アドレスとクォータースイング

不自然なアドレス

最初に不自然なアドレスと言うものについて説明しておきましょう。ここからがゴルフスイングのスタートとなることを肝に銘じましょう。

不自然なアドレスとはどんなアドレスでしょうか。例えば見るからに両肩に力が入って、グリップの部分から上腕にかけて力みが感じられる状態とか、妙にお尻をつきだしたり、ボールにかがんだりしている状態をいいます。

アドレスでは頭をボールより右側におき、左手はまっすぐに伸ばします。右手は少しまげて、ひじが脇腹にふれるようにしましょう。体重は両足の内側にかける意識が大切です。

スタンスは、右足が目標方向に対して直角になるぐらいがいいです。バックスイングで左からのひねりをしっかりと受けとめてやるのです。これでひとつの「タメ」ができます。

一方左足は、つま先きを心持ち開いて構えます。これによって、フォローからフィニッシュにかけてクラブの「抜け」が良くなると同時に、体もよく回転するようになります。

アドレスの重要性

アドレスで重要なことは、ボールの後方に立って打つべき方向を定めた後、その方向に向けて、クラブフェイスを正しくセットすることです。

そして、このフェイスの向きはグリップを作りだし、スタンスを固める間も狂わせてはいけません。

この状態でボールと目標(打つべき方向)とを結ぶ線ができ上がるのです。この線をきっちりさせてこれと平行になるように身体をセットさせるように注意しましょう。

スポンサード リンク

アマチュアゴルファーは特にこの点に気を配らずにスイング動作に入ってしまう例もよく見かけます。

フェイスは正しく目標方向にセットされているでしょうか。体の向きはそのクラブフェイスがにらんでいる目標方向と平行になっているでしょうか。

これをチェックすることはアマチュアには特に求められるのです。ゴルフスイングの基本の「キ」ですから注意しましょう。

チェックをするというより「自分は正しい方向へ向いていないのではないか」と、疑問を持ってみるぐらいの気持ちが必要になります。

クラブフェイスを目標にセットする時に注意しなければならないことは、両足のラインをどこにセットするかということです。

アマチュアがたびたびおかす間違いは、フェイスをセットした目標に両足のラインもセットしてしまうことです。これでは結果的に右を向いてしまうことにつながるでしょう。

アドレスで大切なもの

アドレスで大切なものは、「自然の感じ」であることです。ゴルフスイングの中でもアドレスというのは、クラブヘッドが十分に振れるとにかく自然な感じでなくてはいけません。

では、どういう状態が自然な感じかといえば上体を軽く前に倒し、両ひざをやや折って構えた感じです。

アドレスでの両足の幅は肩幅ぐらいが目安でしょう。こうしてドライバーを持って軽く、ゆっくりとしたタイミングで振ってみましょう。

両腕でクラブヘッドが気持ちよく振れるようにアドレスで懐を作ってやる気持ちがあれば尚良いでしょう。

こういう懐のある自然なアドレスをした時のドライバーのグリップの位置が、身体とクラブとの間隔になり、さらにボールと身体との間隔もこれで決まるわけです。

トレーニングでは、ボールがあって、そこからアドレスに入るようにします。

スポンサード リンク



しかし、本当は自然な構えをしたときの間隔がボールとの正しい間隔なので、できるだけ早くこれを覚える努力をする必要があります。

上級者になっても、このボールと身体の間隔には迷いを生じることがありますから、その点いつも正しい間隔がとれるよう丁寧にゴルフスイングの基本をチェックしたいものです。

繰り返しますが、アドレスでは何ごとも極端すぎては良くありません。両肩から力を抜くようにして、上体は軽くかがめるだけで際立った前傾姿勢はよくありません。

ひざも軽く折る程度で、まるでこれから相撲をとるような折りかたは歓迎できません。何より大切なフットワークを使うことができないからです。懐を深く作ると、自然にクラブが振りぬきやすくなります。

クォータースイングを左手で

クォータースイングの基本をマスターするために左手一本でスイングして振り子運動の感覚を理解しましょう。

5時-7時のクォータースイングを正確にするには、左手とクラブを振り子のように振ることが大切です。

クォータースイングの振り子運動の支点となるのは、左肩関節のつけ根の部分です。

この部分をクォータースイングの最初から最後まで動かさないようにすることが非常に重要なことです。

支点の位置が前後左右、あるいは上下にブレて動いてしまうと、振り子の軌道もブレが生じます。

クォータースイングを安定させるためには、次の三つのポイントに注意を払いましょう。

まず支点を不動にすることで左腕動作は飛球線に沿って直線的になること。

そして、下半身は勿論のこと上半身も回転運動させないこと。

実際には多少の動きは生じてしまいますが、意識としてはアドレスのままの姿勢で左腕だけを振ってやると良いでしょう。

三つ目のポイントは、あごで体の軸を意識することです。

クォータースイングする間、あごは常に下を向いていなくてはなりません。

クォータースイングでは、アドレス時のグリップの高さを変化しないように低くバックスイングに入ります。

スポンサード リンク



また、クラブフェースの向きを変えすにバックスイングするコツとしては左手小指から始動させる意識が大切です。

クォータースイングのレッスンポイント

左手一本でスムーズにクォータースイングするためには、左手子指の握りを強くして前腕に緊張感を持たせる必要があります。

ヒジは遊ばせずにクラブを振ります。当然ですが、これらの動作は右手を加えて両手でクラブを持った際にも大切なポイントです。

クォータースイングでのボール投げ

クォータースイングでボール投げをして右手の感覚をつかみましょう。5時-7時のクォータースイングで、方向性に加えて距離感もアップさせるには、右手の使い方を知ることが大切です。

右手のフィーリングをつかむためのレッスンが、ボール投げと、右手一本でのスイングにあります。

まず最初は、右手にボールを持ってアドレスします。

5時-7時のクォータースイングの幅で右手を振って飛球線方向にボールを投げてみましょう。

この時、手首の返しを使いません。

右手のひらの向きだけを集中して意識して腕の振りだけで投げてみましょう。

あごの位置はいつも不動です。身体の回転運動は必要ありません。

右肩関節のつけ根があごを追い越さないようにするのがコツです。

この練習でまっすぐにボールを投げることができたら、次は右手一本でスイング練習してみましょう。

この場合もやはり右手首を返さないことが大切なポイントです。

このくり返しトレーニングで、右手のフィーリングを高めてください。

安定したクォータースイングが手に入るでしょう。

右手のひらが正面を向いたら、クラブフェースが開いた状態を意味します。

一番多いミスは、クラブフェースを開いてバックスイングしてしまい、かぶせながらインパクトに入るパターンです。

左手の甲と右手のひらの向きに感覚を集中して練習してください。

右手のひらが後ろを向けばと、引っかけになってしまい、ボールを正しくまっすぐには飛ばせません。

このレッスンを通じて、正しいゴルフスイングの基本をマスターしてください。

きっと、クォータースイングに自信が持てるはずです。

こちらの記事もどうぞ!

  • 風に強くなるゴルフスイング風に強くなるゴルフスイング 風に弱いという悩みを抱えているゴルファーが少なくないようです。元来、飛距離もそれほど出なくて、風が吹いてしまうとさらに飛距離が落ちるという […]
  • インターネットとゴルフスイングインターネットとゴルフスイング インターネットの動画を利用したゴルフスイングの覚え方も最近は増えてきているようです。しかし、動画だけでは物足りないと感じている人も少なくな […]
  • ゴルフスイングの均一化ゴルフスイングの均一化 ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われてい […]
  • 年代によってゴルフの目的意識を変えてみる年代によってゴルフの目的意識を変えてみる ゴルフ初心者と言っても、若い世代の方もいらっしゃるでしょうし、ご高齢になってからゴルフを始めた人もいるでしょう。年代に関わらずにそれなりに […]
  • SWのフルスイングでバランス改善SWのフルスイングでバランス改善 当然のことですが、アマチュアよりもプロゴルファーの方がドライバーの飛距離は出ます。体力や筋力、練習量が大きく違うという他にゴルフスイングに […]
  • ゴルフスイングのムダとはゴルフスイングのムダとは ゴルフスイングにムダが多ければ多いほどクラブヘッドが正しい軌道からはずれる可能性は高くなり、スイングのムダがすべてを台なしにしてしまうでし […]
  • スクエアアドレスのチェック方法スクエアアドレスのチェック方法 ゴルフ練習場は、ゴルフスイングの基本を固める場でもあります。コースとは違って、打席やマット上にある白線を利用できるので、ターゲット地点に対 […]
  • ゴルフコースとゴルフクラブの基本ゴルフコースとゴルフクラブの基本 一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングとメンタルゴルフスイングとメンタル ゴルフほど、メンタルの働きが試合結果を左右するスポーツは他にはないでしょう。ゴルフスイングは非常に微妙なものです。好調の時は、コンセントレ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ