけで使うゴルフクラブだと誤解されている節があります。状況次第でドライバーやアイアンよりもず […]
  • persimmonエチケットを守る ゴルフというスポーツはエチケットやマナーに厳しいと考えている人も少なくないでしょう。昔と比較すればかなりラフになったとはいえ、ゴルフは紳士 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ラウンド前日の準備ラウンド前日の準備 ラウンド前日の準備 ラウンドに必要なものは予め前日までに準備しておくほうが慌てずにすみます。 コースを回るためには、ゴルフクラブ以 […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ