ゴルフスイングのムダとは

ゴルフスイングにムダが多ければ多いほどクラブヘッドが正しい軌道からはずれる可能性は高くなり、スイングのムダがすべてを台なしにしてしまうでしょう。

プロゴルファーだからといってスイングは良いに決まっていると考えるのは大きな間違いで、中には途中で、途方にくれたり、かと思うと、自分ではそれが正しいゴルフスイングだと思いながら、ハタから見ると実はとんでもない方向へと走ってしまうゴルファーもいるものです。

では、なぜプロゴルファーがスイングに迷わず正しい方向に歩めるのでしょうか。プロゴルファーのスイングは決して偶然で出来上がったわけではありません。

簡単にいえば、ゴルフスイングを絶えず先取りしていったことが、恐らく何回もあったでしょう。スイングの迷路へ踏み入らずに、ムダのない基本のスイングを体得できるいちばんの理由だと思います。

では、どうやってゴルフスイングを先取りしていけば良いのでしょうか。その根底にあったテーマがいっさいのムダをはぶいたスイングの基本の追求です。

シンプルなゴルフスイングだからこそ、実際にできあがるスイングは、ことばからくるイメージと違って、その「奥義」は深くて広いものです。

わかりやすい例をあげると、飛距離を出して、正確な方向の球筋を得るためには、まず身体を十分に使ってスイングしなければなりません。

しかし、そのために身体を使い過ぎるとボールはブレるし飛距離も稼げません。

ゴルフスイングとムダ

ゴルフスイングでは、身体を十分に使わなければいけませんが、そのためには逆に身体の不必要な動き(ムダ)を極カセーブしなければなりません。

この点がが頭と身体で解るようにならないと、いつまでたってもゴルフスイングからムダが省けず、飛距離の出ないテイ・ショットと、正確さを欠いたアイアンに、ただ無意味に首をひねる結果になるでしょう。

スポンサード リンク

しかし、反面、身体のムダな動きをセーブすることだけに神経を集中させると、今度は肝心の動かなくてはならない部分、とくに両ひざなどが動かなくなってしまうこともよくあることです。

もちろん、この場合もいい結果はもたらしません。ゴルフスイングの基本から外れるからです。

全体的にいえば、アマチュアゴルファーのスイングは「動くべきところが動かず、動いてはいけない個所が動く」という非常に難しい状態に陥っていることが多いのです。

けれども、こうした欠点も、ゴルフスイングから一つ一つムダを省く努力を続けることによって本来のあるべき姿に立ち戻れると思います。

現行のスイングのムダをチェックするということは、身体の余分な動きを封じると同時に、動かなくてはならない部分の動きを復活させることにつながるからです。

ゴルフのいいところは七十歳台はもちろんのこと八十歳を越えても楽しめる自然のスポーツだという点です。

その上、その七十、八十歳台の人が血気盛んな二十、三十歳台の人を技術と頭脳(キャリアはもちろん)で打ち負かすことのできるスポーツであるという点です。

こんな愉快なことはそうある訳ではありません。しかし、そうするためにはできるだけ早い時期にムダのない「ゴルフスイングの基本らしいスイング」を身につけるよう、強くおススメしたいのです。

インパクトとニーアクション

インパクトで左サイドが浮き上がったり、また右のかかとが上がったのでは正確なショットは打てないことはこれまで説明したきました。

「それはもちろんわかっていた。ただ、どうしてもそうなってしまうのでその矯正法が知りたかった」という方にも納得してもらえたでしょうか。

とにかく大半のアマチュアゴルファーがダウンスイングからインパクトにかけて身体が伸びあがる傾向にあるのです。ゴルフスイングの基本からはずれてしまいます。

スポンサード リンク



身体が伸びあがるということは、アドレスで軽く曲げていたひざも伸びあがることになりますから、ゴルフスイングには大変良くありません。

ところが、中にはこれと反対にいわゆ「ニー・アクション」を強調するケースも多いものです。

例えばアメリカのプロゴルファーはビルーロジャースのような例外を除いて、ほとんどが華麗ともいえるニー・アクションを見せてくれます。

往年のT・ワトソン、J・ミラー、J・ペイトなどのスイングはその意味ではほればれするものでしょう。

しかし、ここで勘違いしてはいけません。ニー・アクションは最小必要限度あればいいのであって、必要以上に強調するとボールを打つポイントが狂ってしまいます。ひざを使い過ぎることがかえって害になるのです。

アマチュアゴルファーがニー・アクションを強調しすぎると、とかく左ひざが流れて、しまりのないインパクトになりやすいのです。

アドレスの位置より左へ(飛球線の方向へ)左ひざが流れると、インパクトでの左手をとめて「打つ」という感覚がなくなるのです。

そして、ひざが左に流れる分フェイスも戻りきれずに開いて入ってくるからボールは主にスライスになりやすいのです。

飛距離は出ませんし、正確さにも欠けるという悪い状態です。

「ひざを使うな」とは言いません。むしろ、ひざは使うべきところでは、使ってほしいものです。

しかし、ムダに使いすぎるべきではありません。このポイントは是非理解しておきたいところです。

無駄のないひざの使い方

どういうのがムダのない正しいひざの使いかたなのでしょうか。スタンスを少しせばめてリラックスして立ち、ドライバーをクラブヘッドの重みを感じながらゆっくりと振ってみましょう。

すると、そのクラブヘッドの動きにリードされて両ひざは自然に動くはずです。この時、腰を引いてクラブを振ってはいけません。

あくまで、クラブヘッドの重みに引っぱられてスイングしてみることです。

通常のスイングでもこれと少しも変わりはありません。バックスイングでは左肩が回転するにつれ左腰が回り左ひざが右ひざに寄っていくものです。これがゴルフスイングの基本的な状態です。

スポンサード リンク



ダウンスイングでは左腰がアドレスの位置へ戻るのをきっかけに左ひざもアドレスの位置まで戻ります。

そして、身体の正面でインパクトをするわけです。この時は自然に右ひざが左ひざのほうに押し込まれるのが感じられるでしょう。

つまり、アドレスの位置でボールを打つようにすれば自然にニー・アクションも行なわれるのであって、ことさらニーアクションをスイングの中で独立したもののように強調する必要はないのです。

ちなみにアメリカの往年のプロゴルファーのことですが彼らは皆腕の力が強いため普通の打ち方ではフックしてしまいます。

そこでニー・アクションを使って力を逃がしてやり、なるべくボールが左に行かないように努力しているのです。

だからT・ワトソンやJ・ミラーのスイングを手本とするのではなく、見習うのならB・ロジャースのスイングにするといいでしょう。

彼は実に、日本人に合う、そして長続きのするスイングをしています。インパクトの直前に左ひざが伸びてしまっている例が多いのは別に驚くことではありません。

そうしなければならないいくつかの要因があるからです。例えば、バックスイングで左ひざがボールの方に突き出て、体の十分な回転が行なわれずインパクトが詰まったりすれば自然にそうなるでしょう。

バックスイングでは左肩が回るにつれて左腰、そして左ひざが右足方向に寄っていきます。ダウンスイングではこれが正面に戻ってきます。そしてクラブがサッと振られるのです。

こちらの記事もどうぞ!

  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • インターネットとゴルフスイングインターネットとゴルフスイング インターネットの動画を利用したゴルフスイングの覚え方も最近は増えてきているようです。しかし、動画だけでは物足りないと感じている人も少なくな […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフのグリップの右手のトリガーゴルフのグリップの右手のトリガー ゴルフのグリップの右手のトリガーに関して興味がある人が多いと耳にしました。トリガーうんぬんも大切ですがまずはグリップの種類から復習しておき […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ