エチケットを守る

ゴルフというスポーツはエチケットやマナーに厳しいと考えている人も少なくないでしょう。昔と比較すればかなりラフになったとはいえ、ゴルフは紳士のスポーツという点では変わりはありません。

そうは言っても、実際のところはそれほど細かく気をつかう必要はないのです。日常生活でも必要なレベルで考えれば済むことがほとんどです。

ポイントさえ押さえておけば、間違いを犯すことはないでしょう。

基本的な服装としては襟つきのシャツが義務づけられていますが、クラブハウスに入る際にはジャケットを着用しておく方が望ましいでしょう。

いくら動きやすい服装が良いからといっても、ジーンズやジャージ姿ではプレーするわけにはいきません。

persimmon靴については、ゴルフシューズなら一番確かですが、今時、古いタイプの金属製の鋲は禁止されているケースが多いので、これは避けましょう。

またクラブハウス内でも、他人の迷惑とならないよう心がけるだけで十分でしょう。

特に決まったものはありませんが、常識的に迷惑行為は慎むように心がけておけばほとんど問題はありません。

最近はゴルフウェアもおしゃれなデザインになって、ゴルフショップに行って気に入ったものを見つけると良いでしょう。

他には清潔にすることだけを気を配ればそれで問題ありません。シャツは襟つきと書きましたが、タートルネックでも構いません。

すそはしっかり入れたほうがまわりに好印象を与えるという意見もありますが、最近は裾を出している人も中にはいます。

パンツは、夏場は短パンでも構わないでしょうが、その場合はハイソックスを履くようにしておけば間違いないでしょう。

スポンサード リンク


シューズは、ソールがフラットなスポーツ用シュ一ズならなんでも構いません。、ゴルフスイングのしやすさを考慮すればゴルフ用シューズを履いた方が無難かもしれません。

服装のマナーとしては、プレー中ばかりでなく、クラブハウスに到着したときから気を付ける必要があります。

クラブハウスに入る前に、襟つきのシャツとジャケットを着用しておけば、どんな有名コースでも問題はないと思います。

必ず服装を確認してからクラブハウスに入るようにすべきです。

そして、昼食やコースアウト後にクラブハウスに入る場合は、入口近くにあるシューズをきれいにする道具やマットを使用して、泥をしっかりと落としてから入場しましょう。

その他には、大声で話さないようにするとか、クラブハウス内で素振りをしないといった、ごく一般的なマナーを守っていれば問題ありません。

最近は、指定場所以外で携帯電話で話すこともはばかられますし、喫煙所が指定されている場合はそこだけで喫煙しましょう。

アルコールを飲みすぎて酔ぱらったり、ゴミを散らかす行為は普段通りに禁止です。要するに周囲の人を不快にさせないようにすればよいわけです。

ここから先はプレーに入ってから気を付けておくべきエチケットやマナーに関してまとめてみました。参考程度に目を通しておきましょう。

1.順番が来る前に次に使うクラブを決めておく

ショートホールのティグラウンドでよくありがちなのが、自分の打つ番が回って来ているのにクラブ選択に悩んでいるというゴルファーです。

オナーであれば事情は違うでしょうが、2人目以降ならオナーが打ち終わるまでに使う自分が使うクラブをあらかじめ決めておきましょう。

2.素振りの回数はほどほどにする

満足のいくゴルフスイングをするために何度も素振りをしたくなる気持ちは理解できますが、いくら素振りを繰り返してもいいショットに結びつくとは限りません。

他人を待たせるのはできるだけ避ける意味でも、素振りはアドレス前に1~2回行なうだけで十分だと考えましょう。

スポンサード リンク



3.セカンドショットに移る際には速やかにティグラウンドを空ける

ティショツトを打ち終わった時点で、その場でいつまでもそのショットの良し悪しを反省するのは感心できない行為です。

打ち終わった後にボールの行方を確認する行為は必要ですが、確認できたらできるだけスピーディーにティを拾ってティグラウンドを空けることが次に人の迷惑にもなりません。

4.次の地点へは使いそうなクラブを南畝か絞って走る

ティショットがフェアウェイのど真ん中をとらえたような嬉しい状況であれば構いませんので、悠然と歩いて移動しても文句も言われないでしょう。

しかし、右左に曲げてしまった場合には、歩いて移動していてはだめです。次に使いそうなゴルフクラブを2~3本用意してボールのある場所まで走って移動しましょう。

5.5分経ってもボールが見つからない場合はロストボールとしてあきらめる

行方がわからないボールを探せる時間は5分間とルールで定められています。

5分以上経過したら、そのボールはインプレーとは認められなくなります。

5分経過してボールが見つからなければ、速やかに元の位置に戻って打ち直す態度が必要です。

6.バンカーに入る前はレーキをあらかじめ近くに置く

バンカーショットの際は、余計な時間をかけない意味で、あらかじめ砂をならす道具であるレーキを近くに置いてショットしましょう。

打ち終わった後に、砂をならしながらバンカーから出てくることが理想的な姿です。

7.グリーンでラインを読むのは短時間で

グリーンのラインでもいつまでもぐずぐずと読むのは他人の迷惑になります。

もし一番手としてパッティングする状況でなければ、自分の番が来るよりも前にラインを読んでおくようにしましょう。

構え終わったら、何度もパターを振らず回数としては1~2度程度にとどめる習慣をつけましょう。

8.グリーンオンしたらすぐにマークする

ボールがグリーンにのったら、すみやかにマークをする習慣をつけましょう。

マークは必ずしなければいけないとは決まってはいませんが、本当に必要かどうかの判断は最初のうちはなかなか難しいものです。

スポンサード リンク



速やかにマークする事に決めておく方が、スピードアップになるので他人への迷惑も減ることになります。

9.全員のパットが終わったらすぐグリーンを空ける

次の組が待っている状況なのに、ホールアウトしてから、グリーン上でスコアを記入するといったシーンもアマチュアのゴルフプレーではよくあります。

仮に、次の組が待っていてもいなくても、ホールアウトした後はすぐにグリーンを空ける習慣を身につけましょう。

10.「フォアー!」と叫ぶ意味

「フォアー(fofe)」とは英語で「前方の」とか「前面の」という意味になります。

打球事故は何としても防ぐ必要があります。そのため、前方のプレーヤーに注意を呼びかけるかけ声がこれです。

隣のコースに飛んで行った場合は、大きな声で「フォアー」と叫ぶようにしましょう。

11.打ち終わった後ティを拾うのを忘れない

自分が使ったティはきちんと拾いたいものです。それは、次のプレーヤーに気持ちよくプレーしてもらうためにも必要なことです。

自分のティを拾う際に、誰かの忘れられたティや折れたティを見つけたら、それらも一緒に拾ってゴミ箱に捨てるようにしましょう。

12.他の人が打つ時どこに立つべき場所

他の人が打つ場合には、前方はもちろんですが、後方の飛球線上、真うしろ、真正面には立たないというのがマナーとして正しいことです。

これkら打つ人とは十分に距離をとるようにして、できれば斜め後ろなどで静かに持つのが一番良いでしょう。

13.ショットする時、芝をはぎ取ってしまった

スポンサード リンク



芝をはぎ取るのはどうしても起こるどうしようもないことです。

ディボットと呼んでいるはぎ取った芝をそのまま残している状況では、元の位置(ディボット跡)に戻すようにしましょう。

芝がバラバラになった場合には、ディボット跡に目土を入れるようにしましょう。

14.前の組に打ち込みそうになる

前の組に打ち込みそうになるということは絶対やってはいけない大変重要なことのひとつです。

万が一打ち込んでしまったら、人の生き死ににかかわることにもなりかねないので十分注意しましょう。

前の組と十分距離を空けるのはもちろん必要なことであり、必ずどこに前の組がいるかを確認する習慣づけをしましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
  • ラウンド前日の準備ラウンド前日の準備 ラウンド前日の準備 ラウンドに必要なものは予め前日までに準備しておくほうが慌てずにすみます。 コースを回るためには、ゴルフクラブ以 […]
  • アドレスとクォータースイングアドレスとクォータースイング 不自然なアドレス 最初に不自然なアドレスと言うものについて説明しておきましょう。ここからがゴルフスイングのスタートとなることを肝に銘 […]
  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • DVDや動画などを参考にするDVDや動画などを参考にする ゴルフ初心者のスイングマスター術 ゴルフ初心者にとって、ゴルフスイングの基本をマスターすることは必ずしも容易ではありません。これは経 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ