ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。

ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

ゴルフ理論とレッスン書

スポーツの種類はかなりの数にのぼるでしょうが、ゴルフに関する解説書ほど多く出回っているものは見当たりません。書店に行って少し探すだけでも、どれを選ぶのが良いのかと悩んでしまった経験をした方も少なくないでしょう。

その上、どの解説書を手にとってみても、「この方法こそが絶対的なゴルフスイングの解説だ」との内容がよく見られます。極端な場合は他の本と全くの逆の理論も書かれていて、アマチュアゴルファー達の悩みは増え続けているのです。

こうした解説書にある程度共通することは、名目上は有名なプロゴルファーや専門家が執筆したことになっているものの、実際には誰かの手助けを受けながら書いているものも中にはあるのではないかと思われます。

有名なゴルファーともなると試合のスケジュールがびっしりと詰まっている合間に文章を書きこなせるというケースは、そう多くはいないとも考えられます。

仮にこれが邪推だとすれば、プロゴルファーがこれまで永い年月をかけてマスターしてきた「ほとんど感覚に近いレベルのテクニック」を、一般的な読者に対して文章で正確に説明するのは簡単なことではないはずです。

更に、そもそもプロゴルファーは自分がやっと体得した技術の秘伝に相当するところは公開しないと考えるのが普通ではないでしょうか。そのため肝心な部分の回りをただ遠回しに説明しているだけで、読み手にとっては理解できないところの多いことは実に顕著な傾向だといえるでしょう。

スポンサード リンク

そして、日常の練習において莫大な買うのボールを打ち続けているプロゴルファーの目には、アマチュアゴルファーがさまざまなステップで悩んでいる問題点などは当然のごとくやすやすとクリアしています。

そのため、本当にアマチュアゴルファーが知りたい肝心の部分については、ほとんど説明できていないという例もあるくらいのです。

プロゴルファーにとっては、最初から恵まれた運動能力を有していたからプロにまで上り詰めることができたのであって、アマチュアゴルファーが悩む問題点などやすやすと過してしまい、「何故こんなことがクリアできないのか」が理解できていないのでしょう。

このサイトを作った理由

そこで、このサイトで一番知っていただきたかった点は、世間に出回っているゴルフ解説書のほとんどが「あるべき論」「すべき論」の形式が多いのに対して、「どうしてそうするのか」という基本的な部分を納得のいく説明を心がけたということです。

例えば「グリップはこう握れ」とか「スタンスはこうしたフォームで」「フィニッシュはこういう形にすべき」とは書かれていますが、「どうしてそうするのが一番正しい方法なのか」が書かれている書籍には、ほとんど出会うチャンスが無かったためです。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、大人になってからゴルフを始めたわけですから、どんな点も理論的に説明を受けないと納得できずに次進めません。その部分がないと気分的にもスッキリとはいかないものです。

しかし、ゴルフスイングに関してはやたらとセオリー重視の姿勢が目立ち、「こうあるべきだ」「こうすべきだ」という話の展開に付き合っていかないといけない状況があるわけです。

そして、それに輪をかけるように、いわゆる「教え魔」と呼ばれる先輩たちが、皆で「こうするべきだ」「こうしなければいけない」と解説を始めてしまうので、「どうしてそうすべきなのか?」という理論がないままの方法論だけを押し付けられます。

例えば、ゴルフ初心者が先輩やそれほど優秀とは思えないレッスンプロなどから一度は教わる話として「ヘッドアップしているから良くない!上げるのは間違いだ!」などという話などはその典型的なパターンです。

ヘッドアップの本当の原因は、腰・ヒザ・足首など各部分の関節か、もしくは背骨の前後の動きなどから起こるものだというのが本当のことでしょう。

指摘を受けた初心者は、必死で頭を動かさないように意識して結果的には、腰の左右のスウエーに陥って、いわゆる明治の大砲スタイルにたどり着くといった具合になりやすいものです。

本来のゴルフスイングの基本が原形をとどめないほど改ざんされて、ずっと上達しないままで終わるケースが後を絶たないのが実情です。

上記の例などはゴルフスイングの根本原理である「なぜこう打つべきなのか」を考慮しない、見た目だけを取り上げた細かな部分に対する有害なアドバイスと言えるでしょう。

こうして悩みを抱えたままのゴルファーがどんどん増えていくのでしょう。このサイトでは、このようなゴルフスイングの根本をじっくり考え直すことで、「こういう理論なのだからこう打つのが正しいなのではないか」という面から考えていきたいと思います。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

パターのボールの位置とロングパット

ロングパットでは状況確認の重要性が非常に高くなります。 ロングパットはつい欲ばり過ぎれば3パットに陥りるリスクが高いので、2パットで収めるのが非常に重要なことになります。 そこで、確実に2パットで決めるためには、距離感ば・・・

インパクトのイメージと形を作る

グリップとアドレスがしっかりと定まれば、次はいよいよゴルフスイングのスタートとなります。今回は、インパクトをテーマに話を進めていくことにしましょう。 誰もが気にする部分はインパクトではないでしょうか。インパクトに関する説・・・

ユーティリティの有効活用

現代のゴルフプレーにおいては、ロングアイアンの代わりにユーティリティが欠かせない存在になっています。 ユーティリティのゴルフスイングとは打ち込むイメージではなく芝の上を引きずるような感覚を持つ方が遥かに効果が高いものにな・・・

右膝を絞り込んで飛距離アップ

ドライバーショット
冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は、インパクトのタイミングでクラブフェースがオープンにならないように注意することです。

フィニッシュまで振り切る

ゴルフクラブいろいろ
飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使ってスイングの練習をするのです。ヘッドでゴムティーぎりぎりの位置をかすめるようにする素振りの練習をするのです。

ダウンブロー気味に振り抜くイメージ

ドライバーショットもダウンブローにするのが正解と言えます。アイアンショットでは確かにダウンブローに打つべきだと指導されてそれに従うゴルファーでも、ドライバーショットとなると疑問を抱くプレーヤーが多いでしょう。しかし、ドライバーショットで方向性を改善したいと願うのであれば、この場合もやはりダウンブローにしたほうが正しいと考えられます。

アイアンショットから「シャンク」を無くす

アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で済めばよいのですが、しょっちゅうシャンクするというゴルファーも少なくないでしょう。ヘッドアップはシャンクの代名詞のようなものだという考え方も根強いのは事実です。

クロスハンドに合うパター

010
ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロスハンドグリップ」を中心に、確実に方向性を出すためのテクニックを紹介します。

トップ・オブ・スイングの作り方

アマチュアゴルファーのトップオブスイングの作り方 アマチュアゴルファーのショットは想像もできないバラエティに富んだものになりまする。 しかし、この多彩なショットを無くして安定したショットを作り出すにはトップの位置、形など・・・

冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする

002
大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが長いほど飛距離が伸びるものと感じてしまうとは思います。しかし、ボールの滞空時間が長くなるほど、ショットの曲がり幅にも影響を及ぼします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ