ゴルフのグリップの右手のトリガー

ゴルフのグリップの右手のトリガーに関して興味がある人が多いと耳にしました。トリガーうんぬんも大切ですがまずはグリップの種類から復習しておきましょう。

グリップの種類

これまでの慣例にしたがえばグリップには次の三種類があります。オーバーラッピング、インターロッキング、ベースボール・グリップです。

しかし、おススメのグリップ方法はオーバーラッピング・グリップです。右手の小指を左手の人指し指と中指の間あたりにのせて右手の力をやや弱めることで左右のバランスを程良いものにすることが出来るからです。

それと同時に、両手の一体感を強めるこのグリップは、他の二種類に比べて最も安定していると思われます。

しかし、問題はこのオーバーラッピング・グリップを採用したとしても、左右のグリップをどのようにしたらいいかというポイントです。

形はオーバーラッピンググリップで、中味はいい加減というゴルファーが案外多いものなのです。

グリップのポイント

左手のグリップのポイントは、小指にあります。シャフトを手の平で包み込むパームグリップを採用したところで、この握り方を完成品とするには小指の握りをしっかりさせなくてはなりません。

この意味を感じとるには、左手一本でクラブを振ってみることが良いでしょう。パームグリップにして、この時小指をしっかりさせます。

すると、軽いスイング中にもクラブは少しもブレることなく、安定した感じで振れるはずです。

スポンサード リンク

比較するために、小指の力を少しゆるめて振ってみましょう。ブレる不安定なスイングになるどころではありません。

中には、とてもではないが力が入らずに、軽いスイングをすることさえできないゴルファーもいるでしょう。

最後に親指と人指し指の間のスキ間をつめ、この親指と人指し指の俗にいうV字が自分の右肩をさすようにセットすることを忘れないでください。

つぎに右手のグリップに移りましょう。右手のグリップのコツというかフィーリングを一言で表わすと「柔らかく握る」ということです。

左手はパームグリップにして、小指でしっかりと押さえることです。いわぱ左手(腕)はクラブをガッチリと支え、スイングを固定させる軸の役目を司るわけです。

これに対して右手はボールを叩いていくのですから、硬さがあってはなりません。そのためには左手とは異なるフィンガーグリップにして、指だけで握りましょう。

シャフトと握手をする感じで握るのがコツで、この際も親指と人指し指の間をあけずに、この間にできたV字が左手のそれと同じように自分の右肩を指すようにセットします。

グリップの握り方は、ゴルフスイングの基本をマスターするスタート地点でもあります。右手のトリガーに関しても徐々にわかってくることでしょう。

左手のグリップ

左手のグリップですが、これはパームグリップにするのが良いでしょう。つまりシャフトを手の平で握る方式です。

手の平をシャフトがななめに横切るように握るこのパームグリップは、スイング中の強いショックにも耐える得る力強いグリップです。ショットの安定度も増すでしょう。

ゴルフスイングの基本を教わった最初の時期に、パームグリップができた人は特に問題はありませんが、何となく「握りやすい」という手の感じだけで握った人はフィンガーグリップになったり、パームとフィンガーの中間になったりしているものです。

スポンサード リンク



特に良くないのはフィンガーグリップで、これはシャフトを左手の指の部分だけで握るため、これが最上だと思い込みがちです。

ともすればシャフトの感じをダイレクトに繊細に感じとれるためのことでしょう。

しかし、実際には指の中でシャフトが動きやすくて、また敏感な反面、自由になりやすいグリップ方式のため、簡単にオーバースイングを許してしまうという弱点もありのです。

その点、パームグリップはシャフトを手の平で握るためフィンガーグリップほどダイレクトにはシャフトの感じが伝わってきません。

ある意味、鈍感なのですが、その分自由に動きにくく、実際にスイングする時もしっかりした状態をキープして、オーバースイングにもなりにくいという特徴を持っています。

プロゴルファーのグリップ

プロゴルファーのスイングをテレビのレッスンやトーナメント、あるいは講演を兼ねて行なうレッスンなどでよく見ている人の中には、プロのスイングを十分に知っている故に持つ疑問があります。

それはプロの左手グリップは必ずしもVの宇が右肩を指していないということです。「実際とは違うのではないか」と思う人もいるようです。

確かにプロの中には左手のグリップは親指がシャフトの真上に置かれている場合もあります。

これは握力がアマチュアのゴルファーに比べて、はるかに強いプロなりのグリップであって、こうしたいわゆるウィークグリップからバックスイングではクラブフェイスをほんの少しシャフト気味にあげてバランスをとり、極力左にいかない(フックしない)ボールを打っているのです。

それでは、アマチュアゴルファーも「自分なりにグリップを選んでいいのではないか」という理屈が出ることでしょうが、それはできる限りやめた方が無難です。とめはしませんが、やめたほうがよいでしょう。

くれぐれも左手はパームグリップでしっかりと、右手はフィンガーグリップで柔らかく、そして両手のVの宇は右肩を指すスクウエアグリップをゴルフスイングの基本として信じてほしいものです。

このグリップを信ずることが、何よりも上達の近道となるであろうことを、確信しています。

最近ではプロの中にも左手のナックルが二つ見えるぐらいのグリップで打っている人もいます。腰の切れがよければ、そのプロのように力のある者でもフックしないものです。

グリップが悪くて、いいショットをする人はまずいません。対照的に安定したショットをしている人のグリップは良いものです。

スポンサード リンク



プロのグリップを見ると千差万別であり、いろいろあるように見えます。プロのように握力が人一倍強い人間は左手を浅く、従ってボールが左にいかないように調整します。

しかし、これがアマチュアとなれば自ずと異なってくるのです。

アマチュアは結果を急ぐものです。プロもいいショトはほしいですが、それが理論的にしっかりと裏付けされた確かなものから生まれたものでなければなかなか納得しないでしょう。

いいショットだけを見て、良しとはしないのです。だから、グリップなどにも絶えず細心の注意を払っていることでしょう。プロがアドレスに入るとき、よく見るとグリップは入念にやっているはずです。

パットのグリップ

他でも書いていますが、パットのグリップは、リストをしっかりと固定する握り方を目指しましょう。ここが大きく影響してきます。

パットの場合、クラブヘッドをストレートに引きストレートに出すという動作が大切です。この動作を完全に実行するには、リストを固定して強制的に動かなくしてしまう方法がベストです。

リストがグラグラと動いてしまうと、ヘッドの軌道もプレやすくなり正確にヒットできなくなるでしょう。

そこで具体的な方法に移りますが、リストをどう固定できるかというと両手を左右に開いて握ります。

まず左手を大きく開いて、つまり左側に回転させて強く握ります。右手に関しては手のひら全体でグリップをふんわりと包み込む要領で握ります。

しっかり握る必要があるのは左手の方です。右手はそっとあてがうようにすることで、微妙なタッチがだせるようになるでしょう。

これで、右手のグリップのトリガーも上手くいくことでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • インターネットとゴルフスイングインターネットとゴルフスイング インターネットの動画を利用したゴルフスイングの覚え方も最近は増えてきているようです。しかし、動画だけでは物足りないと感じている人も少なくな […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフスイングのムダとはゴルフスイングのムダとは ゴルフスイングにムダが多ければ多いほどクラブヘッドが正しい軌道からはずれる可能性は高くなり、スイングのムダがすべてを台なしにしてしまうでし […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ