ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

ティーアップしたボールのゴルフスイング

002
ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通過した後の、ヘッドが上昇軌道に移ったタイミングでインパクトを迎えるものになります。

ランニングアプローチの変貌

日本のツアープロゴルファーの多くは、SW(サンドウエッジ)だけでほとんどのアプローチをカバーしています。その一方で、アメリカからはウッドを使ったランニングアプローチの方法が押し寄せてきました。

バンカーショットのドリル

ゴルフの準備
バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれません。しかし、ほんの少しの工夫で砂をエクスプロージョン(爆発)させる感覚をつかむドリルはあります。

スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット

007
アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に近い状態でプレー当日を迎えるという人が多いのではないでしょうか。

アプローチの距離感をつかむには

001
グリーンまで100ヤードにも達しない中途半端な距離のアプローチになるゴルフスイングはアプローチウェッジやサンドウェッジでのフルスイングでは大き過ぎるので、思った以上に厄介です。ピンまでの距離が40ヤードや60ヤードといった打ちにくい距離からのゴルフスイングでも、確実にピンに寄せることができればスコアアップに確実につながります。

ボール位置の最適化

005
ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボールが飛ばないと嘆いている人の大半は、自分のゴルフスイングとボールのセット位置がマッチしていないことで、ボールにヘッドを当てようとする動きが生まれています。

アプローチと素振り

002
ゴルフスイングの基本として、アプローチショットではフィニッシュの大きさで距離の目盛りを把握することが重要であることを以前に述べてきました。3本のウェッジに対してそれぞれで2種類のフィニッシュの高さ(左腰、左肩)を組み合わせた6種類の距離が何ヤードになるのか把握しておけば、クラブ選択に迷うことはそれほどないでしょう。

アイアンはU字型のゴルフスイングで

006
アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう。アイアンでのゴルフスイングではボール前方のターフを取る感覚でダウンブローにヘッドを打ち込むものだとよく言われます。

傾斜地でのバンカーショット

005
バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝生で覆われたコースにぽっかりとある砂のハザード(障害物)です。フラットで打ちやすいライばかりとは限りません。

ドライバーの体重移動の練習方法

003
ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッションの上に片足ずつ乗せて立ってください。この方法は、ゴルフスイングの上達に役立つドリルだと思います。
サブコンテンツ

このページの先頭へ