ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる

001
ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコースラウンドで抜群の効果を発揮し、スコアアップに直結すると言いきってもよいかもしれません。

ドライバーショットのアドレスでのボールの位置

007
ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは左かかと延長線上にセットすると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

アイアンショットから「シャンク」を無くす

アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっかくのラウンドを台無しにされたシャンクは悩みの種かもしれません。ゴルフスイングの改善は意外と簡単です。

ドライバーで飛ばすコツ

007
ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の心理かもしれません。しかし、ゴルフコースでは飛ばそうとした意識を持たない方が好結果に結びつきます。

トップからの切り返しで飛距離アップ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アップにもつながることだと説明し、ゴルフスイングのポイントをレッスンしてきました。

アイアンでハーフスイングのドリル

右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスターするために、8番アイアンのハーフスイングのドリルに取り組みましょう。すぐには出来ないかもしれませんが、プロゴルファーも基本のドリルとして取り入れている方法です。

ストロンググリップで飛距離を稼ぐ

ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフスイング理論では飛ばすグリップは「ストロンググリップ」とされています。

フォロースルーで飛距離を伸ばす

ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実はショットを左右に大きく曲げないことの方が重要であることを知っているゴルファーは意外に少ないようです。

フィニッシュまで振り切る

ゴルフクラブいろいろ
飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使ってスイングの練習をするのです。ヘッドでゴムティーぎりぎりの位置をかすめるようにする素振りの練習をするのです。

右膝を絞り込んで飛距離アップ

ハンドファースト
冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は、インパクトのタイミングでクラブフェースがオープンにならないように注意することです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ