スクエアアドレスのチェック方法

ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。

コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対してスクエアに構えられているかどうかをチェックできる大切な場所でもあると言えるでしょう。

ほとんどのアベレージゴルファーは、ボールとターゲット地点を結んだラインに対して、右方向を向いているクローズドスタンスをとる傾向が自然とあるようです。

身体の向きがターゲット地点よりも右方向を向きつつも、意識ではターゲット方向に向いているわけです。

これが思い通りの球筋を打てない一番の原因と言えるかもしれません。

左右に球筋を打ち分けるテクニックを身に着ける場合にも、まずはターゲットラインに対してスクエアに構えることが大前提と考えねばなりません。

スクエアアドレスができているかのチェック方法は、アドレスした状態でターゲットラインと水平にクラブを持ってみて、両肩や両腰にあてがうことで目標ラインに対して平行かどうかを確認してみると良いでしょう。

この場合、一番大切なのは両足のスタンスの向きです。スタンスの向きをチェックするというと、つま先側にクラブをあてがって調べるがかなり多いと思いますがこれは間違いです。

どうして、これが間違いなのかといえば、その答えは至極簡単です。

ウエートはつま先側ではなく、かかと側の上にあり、ウエートはかかと側に乗っているからゴルフスイングができるからなのです。

打席の中で一度軽くジャンプしてみましょう。体に問題がない限り、着地したタイミングでは両足かかとも両腰や両肩のラインもどれもスクエアの状態になっているでしょう。

この感覚をアドレスでも再現できればそれで済むことなのですが、ゴルフはターゲットに対して身体を真横に向けて構えて行うスポーツであることが難点なのです。

スポンサード リンク


ターゲット方向を見る時に、顔ばかりではなく身体までそちらを向いてしまいやすいのです。

これによって体の右サイドを前に出したり、ターゲット方向よりも右に向いて構えたりする原因と考えられるのです。

ターゲットラインに対して両足かかとをスクエアにセットしたら、その後に、ターゲット方向を確認する時には顔の向きだけを変えることが大切です。

頭は動かさずに首だけを回してチェックするようにすれば、スクエアアドレスは狂うこともなくなって正しい方向でのゴルフスイングができるようになります。

ゴルフスイングの上達を実現する近道が、1球ごとにスライスとフックを打ち分けるトレーニングだと以前に書きました。
ゴルフは楽しい

練習場で同じ球筋を打ち続ける練習方法では、ゴルフスイングのリズムを一定にする効果しかありません。

球筋を左右に打ち分ける練習を積んで、その際のスイング感がどのように違うかを体で覚え込ませるのがゴルフスイングの本当の練習です。

ショットの安定性がこれによって高まることでしょう。

またゴルフコースには練習場のように打席マット上のラインは存在しないと述べましたが、重要になってくるのが、自分でターゲットラインを明確に定めることを繰り返し書いておきます。

ターゲットラインに対してスクエアに構える、もしくは自分の球筋を考慮して、打ち出し方向の視界が広がるようにアドレスを取るようにすることは大切です。

それによって練習場でのナイスショットが再現できる可能性が高まります。

まずはボール後方から、これから打とうとするゴルフスイングをイメージしてからアドレスに入る動作がショットの良否を左右します。、つまりプレルーティンです。

ゴルフスイングのリズムを一定にするほうが効果があるともいわれますが、それよりもターゲットラインとアドレス方向の誤差を小さくするのがこのルーティンです。

スポンサード リンク



前述したように、自分の球筋を考慮に入れて、打ち出し方向の視界が広がるようにアドレスの向きを微調整しましょう。

これではじめて準備が整ったわけです。

ターゲット方向に対してスイングしたなら、練習場と変わらないように狙った地点までボールを運べる確率が高くなるでしょう。

まっすぐ振ればまっすぐボールに当たると考えるのは間違いではありません。

しかし、方向やフェースの錯覚にとらわれてしまうと、まっすぐ当たったとしても狙い通りの方向にはボールは飛びません。

さらに、アドレスに入ってからターゲットを確認する際に身体全体で前を向いてしまうと、両目の高さが変化してしまい正しく見ることが難しくなります。

また「まっすぐ打とう」と強く意識しすぎると、クラブフェースの錯覚に騙されることが多くなります。

このようにゴルフスイングで錯覚を起こすのは、目のせいだけでなく、意識の中にもその原因があるのです。

このためミスショットしてしまった場合は、自分のゴルフスイングを疑うことも必要ですが、まず錯覚に惑わされていなかったかを確認するようにしましよう。

「曲がって見えてもまっすぐだ」「頭だけを動かして方向を確認するのが正しい見え方だ」ということを信じることができれば、錯覚から解放され、ゴルフスイングに集中できるようになります。

3種類あるスタンス

3種類あるスタンスを復習しておきます。

A.スクエアスタンス

両足のつま先を結んだラインが、飛球線と平行になるようにセットしたのがスクエアスタンスです。

ヘッドをインパクトの前後で飛球線と平行に走らせるスクエアスイングを行う場合は、スタンスもスクエアに構えます。

スクエアスタンスはスタンスの基本です。その他のスタンスは応用だと考えて差し支えありません。

まっすぐボールを飛ばすためには、つま先もそろえたスクエアスタンスにしなければなりません。

スポンサード リンク



B.オープンスタンス

スクエアスタンスに対し、右足はそのままの位置で、左足だけを体の後方、つまりかかと側に引くスタンスの取り方です。

オープンにさせる程度に応じて左足の引き方は違います。スタンスは足の長さにして半分程度のわずか調節だけにとどめましょう。

スクエアスタンスをそのまま左へ向けるのがオープンスタンスと勘違いしている人も少なくありませんが、これは違います。

オープンスタンスにすれば、バックスイングで体を回転させる動きがきつくなります。

しかし、はじめから腰が回りやすくなっているので、フォロースルーにかけて体の回転がスムーズになって、引っかけのミスも減ることになります。

C.クローズドスタンス

スクエアスタンスに対して、今度は左足はそのままの位置で、右足だけを体の後方、かかと側に引くスタンスの取り方です。

オープンスタンスと比較すると完全に左右対称な足の位置ということになります。

クローズドスタンスは、バックスイングで肩が回らないという人にとっては効果的です。右足を引いた分だけ、体を右に回しやすくなります。

しかし、フォロースルーでは逆に左腰が壁になって、体の回転がスムーズにできず、ボールを左へ引っかけやすくなるというデメリットがあります。

グリップを決めて、スタンスを決めること。この一連のセットアップの動作は、実際にスイングに入る前のものですが非常に重要なものです。

上級者になるほど、その重要性を意識するようになるものですが、ゴルフ初心者の場合はそれがきちんとわかっていないケースが少なくありません。

間違ったアドレスでは当然のことですが狙った方向にボールは飛んでくれません。非常に重要なことだと認識しておきましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • persimmonエチケットを守る ゴルフというスポーツはエチケットやマナーに厳しいと考えている人も少なくないでしょう。昔と比較すればかなりラフになったとはいえ、ゴルフは紳士 […]
  • ラウンド前日の準備ラウンド前日の準備 ラウンド前日の準備 ラウンドに必要なものは予め前日までに準備しておくほうが慌てずにすみます。 コースを回るためには、ゴルフクラブ以 […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • アドレスとクォータースイングアドレスとクォータースイング 不自然なアドレス 最初に不自然なアドレスと言うものについて説明しておきましょう。ここからがゴルフスイングのスタートとなることを肝に銘 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ