ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

パットはクロスハンドで「方向性」を出す

010
ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロスハンドグリップ」を中心に、確実に方向性を出すためのテクニックを紹介します。

ドライバーショットのアドレスでのボールの位置

007
ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは左かかと延長線上にセットすると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル

ゴルフは楽しい
ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオルを挟むかが違ってきます。何度も書いていますが、「ローマは1日にしてならず」です。ゴルフスイングは体で感覚がつかめるようになるまで繰り返して地道にドリルを実行しましょう。

冬場のアプローチとフェードボール

005
冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコースの場合、ボールのライの状況が悪くなっています。そのるため、アプローチショットが夏場に比べて難易度は上がってきます。

左足上がり、左足下がりのゴルフスイング

傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしましょう。けれど、それでも打ち上げ、打ち下ろしのホールではこの2つのライは必ず出てきます。

アイアンショットから「シャンク」を無くす

アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっかくのラウンドを台無しにされたシャンクは悩みの種かもしれません。ゴルフスイングの改善は意外と簡単です。

3Wはダフっても飛ぶ

001
近年は、フェアウエーからドライバーを使用するプロも例外的にいますが、グラウンドのボールを打つクラブで一番長いのは3番ウッド(3W)です。この3Wを苦手に感じているゴルファーが実に多いとききますが、このゴルフスイングをマスターすると確実にプレーが楽になります。

ゴルフスイングのドライバーのミス

001
ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減らすための原因と対策です。

ダウンブロー気味に振り抜くイメージ

ダウンブロー気味に振り抜くイメージのゴルフスイングで成功しているゴルファーもいるようです。インパクトの直前からフォロースルーにかけて、ダウンブロー気味に振り抜くイメージのゴルフスイングを行うのです。

クラブの進化とゴルフスイングの変化

クラブの進化とゴルフスイングの変化について説明しておきましょう。 スポーツにおいては道具の進化がプレーに及ぼす影響、記録などに大きく係っていることは確かです。 例えば、競泳における水着素材の進化で新記録のラッシュが出たと・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ