ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

正しい軸回転と合理的なグリップ方法

正しい軸回転と合理的なグリップ方法についてです。 グリップの問題点の解決策です。自分で左手のグリップの握りが浅くなっていないかを調べるためには、ミラーの前でトップを作って、左肩の位置が右ヒザの上まできているのかを確かめて・・・

パターのボールの位置とロングパット

パターのボールの位置は単純に、ライン方向に打ち出しやすい場所にボールを置けば良いでしょう。 しいて言えば極端に右側に置くとクラブヘッドが上からボールを叩く形になりボールが弾んでしまい、その上逆スピンも加わって距離がショー・・・

アドレスの前傾と体重配分

自分に最適なたアドレスの前傾角度を見つける方法として、立って本を読む姿勢から本をボールの方向へ向けた角度が丁度よいという意見もあります。 アドレスの前傾角度に関しては人のよって様々な考え方があるのは確かです。およそ30度・・・

つま先上がりと爪先下がりをマスターする

8時のゴルフスイングが基本になります。アドレスではスタンスは広めにとって、体重はつま先に掛けてやります。 ボールは左側に飛びやすくなるので、目標をやや右方向に定めると良いでしょう。 クラブは短く持って、ハンドダウンと呼ば・・・

フェアウェーウッドの使い方

007
ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合時は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じれを加えるのがコツです。 フェアウェーウッド(FW)は、ソール面が広いデザインなので多少ダフリになっても振り抜きやすいヘッドだといえます。

トップ・オブ・スイングの位置とチェックポイント

トップ・オブ・スイングの位置 トップ・オブ・スイングの位置が決まらないとゴルフスイングは安定感を欠いて飛距離も方向性もバラツキが大きくなります。 上投げでボールを投げるときの要領を思い出して実際にそのフォームを作ってみま・・・

グリップの重要性

グリップはゴルフスイングの基本の中でも最重要 ゴルフの世界でよく言われる有名な言葉が「ゴルフスイングの80パーセント以上はグリップと立ち方できまる」という言葉です。 ある程度、技術的な面を勉強された方はこれには同意見では・・・

パットを難しく考えない

パッティングの得手不得手、スイングのコツ、パターの構え方といったことを説明していきたいと思います。 パッティングの得意な人と苦手な人 パッティングは、得意な人と苦手な人とに大きく分かれます。私の知る限りでは、あまり中間派・・・

フルスイングの基本

ゴルフボールを目標地点に運ぶためのフルスイングを目指しましょう。フルスイングと聞くと誤解されやすいので、最初にこの点について説明しておきましょう。 フルスイングの基本とは目一杯の力で大きくクラブを振り回すものではありませ・・・

ラフと林からのアプローチショット

ゴルフスイングの基本を試されるシーンは、コース攻略における、最大の難関とも呼ぶべきなのはラフからグリーンをねらうアプローチショットです。 ラフにつかまったケースでは、多くの場合、ボールとフェースの間に芝が入ります。 その・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ